NEC VersaPro VG、2016年製 779g 軽量ノートを9,480円で購入。システム情報とベンチマークスコア

以前から気になっていた、NECの法人向け 779gの超軽量ノート「VersaPro VG-N(VK22TG)」をヤフオクにて 送料別の9,480円で購入。2016年製のメモリ 4GB、Core i5-5200U、SSD 128GB、13.3インチ(解像度 2560 x 1440)の製品ですが、良い意味で大当たり。

会社で約800gの富士通製 軽量ノート(Celeron 搭載)を使用していますが、それよりも軽く感じ、レスポンス・タイピングともにワンランク上の製品です。詳細なレビュー記事は、使い込んだ後にしますが、取り急ぎ システム情報とベンチマークスコアを掲載します。

関連記事

NEC VersaPro VG、2015年製 13.3インチ 779gの軽量ノートの中古が 1万円台半ばと魅力大

スポンサーリンク

実機のシステム情報

ベンチマークスコアの前に、実機のシステム情報を記載します。同世代のNEC VersaPro VG-Nでも複数の型番が存在するようであり、間違えている可能性もありますが、公式サイトでの仕様は以下です。

NEC 公式サイト、仕様

 

▼Windows 10 設定の「デバイスの仕様」では、もちろん 製品仕様どおりに Core i5-5200U、RAM 4GBと正しく表示。なお、Windows 10 Proを搭載していますが、Windows 11へ更新のシステム要件を満たしていません。

 

▼ 2560 x 1440の高解像度、おそらく IGZO液晶となり 視野角は広いのですが、経年劣化のためか、多少暗く、僅かに黄色味を帯びています。

 

▼こちらはGeekbench 5でのシステム情報。モデル名は「NEC PC-VK22TGSGXUDN」とあります。

 

▲▼フリーソフトの「HWiNFO」で確認したところ、ディスプレイはSharp製、SSDはSamsung製。

HWiNFO、Win 10のデバイス詳細情報やCPU温度など、導入必須のフリーソフトの概要。投稿数15,000越えのフォーラムも充実
Windows 10 PCのレビューを行うことの多い私ですが、その際に必ずインストールしているフリーソフトがHWinfoです。システム情報はもとより、メモリやストレージの製造元やCPUの温度も参照・動態管理可能な優れもの。これが無料...

バッテリー、劣化の状況

中古のPCを購入した場合に気になるのが、バッテリーの劣化状況。フリーソフトの「BatteryBar」で確認したところ、29,600mWhのうち 8.1%劣化の27,188mWh(フル充電時の容量)と、それほど劣化しておらずに安心。

 

▼バッテリーの劣化状況を確認するソフトとしては、今回利用の「Battery Bar」のほか、「Battery Report」があります。

Win 10 ノートのバッテリー劣化を確認可能な「Battery Bar」と「Battery Report」の導入方法
使い古した、あるいは中古で購入したWindows 10 ノートで気になることの一つが、バッテリーの劣化状況。今回はこのバッテリーの劣化状況を確認するソフトを2つ紹介します。その2つとは、フリーソフトの「Battery Bar」と、W...

ベンチマークスコア

インテル 第5世代のCore i5-5200Uを搭載していますが、私にとって同世代のPCは5台目となります。同世代のCPUを搭載するPCは、現在もコスパ重視で新規に販売されることもあり、現役として十分に使用できます。

 

▼Geekbench 5のCPUベンチマークスコア。

上は Core i5-5200Uの本製品、下は同じく インテル 第5世代の Core i5-5300Uを搭載のThinkPad T550。型番に応じた妥当なスコアですが、このあたりのスコアでは、Web ブラウジングや記事の編集などは、遅さを感じることなく普通に動作します。2021年に発売の、2万円台のミニPCでの搭載事例も多いCPUです。

▲▼比較対象とした ThinkPad T550の実機レビュー記事はこちら。

1万円で購入の中古 ThinkPad T550 実機レビュー、液晶は難あるも拡張目的では面白い。Hackintoshも対応中
先日、ヤフオクにて10,500円で落札した ThinkPad T550。Core i5-5300Uを搭載する、2015年に発売の15.6インチノートです。ビジネス向けの人気薄のPCのために、他サイトのレビュー記事もごく僅かの製品です...

 

▼Core i5-5200Uと同世代・同水準のミニPCの販売事例はこちら。

 

▼ドラクエベンチマークのスコア(標準画質)のスコアは「3381 普通」

 

▼CrystalDiskMark v8のスコアは、Readは一般的な SATA SSDと同水準ですが、Writeのスコアは控えめ。ただし、体感に影響するほどではありません。

短時間利用の使用感

詳細なレビューは、もう少し使い込んだ後となりますが、数時間使用でのコメントは以下です。

  • 解像度 2560 x 1440のディスプレイは、経年劣化のためか やや暗く、僅かに黄色味を帯びているように感じますが、13.3インチ FHDでの文字の表示よりも きめ細やか。
  • メモリ 4GBであるものの、Core i5-5200Uを搭載しているため、Gemini Lake (Celeron) N4100 クラスと比較すると、ワンランク上の体感レスポンス。記事編集や Webブラウジングでは十分に快適です。
  • 個体、中古の程度により異なりますが、バッテリー交換を覚悟していたものの、8%程度の劣化に留まり、フル充電から1時間半~2時間程度は持ちそうです。
  • こちらも中古の程度により異なるものの、ボディに凹みや目につく傷もなく、送料別の9,480円のヤフオク品としては掘り出し物。
  • 記載するまでもなく、779gの軽さには唖然。会社では 富士通の軽量ノート(約800g、「約800gの13.3型軽量ノート、富士通 U938/Tの実機レビュー。11.6型と錯覚するほどの軽さながら、一部に課題も」)と重量差は誤差の範囲ですが、本製品がより軽く感じます。
  • ただし、底板は押せば凹みそうな弱さもあり。ヤフオクで流通している製品は凹みのあるものが多いですが、それも納得。
  • キーボードは想像以上にタイピングしやすい。「変換」「無変換」キーなど、一部のキーが他よりも小さなサイズとなりますが、浅めのストロークに軽いキーで、軽快にタイピングできます。
  • ACアダプター付属なしの中古を購入しましたが、ThinkPad X1 Carbon 2016、ThinkPad T550 / L560などの同世代のThinkPadのACアダプターを流用できます。

 

▲▼私は上の写真の ThinkPad X1 Carbon 2016モデルのACアダプターを流用していますが、以下のコンパクトなタイプの汎用品も利用できるはず。

まとめ

法人用向け、2016年製の端末ですが、超軽量ノートが ヤフオクで 9,480円とは良い買い物でした。私は1万円ほどの中古PCを弄り目的で購入することが多いのですが、購入した1万円前後の以下の端末のなかでは、iMac 27インチ Mid 2010と同様に活躍しそうです。

 

▼2021年11月21日時点、ヤフオクでは9,000円~13,000円での落札が多い NEC VersaPro VG-N。楽天市場では 1万円台後半で販売されています。

▼個人向け 直近の軽量ノート情報はこちら(NEC公式サイト)

LAVIE Pro Mobile、13.3インチ 889g 軽量ノート 2021年春モデル

 

▼底板を外し、軽量の要因を確認してみました。

VersaPro VG-N(VK22TG)を分解し、779gの超軽量の要因を確認してみた
中古で購入した 2016年製のVersaPro VG-N(VK22TG)。13.3インチ、CPUに Core i5-5200U、メモリ 4GB、SSD 128GBの製品ですが、779gの超軽量であることが大きなメリット。会社では、約...

icon

コメント

タイトルとURLをコピーしました