広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ミニPC 2製品にUSB4 外付けGPU ボックスを接続し安定動作。外付けグラボのシステム情報とベンチマークスコア

先日、購入したGPU ボックス「TH3P4G3」を、USB4ポートを装備する2台のミニPCに接続してみましたので、うち1台(MINISFORUM UM780 XTX)をメインに、システム情報とベンチマークスコアを掲載します。

「MINISFORUM UM780 XTX」には OCulink ボードが付属し、OCulink経由でも外付けGPUを接続していましたが、USB4経由がより安定しています。

なお、ThinkPad E14 Gen 5に同GPU ボックスを接続した記事も投稿していますが、「接続した機器の構成」はほぼ同じ内容となります。

関連記事

TH3P4G3、Thunderbolt 3/4対応の安価なGPU Boxの特徴。PDにも対応し、ケースなし・ボードのみでは約2万円

ThinkPad E14 Gen 5に外付けGPU ボックスを接続し、ベンチスコアを計測。PDにも対応し、他のノートPCの電源としても活用中

 

スポンサーリンク

接続したミニPCのスペック

接続したミニPCは、以下の記事にて実機レビュー、上の写真左の「MINISFORUM NPB5」、および写真右の「MINISFORUM UM780 XTX」ですが、うち、参考までに「MINISFORUM UM780 XTX」のスペックを掲載します。

MINISFORUM NPB5 実機レビュー、Core i5-13500H / DDR5 メモリ搭載により快適動作。冷却対応にも優れた静音ミニPC

MINISFORUM UM780 XTX 実機レビュー、Ryzen 7 7840HS / DDR5 RAMの快適レスポンス、静音性にも優れた 作業効率アップ確実のミニPC

 

▼「MINISFORUM UM780 XTX」のスペックはこちら。

CPUAMD Ryzen 7 7840HS、Zen4 アーキテクチャ、8コア 16スレッド、最大 5.1GHz
GPUAMD Radeon 780Mグラフィックス
メモリDDR5 5600 32GB / 64GB、最大 96GB
ストレージM.2 2280 PCIe 4.0 SSD 1TB、PCIe 4.0の空きポートあり
WiFiWiFi6E 対応
Bluetooth5.2
ポート類HDMI、USB4 x 2、DisplayPort、USB-A 3.2 x 4、有線LAN x 2
サイズ(実測)139 x 127 x 59mm
OSWindows 11 Home
その他PD 給電対応、OCulink ポートのアダプター付属、スタンド付属

 

▼こちらはOCulink ボード経由で接続した「Radeon RX 6600 XT」。別途購入のOCulink ボードに付属のケーブルがイマイチ(抜けやすい)なのか、ベンチマークソフト起動後のシステム情報の収集時にフリーズすることが多いです。

 

接続した機器の構成

はじめに、接続した機器の構成を記載します(上の写真は、ケースに収める前の状態)。外付けGPUボックスとミニPCとの接続は、Thunderbolt 3/4 (USB4)となります。なお、外付けGPUボックスの詳細レビューは別記事にて掲載予定です。

外付けGPUとケースは、以下の記事にて掲載の、AliExpressから購入の製品です。Amazonで販売の他ブランドのGPUボックスと比較すると大幅に安価です。また、基本はボード単体での販売となり、ケースとセットで購入することもできます。私はケースとセットで購入しましたが、ケースは大柄なため、ボード単体でもよかったかも。

TH3P4G3、Thunderbolt 3/4対応の安価なGPU Boxの特徴。PDにも対応し、ケースなし・ボードのみでは約2万円
CPUにRyzen 7 7840HSを搭載するミニPC「MINISFORUM UM780 XTX」に、OCulink 経由で外付けGPUを接続して以降、Thunderbolt 経由での外付けGPUを接続する「GPU Box」を物色。 ...

▲▼AliExpressはAmazonよりも大幅に安価です。私が購入の製品は85W PDに対応でケースとのセット、Amazonの製品は65W PDのケースなしです。

ただし、後述していますが、PD(ケーブル本でのGPU ボックスと接続、PCへの給電)はノートPC向けです。ミニPCの電源オン後にGPU ボックスも電源オンとなるため、ミニPCでのPD起動は不可です。

 

▼ATX電源は、使用するグラボにあわせてでよいのですが、私は以下の玄人志向の製品を使用しています。PC自作用に新品を購入後、静音であることが気に入ったため、ハードオフで3,500円ほどで中古をGPU ボックス用に購入し、後者を使用しています。

 

▼グラボは楽天市場で購入の、中古のGeForce GTX 1080。2023年12月18日現在では 14,000円前後で販売されています。以下は、私が購入したショップの製品ではありませんが、参考までのリンクです。

 

▼ATX電源のACコードは太く取り回しを行いにくいため、以下のL字で細いコードを購入しました。

 

▼下のUSB-Aポートの右に、2つのThunderbolt ポートがあります。接続先がノートPCの場合、中央のポートから GPU ボックスに付属のThunderbolot ケーブル(その他の市販品でも可)をノートPCに接続すると GPU ボックスとの接続・ノートPCへの給電の双方に対応しています。なお、ミニPCの場合には中央のポートからの接続で、グラボを認識します(前述のとおり、PD給電はできません)。

 

外付けGPUボックスの接続手順

今回、USB4経由で外付けGPU ボックスを接続したミニPC「MINISFORUM UM780 XTX」と「MINISFORUM NPB5」ですが、前者はOCulinkのボードが付属しており、先行して OCulink 経由で外付けGPUを接続しています。詳細は以下の記事を参照ください。

MINISFORUM UM780 XTX、OCulink経由で外付けGPUを接続してみた。接続した機器と接続手順、動作状況

 

OCulinkの転送速度は Thunderbolt 4 / USB4よりも速いのですが、汎用性に乏しく(専用のボード、あるいは PCIe M.2 アダプター経由での接続)、ケーブルが外れやすい、ベンチ計測前のシステム情報収集時にフリーズする現象があります。

上記の事項に対応すべく(安定運用を図るため)、また、ノートPCの外付けGPU ボックスとPD給電に活用すべく、Thunderbolt 4 / USB4の外付けGPU ボックスを購入しました。

 

▼ミニPCとの接続の大まかな手順は以下となります(3と4は初回接続時です)。なお、85WのPD対応の本製品の場合、その他のThunderbolt 3あるいは4 / USB4ポートを搭載するノートPCでは、Thunderbolt ケーブル1本で GPU ボックスとの接続、ノートPCへの給電に対応しています。

ただし、GPU ボックスは PCと接続後に電源オンとなることから、バッテリーを内蔵していないミニPCでは、Thunderbolt ケーブル1本でのWindowsの起動に対応していません。ミニPCの電源は別途 接続する必要があります。

 

  1. 外付けGPUの電源をオン
  2. 外付けGPUとミニPCをケーブル接続。
  3. 別途 電源に接続しているミニPCの電源をオン。
  4. デバイスマネージャーの「ディスプレイアダプター」にて、外付けしているグラボの認識状況を確認。
  5. 「Microsoft 基本ディスプレイアダプター」となっている場合(グラボの機種名を認識していない場合)、ドライバーをダウンロード、インストール。
  6. デバイスマネージャーの「ディスプレイアダプター」にて、グラボ(今回の事例では「GeForce GTX1080」)を認識すると、使用可能な状態となります。
  7. 二回目以降の接続は、GPU ボックスの電源(ATX電源)をオンにした状態で、ミニPCの電源オンでGPUの自動認識です。

 

▼上記4の「デバイスマネージャー」の「ディスプレイアダプター」の項目。「Microsoft 基本ディスプレイアダプター」となっている場合、グラボのドライバーをダウンロード・インストールします。

 

外付けGPU ボックスのシステム情報

ミニPC「MINISFORUM UM780 XTX」に接続時のグラボ・GPUのシステム情報を記載します。グラボ・GPUにおいては、他のミニPCへの接続時も同じです。

 

▲▼ディスプレイ項目にある「既定のグラフィック設定」は「NVIDIA GeForce GTX1080」と正しく認識。設定画面の項目については、以下の記事に掲載しています。

Windows PCに外付けGPUを接続、Windowsの設定画面で統合GPUと外部GPUを切り替える手順

 

▼「デバイスマネージャー」の「ディスプレイアダプター」は、統合チップ(AMD Radeon 780M)とGeForce GTX1080を並列で正しく認識。

 

▲▼フリーソフト「HWiNFO」から抽出のシステム情報。上は全般、下はGPUの情報を拡大。HWiNFOについては、「HWiNFO、Windows PCのデバイス詳細情報やCPU温度など、導入必須のフリーソフトの概要」にて紹介しています。

 

▼こちらは、CPUにCore i5-13500Hを搭載する「MINISFORUM NPB5」のシステム情報。前の段落に記載の手順 1~8によりグラボを認識し、安定動作しています。

 

ベンチマークスコア

ミニPCに接続したGPU ボックス(グラボはGTX 1080)で計測のベンチマークスコアを掲載します。

同一ミニPC(MINISFORUM UM780 XTX)に OCulinkで接続のグラボ(AMD Radeon RT 6600)との比較を掲載できればよかったのですが、OCulink 経由ではベンチソフトが不安定で計測できていません。

このため、今回と同じGPU ボックスを接続した Core i7-1360Pを搭載のThinkPad E14 Gen 5、あるいは MINISFORUM UM780 XTXの統合チップとの比較です。

 

▼比較対象のベンチスコアを掲載の記事はこちら。

ThinkPad E14 Gen 5に外付けGPU ボックスを接続し、ベンチスコアを計測。PDにも対応し、他のノートPCの電源としても活用中

MINISFORUM UM780 XTX 実機レビュー、Ryzen 7 7840HS / DDR5 RAMの快適レスポンス、静音性にも優れた 作業効率アップ確実のミニPC

 

▼3DMark Time Spyのスコアは6961。2つめの画像のAMD Radeon 780Mとの比較では、大幅にスコアアップ。

 

MINISFORUM NPB5 実機レビュー、Core i5-13500H / DDR5 メモリ搭載により快適動作。冷却対応にも優れた静音ミニPC

▲▼こちらはCore i5-13500Hを搭載のミニPC「MINISFORUM NPB5」との組み合わせ。

 

 

▼FF14の標準設定でのスコアは「16290 非常に快適」。2つめのThinkPad E14 Gen 5と同GPU Boxの組み合わせと同水準です。

 

▼PCMark 10は後日あらためて計測しますが、AMD Radeon 780Mの7299から 6505へ下がってしまいました。

 

▼ドラクエベンチマークは「22951 すごく快適」。1つめの画像のAMD Radeon 780Mから大幅アップ、3つめのThinkPad E14 Gen 5と同GPU Boxの組み合わせよりも高いスコアです。

まとめ

GPU ボックス単体のレビューは別記事にて投稿予定ですが、取り急ぎ USB4ポートを装備するミニPCに接続して、システム情報とベンチマークスコアを確認しました。

ケースなしでは約2万円(85W PD対応版の場合、65W PDの場合はより安価)となり、お手持ちのATX電源とグラボの組み合わせでお手軽に試すことができます。Thunderbolt 3/4、USB4ポートを電源とするノートPCの場合には、ケーブル1本で外付けGPU ボックス、電源として活用することができます(電源のみの場合、M1/M2 MacBookでも使用できます)。

 

▼AliExpressとAmazonでは大きな価格差があり、AliExpressがおすすめです。AliExpressのレビューでは、RTX 4080の接続事例もあります。

 

▼今回のGPU ボックスはケース込みでは大きくなり、コンパクトさでは「GPD G1」もよいのですが、私としては価格と汎用性がネックです。

 

以下の記事にて、総合的なレビューを掲載しています。
TH3P4G3、安価なGPU ボックスの実機レビュー、外付けグラボの接続以外にノートPCの電源としても活用中
今回レビューする製品は、AliExpressにて販売のGPU ボックス「TH3P4G3」です。先行して、ミニPCとノートPCに接続(Thunderbolt 3/4、USB4経由)した状況とベンチマークスコアを記事を公開していますが、PD...