Beelinnk SEi12 Pro ミニPCが販売開始。Core i7-1260P、DDR 5 RAMに対応、Thunderbolt 4を搭載

11月に速報ベースでお伝えした「Beelink SEi12 Pro」が正式販売となりました。CPUに Core i5-1240P、あるいは Core i7-1260Pを搭載するモデルが存在し、Amazon / AliExpressともに両モデルが販売されています。

CPU以外では、メモリはDDR5に対応(搭載するメモリはDDR4)、高速なPCIe 4.0 SSDとThunderbolt 4を搭載していることが大きな特徴です。

引用元

Amazon

AliExpress

スポンサーリンク

Beelink SEi12 Proのスペック

下表は、2023年1月8日現在、Amazonで販売のCore i7-1260P モデルのスペックです。

CPUCore i7-1260P、12コア 16スレッド、最大 4.7GHz
GPUIntel Iris Xe Graphics
メモリ32GB DDR4、2スロット / DDR5に対応
ストレージ500GB M.2 PCIe 4.0 SSD、2.5インチ HDD / SSDを増設可能
WiFiWIFI 6
Bluetooth5.2
ポート類USB 3.0 x 4、USB Type-C(Thunderbolt 4)、HDMI x 2、有線LAN
サイズ12.6 x 11.3 x 4.2 cm
OSWindows 11 (おそらく Pro)
その他

 

スペックの補足は以下です。

  • Geekbench 5 CPU ベンチマークスコアは、Core i5-1240Pが1400台(AMD Ryzen 9 5900HXと同水準)、Core i7-1260Pは1800前後(M1 Macと同水準)。マルチコアのスコアはいづれも 9000台となり、M1 Macを大きく凌駕。
  • 高速なDDR5のメモリに対応していますが、標準装備のメモリはDDR4 32GBです(Core i5 1240Pモデルは16GB))。
  • SSDは高速なPCIe 4.0 500GBを標準装備。読み書きの速度は 3500MB/s、

 

▼AliExpress サイトでは「CINEBENCH R20」と「3DMark 11」のスコアが公開されています。

 

▼読み書き 3500MB/sと高速なPCIe 4.0 SSDは、Intel / Kingsoton / Crucialのいづれかの大手ブランドの製品を搭載と明記されています。

Beelink SEi12 Proの外観、内部の構成

続いて、外観と内部の構成をみていきます。上の画像で読み取れる事項は以下です。

  • 外枠の天板は「Fabric Cloth Cover」とあり、生地の編み込みのような構造で、空気の流れが考慮されています。
  • サイドのパンチング形状のフレームは金属製ですが、無印のSEi 12と同様に 外枠は樹脂と思われます。
  • CPUファン以外に、底板の上にファンブラケットとファンを装備し、メモリ・PCIe SSD・増設したHDD / SSDを冷やすしくみです。
  • なお、繰り返しますが、上の画像ではDDR5 メモリと読み取れますが、標準装備のメモリはDDR4となり、DDR5のメモリにユーザーで換装可能との意味です。

 

▼こちらの断面構成を確認しても、厚いヒートシンクにボトムのファンブラケット、2つのファンと、空冷は十分に考慮されています。

▲▼40℃の室内温のもと、内部温度のテスト結果が公開されています。私は2022年に以下のハイエンド寄りのBeelinkのミニPCをレビューしていますが、いづれもほとんどファン音が聞こえないほどの静音仕様となり、かつボディの熱も感じず、よく冷えています。この点では、SEi 12 Proにも期待できそうです。

Beelink SEi 8 ミニPCの実機レビュー、Core i5- 8279Uを搭載しサクサク動作、大手ブランド RAM・SSDの安心感、特筆すべき静音性
Amazonや楽天市場などの国内通販においても販売している、ミニPCやTV Boxの老舗的なブランド「Beelink」。エントリークラスからハイエンドまで、多くのミニPCを揃えていますが、今回はCPUに インテル 第8世代のCore...
Beelink SER5 ミニPC 実機レビュー、AMD Ryzen 5 5560U / RAM 16GBを搭載しキビキビ動作、通常作業時には無音で作業効率もアップ
今回レビューする製品は、CPUに6コア12スレッドの「AMD Ryzen 5 5560U」を搭載するミニPC「Beelink SER5」。標準構成でメモリ 16GB、PCIe SSD 500GBを装備し、OSはWindows 11 ...

 

▼映像出力は HDMI x 2、Thunderbolt 4の3系統

まとめ

Beelink SEi 12 、Core i5-1235U / PCIe 4.0のM.2 SSDを搭載のミニPC。2つのファンを搭載しつつも静音仕様
Beelinkより、CPUにインテル 第12世代のCore i5-1235U、PCIe 4.0のM.2 SSDを搭載するミニPC「Beelink SEi 12」が販売されています。PCIe 4.0となると発熱も気になるところですが、...

上の記事で紹介の「SEi12」との比較では、以下の事項がスペックアップしています。メモリがDDR5対応でありながら、DDR4のメモリを標準装備していますが、価格を考慮すると止むを得ないとの認識です。

  • CPUは Core i5-1235UからCore i5-1240P、あるいは Core i7-1260Pに
  • メモリはDDR5に対応
  • PCIe 4.0のSSDは変わらず
  • Thunderbolt 4を搭載

 

コメント

楽天市場 人気製品

タイトルとURLをコピーしました