広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Mac miniをターゲットディスプレイにより iMac 27 Mid 2010に接続。解像度や色合いの相性もバッチリ

上の写真は、Mac miniを iMac 27インチ Mid 2010に接続したものです。2010年モデルのiMacのため、画面が黄色味を帯びている経年劣化もありますが、2.5K 解像度に Mac to Macで色合いも良い感じ。このように、iMac 2014年以前のモデルはターゲットディスプレイとして、M1 MacやMacの旧モデル、要件を満たせば(DisplayPortを装備、インテル統チップを搭載)Windows PCを接続できるメリットがあります。

ターゲットディスプレイの記事は複数投稿していますが、今回は Mac mini Late 2012と iMac 27インチ Mid 2010モデルの接続状況について記載します。

2023年2月4日追記。以下の記事のとおり、M2 Mac miniでの動作も確認しました
M2 Mac miniの映像出力を旧型 iMacに設定。ターゲットディスプレイが機能することを確認
M2 Pro Mac miniの映像出力先として、現在のところ ターゲットディスプレイとして利用可能な iMac 27インチ Mid 2010としています。以前にレポートした M1 MacBook Airも同様ですが、USB Type-...
スポンサーリンク

ターゲットディスプレイについて

iMac 27インチ Mid 2010モデルのターゲットディスプレイ(MacやWindows PCを接続し、外部ディスプレイとして使用)については、以下などの記事で掲載していますので参照ください。

 

上の記事から、ターゲットディスプレイのポイントとなる事項を抜粋します。

 

ターゲットディスプレイに対応する iMacは以下に限定となり、macOSは High Sierra以前が対象です。

  • 27インチ Late 2009
  • 27インチ Mid 2010
  • Mid 2011〜Mid 2014

 

私がM1 Macや旧Mac、Windows PCをiMacに接続するにあたり、購入したケーブル類は以下です。ただし、iMac 27インチ Mid 2010用となり、Mid 2011〜Mid 2014の場合には、ケーブルを精査する必要があります。

 

▼M1 Macなど、外部映像出力に対応する USB Type-C ポートを装備するPC接続用の、USB Type-C to Mini DisplayPort変換テーブル

 

▼Windows PCの接続用に購入の Mini DisplayPort ケーブル。その下は、フルサイズのDisplayPortを装備するPC用の、Mini DisplayPort to Display Portの変換ケーブル。

 

▼私は2021年5月に、ターゲットディスプレイ狙いで ジャンクな iMac 27インチ Mid 2010をヤフオクにて 9,900円で購入。経年劣化により ディスプレイが黄色味を帯びた中古が多いため、注意が必要です。また、私の個体では、背面にかなりの熱を帯びる、ファンが喧しいなどの現象もあります。

約10年落ちの「iMac 27インチ Mid 2010」の使用感、SSD換装でCeleron 現行PC以上のレスポンス、Win 10 PCも接続でき利便性抜群
2021年5月に、ヤフオクにて 9,900円で購入した「iMac 27インチ Mid 2010」。ターゲットディスプレイでの利用を目的としたものでしたが、HDDからSSDへ換装後の体感レスポンスは、CPUにGemini Lake(Cel...

Mac mini 2012 モデルの接続事例

以下の記事に記載していますが、先日 中古で購入した Mac mini Late 2012のCore i7モデル(メモリ 16GB、SSD 240GB / HDD 1TB)を接続しています。2.5Kの解像度、Mac to Macのため、色合いも良好です。

今さら 中古のMac mini Late 2012 Core i7版を購入、ベンチスコアは Jasper Lakeと同水準、現役で使用可能
数年前の中古のMacを揃えつつある私ですが、先日のMacBook 12インチに続き、今回購入したのは Mac mini Late 2012。ヤフオクにて、4コア Core i7 / メモリ 16GB / SSD 240GB + HDD ...

 

Mac mini Late 2012の出力ポートは HDMIとThunderbolt (Mini DsiplayPort 互換)、iMac 27インチ Mid 2010の入力端子はMini DsiplayPortのため、上述・以下のケーブルのみで接続できます。

 

▼接続元の Mac mni Late 2012の情報。4コア8スレッドのCore i7-3615QM、メモリ 16GB、SSD 240GB / HDD 1TB

▲▼接続先の iMacのディスプレイの情報。Mac mini Late 2012の最大解像度は、HDMIの場合には 1920 x 1200、Thunderbolt(Mini DisplayPort 互換)の場合には 2560 x 1600となり、iMac 27インチ Mid 2010の解像度にマッチ。当初、以下の40インチ ウルトラワイドモニターに接続する予定でいたのですが、解像度が合わず。

innocn 40インチ ウルトラワイドモニター 実機レビュー。明るさ、Macの色合いとの相性も抜群、M1 MacBookに給電しつつのType-C 映像出力も可能
今回レビューする製品は、Amazonで展開している「innocn」社の40インチモニター「WR40-PRO」。大型のワイドモニターでは、34インチの平面、あるいは曲面の製品が主流ですが、同社は44インチと40インチの製品を販売しています...

 

▼旧型 Macの出力ポートなどの確認は、以下で紹介の「Mactracker」が便利です。

Mactracker、歴代 MacやiPhone、Apple製品の詳細スペックの確認におすすめアプリ
中古のMacをWebで物色することが好きな私ですが、その際に重宝しているアプリが、MacやiPhone、その他のApple 旧製品の詳細スペックを確認できる「Mactracker」。iMacなら1998年に販売の製品からM1まで、iPh...
2023年2月4日追記。以下の記事のとおり、M2 Mac miniでの動作も確認しました
M2 Mac miniの映像出力を旧型 iMacに設定。ターゲットディスプレイが機能することを確認
M2 Pro Mac miniの映像出力先として、現在のところ ターゲットディスプレイとして利用可能な iMac 27インチ Mid 2010としています。以前にレポートした M1 MacBook Airも同様ですが、USB Type-...