VersaPro VG-N(VK22TG)を分解し、779gの超軽量の要因を確認してみた

中古で購入した 2016年製のVersaPro VG-N(VK22TG)。13.3インチ、CPUに Core i5-5200U、メモリ 4GB、SSD 128GBの製品ですが、779gの超軽量であることが大きなメリット。会社では、約800gの富士通ノートを使用していますが、VersaPro VG-Nはさらに軽く感じます。古い製品となりますが、軽量の要因を探るため、また、M.2の空きポートはないものかと微かな期待を抱き、分解(底板を外したのみです)してみました。

スポンサーリンク

2016年製 VersaPro VG-N(VK22TG)の概要

はじめに 、2016年製 VersaPro VG-N(VK22TG)の概要を記載します。ベンチマークスコアは以下の記事に掲載しています。

NEC VersaPro VG、2016年製 779g 軽量ノートを9,480円で購入。システム情報とベンチマークスコア

 

スペックは以下となります。

CPUCore i5-5200U、2コア 4スレッド
GPUIntel HD Graphics 5500
メモリ4GB オンボード 増設不可
ストレージ128GB 2280サイズ M.2 SSD
ディスプレイ13.3インチ、解像度 2560 ×1440、ノングレア、IGZO液晶
WiFi11a/b/g/n
Bluetooth4.0
ポート類USB-A 3.0 x 2、HDMI
バッテリー容量29,600mWh
サイズ319 × 212 ×16.9mm、約779g
OSWindows 10 Pro
その他ボディの一部にマグネシウムリチウム合金を採用

 

2021年11月に、ヤフオクにて 9,480円(送料別、ACアダプターなし)で購入したものですが、目に付く傷や凹みもなく、ボディの状態はよいもの。ただし、液晶がやや暗く、全般的に黄ばみがあり、僅かな色むらもあります。

メモリは4GBですが、Core i5-5200Uを搭載しているため、現行のCeleron(Gemini Lake、Jasper Lake)よりもベンチマークスコアや体感レスポンスは優位です。

 

▼180°開くディスプレイも特徴の一つ。「変換」「無変換」キーは他のキーよりも小さいのですが、浅いストロークで軽快にタイピングできます。

 

▼16.9mmの厚みは、2016年当時としては薄い製品だと思いますが、今となっては一般的なもの。

分解、超軽量の要因

分解(底板を外したのみです)と超軽量の要因について記載しますが、軽くて薄い底板と肉抜きの内部の構造が大きなポイント。なお、冒頭に「M.2の空きポートの存在に期待」と記載しましたが、存在しませんでした。

 

▼底板はプラスネジ 12個で固定されています。中央にもネジがあるのは珍しい。

▲中央上の色の異なる部分は傷ではなく、照明の当たり具合によるもの。スピーカーは下の左右にあります。

 

▼ネジを拡大。通常のプラスネジです。ネジの右に傷と塗装の剥げがありますが、この程度の傷が3カ所ある程度で、9,480円の中古としては良好。

軽くて薄い底板

 

▼取り外した底板。おそらくはマグネシウム製。

 

▼重さの計測を失念しましたが、これまで 20製品以上の底板を外しているなか、最も薄く軽いものです。そのために、ちょっとしたことで凹みが生じそうであり、実際に中古で流通しているものは 天板・底板ともに凹みのある端末が多数あります。

▲薄いながらも ある程度の剛性は保持しています。ただし、指で強く押すと簡単に凹みそうです。

 

▲▼こちらは、約800gの13.3インチノート「富士通 軽量 LIFEBOOK U938/T(2018年8月発売)」の底板。装着した際の剛性を高めるために、下側に樹脂製のパーツがあります。

2018年製 vs 2016年製(発売は2015年)の相違もありますが、剛性は以下のPCが高いです。VersaProは、底板が薄すぎ、荷物の多いカバンに入れるのが不安になってきます。

富士通 13.3インチ 軽量ノートPCにメモリを増設してみた。オンボードに加え、合計12GBに
会社で使用している、約800gの13.3インチ 富士通 軽量ノート「LIFEBOOK U938/T」。Celeron 3965Uと非力なCPUであるうえに、メモリ 4GBと 私の部署での大量データの使用には厳しいものがあります。そこ...

肉抜きの内部の構成

 

▼上にマザーボード、右にCPUファンとヒートパイプ、下の黒いものがバッテリーです。

 

▼こちらは前述の富士通ノート。この写真ではわかりませんが、樹脂製の取付パーツ・フレームなどは富士通ノートがしっかりしています。バッテリーのサイズもかなり異なります。

 

▼バッテリーの左側を拡大。下に大きなスペースがあり、スピーカーを固定するパーツも小さなもの。

 

▲▼こちらは Lenovo ThinkPad X280(12.5インチ、約1.1kg)のバッテリーを外した状態。ミドルフレームの存在と、樹脂パーツの厚みが 300gの重量差の要因の一つかと思います。

ThinkPad X280、バッテリー交換の過程と使用感。5千円弱のバッテリーとしては十分
バッテリーが充電しないと明記のあった中古のThinkPad X280を購入し、バッテリーの脱着や放電、ソフト面の調整で動作するかも、と淡い期待を抱いていたものの、やはり充電せず。そこで、AliExpressにてバッテリーを購入し交換...

 

▼バッテリー周辺を拡大。左にあるのはスピーカー。

ノートPCのバッテリーは、フレームに固定されている製品も多いのですが、フレームもない(あるいは薄い)ように思います(バッテリーを取り外していないために想像)。

 

▼バッテリー下側や全般にミドルフレームのある製品が多いのですが、フレームもありません。

 

▼2280サイズのM.2 SSDの下側にもスペースがあります。

 

▼こちらは肉抜きとは無関係ですが、CPUファンと M.2 SSDを拡大。左側も含めて、M.2の空きポートがあることを微かに期待していたのですが、空きポートはなく、メモリは仕様どおりにオンボードとなり増設できません。

まとめ

13.3インチにして 779gと超軽量の 2016年製 NEC VersaPro VG-N(VK22TG)の底板を外し、内部の構成を確認してみました。軽量の要因としては、一部にマグネシウムの素材を採用すること、薄く軽量の底板(おそらく天板も)と内部の肉抜きが大きなポイント。一方で、底板の薄さのために凹みやすいデメリットもあります。

 

▼ベンチマークスコアはこちら。

NEC VersaPro VG、2016年製 779g 軽量ノートを9,480円で購入。システム情報とベンチマークスコア
以前から気になっていた、NECの法人向け 779gの超軽量ノート「VersaPro VG-N(VK22TG)」をヤフオクにて 送料別の9,480円で購入。2016年製のメモリ 4GB、Core i5-5200U、SSD 128GB、...

 

▼2021年11月半ばでは、ヤフオクでは9,000円~13,000円での落札が多い NEC VersaPro VG-N。楽天市場では 1万円台後半で販売されています。

▼個人向け 直近の軽量ノート情報はこちら(NEC公式サイト)

LAVIE Pro Mobile、13.3インチ 889g 軽量ノート 2021年春モデル
icon

コメント

タイトルとURLをコピーしました