広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ThinkPad E14 Gen 5に外付けGPU ボックスを接続し、ベンチスコアを計測。PDにも対応し、他のノートPCの電源としても活用中

ミニPC(MINISFORUM UM780XTX)に、OCuLink 経由で外付けGPUを接続して以降、ノートPCでの外付けGPUに接続したくなり、AliExpressにて安価な外付けGPU ボックス(ボードとケース、Thunderbolt 3/4・USB4での接続)を購入しました。外付けGPU ボックスの詳細は別記事となりますが、今回はThinkPad E14 Gen 5への外付けGPU ボックスの接続についてレポートします。

なお、ThinkPad E14 Gen 5を事例としていますが、他のThunderbolt 3あるいは4ポートを搭載するノートPC(M1 / M2 Macを除く)にも共通するレポートです。

関連記事

MINISFORUM UM780 XTX、OCulink経由で外付けGPUを接続してみた。接続した機器と接続手順、動作状況

TH3P4G3、Thunderbolt 3/4対応の安価なGPU Boxの特徴。PDにも対応し、ケースなし・ボードのみでは約2万円

ThinkPad E14 Gen 5 実機レビュー、Core i7-1360P / 2.2K 解像度モデルは快速・快適、タイピング感も上質

 

スポンサーリンク

接続した機器の構成

はじめに、接続した機器の構成を記載します(上の写真は、ケースに収める前の状態)。外付けGPUボックスとThinkPad E14 Gen 5との接続は、Thunderbolt 3/4 (USB4)となります。インテル CPUを搭載のThinkPad E14 Gen 5は、Thunderbolt 4対応のUSB4ポートを備えていますが、AMD CPUのモデルは USB4ポートを未装備のため、外付けGPUボックスを接続できません。なお、外付けGPUボックスの詳細レビューは別記事にて掲載予定です。

外付けGPUとケースは、以下の記事にて掲載の、AliExpressから購入の製品です。Amazonで販売の他ブランドのGPUボックスと比較すると大幅に安価です。また、基本はボード単体での販売となり、ケースとセットで購入することもできます。私はケースとセットで購入しましたが、ケースは大柄なため、ボード単体でもよかったかも。

TH3P4G3、Thunderbolt 3/4対応の安価なGPU Boxの特徴。PDにも対応し、ケースなし・ボードのみでは約2万円
CPUにRyzen 7 7840HSを搭載するミニPC「MINISFORUM UM780 XTX」に、OCulink 経由で外付けGPUを接続して以降、Thunderbolt 経由での外付けGPUを接続する「GPU Box」を物色。 ...

▲▼AliExpressはAmazonよりも大幅に安価です。私が購入の製品は85W PDに対応でケースとのセット、Amazonの製品は60W PDのケースなしです。

 

▼ATX電源は、使用するグラボにあわせてでよいのですが、私は以下の玄人志向の製品を使用しています。PC自作用に新品を購入後、静音であることが気に入ったため、ハードオフで3,500円ほどで中古をGPU ボックス用に購入し、後者を使用しています。

 

▼グラボは楽天市場で購入の、中古のGeForce GTX 1080。2023年12月16日現在では 14,000円前後で販売されています。以下は、私が購入したショップの製品ではありませんが、参考までのリンクです。

 

▼ATX電源のACコードは太く取り回しを行いにくいため、以下のL字で細いコードを購入しました。

 

▼下のUSB-Aポートの右に、2つのThunderbolt ポートがあります。中央のポートから GPU ボックスに付属のThunderbolot ケーブルをノートPCに接続すると GPU ボックスとの接続・ノートPCへの給電の双方に対応しています。

 

外付けGPUボックス、接続手順とシステム情報

以下の記事で掲載の、OCulink経由での外付けGPU接続の場合、転送速度は Thunderbolt 4 / USB4より速いものの、私のミニPCとケーブルの環境では、ケーブルが外れやすい・ベンチ計測前のシステム情報収集時にフリーズの現象があります。一方の、Thunderbolt 4 / USB4接続では、ベンチ計測も含めて安定動作しています。

MINISFORUM UM780 XTX、OCulink経由で外付けGPUを接続してみた。接続した機器と接続手順、動作状況

 

▼接続の大まかな手順は以下となります(3と4は初回接続時です)。なお、その他のThunderbolt 3あるいは4 / USB4ポートを搭載する他のノートPCも同手順です。ただし、M1 / M2 Macでは動作しません。

  1. 外付けGPUの電源をオンにする(自作PCなどと同様に、ATX電源をオンにした状態にする)。
  2. 外付けGPUとThinkPad E14 Gen 5をケーブル接続。本製品の場合には、85Wの給電にも対応しているため、ケーブル1本での接続が可能です。
  3. デバイスマネージャーの「ディスプレイアダプター」にて、外付けしているグラボの認識状況を確認。
  4. 「Microsoft  基本ディスプレイアダプター」となっている場合(グラボの機種名を認識していない場合)、ドライバーをダウンロード、インストール。
  5. デバイスマネージャーの「ディスプレイアダプター」にて、グラボ(今回の事例では「GeForce GTX1080」)を認識すると、使用可能な状態となります。
  6. 二回目以降の接続は、GPU ボックスの電源(ATX電源)をオンにした状態で Thunderbolt ケーブルをPCに接続。PCの電源オンでGPUの自動認識です。なお、PDに対応のGPU ボックスですので、ケーブル1本で給電もできています。

 

▼上記4について、公式サイト・ドライバーダウンロードのリンクです。

NVIDIA ドライバーダウンロード

AMD Radeon ドライバーダウンロード

 

▼上記3のデバイスマネージャー > ディスプレイアダプターの項目において、「Microsoft 基本ディスプレイアダプター」となっています。この場合、グラボのドライバーをインストールすると、2つめの画像のとおり、正しく認識されます。

戸惑ったのは、当初 ディスプレイアダプターに Xe Graphicsのみが表示され、外付けGPU自体を認識していなかったこと。この場合、ドライバーのインストールを行うこともできません(GeForceを認識できず、ドライバーのインストールエラーとなります)。Thunderbolt ケーブルの抜き差しやPCの再起動で「Microsoft 基本ディスプレイアダプター」として認識となりました。

 

ThinkPad E14 Gen 5、片面実装 2nd SSDの増設手順。SSD 2基搭載、メモリ 32GBの仕様にカスタマイズ
ThinkPad E14 Gen 5の2nd SSD ポートに、片面実装の2242サイズ 片面実装のPCIe SSDを増設しましたので、増設したSSD、増設プロセスをレポートします。「片面実装」と記載しましたが、両面実装では浮いてしまい...

▲▼フリーソフト「HWiNFO」で抽出のシステム情報。CPUはCore i7-1360P、メモリは32GBに増設しています。

▲▼GPUの情報を拡大

 

2023年12月27日現在、Thunderbolt 4 / USB 4 / Thunderbolt 3のWindows PC 4製品(ミニPC 2製品、ThinkPad 2製品)での接続は確認済ですが、Thunderbolt 3のWindows PC 1製品では、接続できていない状況です(電源としては機能しているものの、グラボを認識しない)。また、AliExpressのユーザーレビューでは、「PCにエラーが生じた」など、ごく一部に否定的なコメントもあることを、念のために記載します。
なお、私の事例では、ThinkPad E14 Gen 5への接続・PCの電源オン直後に「BitLocker 回復」のエラーとなったことがあります。一旦、ケーブルを外し、PCの電源をオフ、再起動で復旧しました。

 

ベンチマークスコアの比較

統合チップのIntel Xe Graphics、外付けグラボのGTX 1080の、ベンチマークスコアの比較です。

 

▼CPUベンチマークも含めた ThinkPad E14 Gen 5のベンチスコアは、以下の記事に掲載しています。

ThinkPad E14 Gen 5 実機レビュー、Core i7-1360P / 2.2K 解像度モデルは快速・快適、タイピング感も上質
今回レビューする製品は、インテル 第13世代のCPUに、14インチ アスペクト比 16 : 10のディスプレイを搭載する「ThinkPad E14 Gen 5」です。ThinkPadとしてはエントリークラスの製品ですが、購入したモデルは...

 

▼3DMark Time Spyのスコアです。

上から順に、Intel Xe Graphics、GTX 1080 / E14 Gen 5のディスプレイ、GTX 1080のDisplayPort経由での外部ディスプレイのスコアです。

GTX 1080 / デスクトップほどではありませんが、6000台後半のスコアは妥当なところ。GTX 1080のDisplayPort経由での外部ディスプレイのスコアは、もう少し伸びる想定でいたのですが、誤差の範囲で同水準です。

 

▼軽めのドラクエベンチマークのスコアは、統合チップの「6270 快適」に対して、GTX 1080は「18907 すごく快適」と、約3倍のスコアアップです。

 

▼GTX 1080のDisplayPort経由での外部ディスプレイでのFF14(設定はデフォルト)のベンチスコアは、「16639 非常に快適」。

 

▼PCMark 10のスコア(ThinkPad E14 Gen5のディスプレイ使用時)は、統合チップの5771に対して、GTX 1080では 6664。なぜか、Essentialsはダウンしていますが、ProductivityとDigitalは大きくスコアアップ。

まとめ

私はPC・スマホ・タブレットともにゲームは行わないため(動画編集は今後行う予定)、ノートPCへの外付けGPU ボックスの接続は自己満足的なものとなりますが、PDに対応しているGPU ボックスですので、ケーブル1本で給電にも対応でき、便利に使用しています。

ミニPCへの接続、GPU ボックス単体での使用は別記事となりますが、電源がUSBのノートPCの場合、電源を共有化できるメリットも大きいです。なお、GPU ボックスは M1 / M2 Macには未対応ですが、MacBookへの給電は可能です。

 

ミニPC 2製品にも、同GPU ボックスを接続してみました。ThinkPad E14 Gen 5での接続と同様に安定動作。使用するPC 数台と切り替えつつ使用しています。
ミニPC 2製品にUSB4 外付けGPU ボックスを接続し安定動作。外付けグラボのシステム情報とベンチマークスコア
先日、購入したGPU ボックス「TH3P4G3」を、USB4ポートを装備する2台のミニPCに接続してみましたので、うち1台(MINISFORUM UM780 XTX)をメインに、システム情報とベンチマークスコアを掲載します。「MIN...

 

以下の記事にて、総合的なレビューを掲載しています。
TH3P4G3、安価なGPU ボックスの実機レビュー、外付けグラボの接続以外にノートPCの電源としても活用中
今回レビューする製品は、AliExpressにて販売のGPU ボックス「TH3P4G3」です。先行して、ミニPCとノートPCに接続(Thunderbolt 3/4、USB4経由)した状況とベンチマークスコアを記事を公開していますが、PD...