LIFEBOOK U938/S Core i5-8250Uモデル、SSDなしのジャンク品が18,800円。価格は魅力だが、気になるタイピング感

ヤフオクを巡回していると、富士通 LIFEBOOK U938/SのCore i5-8250U / メモリ 8GB版のジャンクが 即決価格 18,800円で大量に販売されています(2022年6月18日現在)。SSDなし / OSなし / 本体のみ、中古相応の使用感のあるジャンクとなりますが、13.3インチ 約800gの軽量ノートとスペック・1万円台の価格は大いに魅力。

ただし、下位のU938/Tを会社で使用している私としては、購入をためらう気になる箇所があります。ジャンクな中古品のため、SSDの取付も含めて自己責任となりますが、U938/Tの使用感からU938/Sの気になる箇所について記載します。なお、当記事に掲載の写真は、下位モデルのU938/Tとなります。

スポンサーリンク

ジャンクな LIFEBOOK U938/Sの概要

上の画像は、2022年6月18日現在、私がヤフオクのウオッチリストに登録している該当製品のものです。写真は省略していますが、BIOS画面が表示されており、液晶には大きな課題がないように見受けられます(液晶破損品は、12,000円から15,000円で販売されています)。

U938/Sは2018年に発売の法人モデルとなり、複数のバリュエーションがありますが、今回取り上げるジャンク品のスペックの概要は以下です。ただし、一部は公式サイトに記載のCore i5 8350U版の情報を記載しています。

CPUCore i5-8250U、4コア8スレッド
GPUIntel UHD Graphics 620
メモリ8GB(4GB オンボード +4GB)、12GBまで増設可能
ストレージなし
ディスプレイ13.3インチ、IPS パネル、解像度 1920 x 1080、非光沢
WiFi11ac/a/b/g/n
Bluetooth4.1
ポート類USB A x 2、USB Type-C、HDMI、有線LAN
サイズ309 × 212.5 ×15.5mm(突起部含まず)、約799g
OSなし
その他

 

基本スペックは上表となり、約799gの軽さ(微妙に異なると思います)と Core i5-8250Uが大きな魅力ですが、他サイト情報から以下を補足します。

  • SSDなしですが、M.2 PCIe SSDを取付可能
  • 専用ポート以外に、USB Type-C ポートから充電可能(中古、ジャンクのため、バッテリーはヘタっています)

 

なお、繰り返しとなりますが、ジャンクな箇所は以下です。

  • SSDなし、OSなし、ACアダプターなし
  • 液晶、ボディ、バッテリーの程度は不明瞭
  • 液晶はBIOS画面が表示されており、傷は写真である程度確認できる

 LIFEBOOK U938/Sの気になる事項

当記事で掲載の画像、以下の記事は会社で使用のCeleronを搭載した「LIFEBOOK U938/T」です。U938/Sと基本スペックは異なりますが、ボディの構成は同じと思われ、U938/T あるいは他サイトのU938/Sの記事に基づき、U938/Sの気になる事項を記載します。

約800gの13.3型軽量ノート、富士通 U938/Tの実機レビュー。11.6型と錯覚するほどの軽さながら、一部に課題も
実機を操作してみたかった富士通の13.3インチの軽量ノートである LIFEBOOK UHシリーズ、もしくは法人向けのUシリーズ。タイミングよく、私の会社の業務用PCではそれまでの15.6インチのLIFEBOOKからU938/Tに変更...

 

  • イマイチな最大の事項はキーボードのタイピング感。キートップ・タイピングともに硬く、底打ち感もあります。
  • ある程度の高速タイピングも可能ですが、キーの弾力性・戻り感も良いとは言えず、全般的なタイピング感は ThinkPad、MacBook、Let’s noteより劣ります。
  • タッチパッドは今さらながらのクリックボタン。ただし、操作性はわるくはありません。
  • 軽量であることを大きな特徴としており、このためにバッテリー容量が少ないためか、バッテリー稼働の持続期間はよくない。会社のU938/Tのバッテリーは、ある程度の劣化はありますが 2時間弱のバッテリー持ち。ジャンクな中古品の場合には、それ以上となることはないと思われます。
  • U938/Sは異なるかもしれないものの、U938/Tでは FHDの液晶に滲みがあるようなイメージ。

 

▼会社で使用の下位版「U938/T」。軽量で薄いながらも、USB x 3、フルサイズのHDMIに有線LANと、ポート類は豊富(U938/Sも同構成です)。

まとめ

ThinkPad、MacBook、Let’s noteなどの中古のノートパソコンを買い集めている私ですが、現在 物色中のLIFEBOOK U938/Sのジャンクな中古のヤフオク価格、U938/S自体の気になる事項を記載しました。会社で下位モデルのU938/Tを使用していなければ、中古ながらも新鮮さもあり「買い」なのですが、キーボードのタイピング感が気になり、購入保留としています。

ヤフオク!

 

▼こちらは一般的な中古の販売事例です。

 

2022年6月24日追記。ヤフオクのU938/S Core i5-8250U版は、液晶割れなどの製品も含めて回転が速く、U937/R Core i5-7300U版をヤフオクにて購入しました。レビュー記事は順次公開します。

 

▲▼こちらは 本記事に掲載のU938/Sと ヤフオク 同一出品者から購入のU937/R。本日 6月24日に受領し、早速 メモリ増設とPCIe SSDへの換装を行いました。中古のため、製品により程度は異なるかと思いますが、液晶も綺麗でボディの傷も少ない良品です。

LIFEBOOK U937/R Core i5-7300U版 実機レビュー、メモリ増設・PCIe SSDに換装で更に快適仕様に。中古ながらも液晶も綺麗
ヤフオクにてジャンクと明記のある「富士通 LIFEBOOK U937/R」を 13,500円で購入したのですが、これが良い意味で大当たり。CPUはCore i5-7300U、メモリ 4GB、SSD 128GB(OSなし)、ACアダプ...

コメント

  1. 匿名 より:

    はじめまして、PC初級者です。
    まさに掲載されているヤフオクのU938/Sを購入してメモリ16GB追加で20GBとし、m2.SSDの1TBを載せました。
    7月1日にWindows UpdateでWindows11の無償アップグレードが降ってきました。
    OSなしなので、別のPC(ASUS)で作成したwin10インストールUSBでクリーンインストールしましたがプロダクトIDがASUSと同じなのは後々弊害が発生するのでしょうか。
    最初はデバイスマネージャーに?マークが3つあって、富士通のCDもないためにドライバの更新も手探りでした。
    指紋認証が使えなかったですがドライバとソフトをダウンロードして今は使えています。
    Windows Updateの中にもドライバの更新という項目があって、BIOSの更新とかいろいろインストールできました。
    バッテリーはたしかにヘタっていて、ACアダプタを差しっぱなしでも99%以上の充電はできずオレンジ色のランプはついたままです。
    今までDELLやlenovoの重いPCばかり使用していたので、この軽さは衝撃です。

    • kenken より:

      私はU938/Sを購入するタイミングを逃してしまい(人気があったようで、回転が速い)、同じ出品者の下位グレード U937/Rを購入しました(レビュー記事はこちら)。
      メモリを増設し、PCIe SSDに換装しましたが、意外とベンチスコアや体感レスポンスもよく、液晶や本体も綺麗、バッテリーの劣化も少ない良品でした。
      WindowsのプロダクトIDは、ASUSのPCを現在でもお使いの場合、そのうちライセンス認証エラーのメッセージを受け取ることになるかと思います。WindowsのプロダクトIDは、Yahoo ショッピングで格安(千円未満。私は何度も利用しています)で販売されていますので、そちらを利用するのも手段の一つです。

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました