今さら 中古のMac mini Late 2012 Core i7版を購入、ベンチスコアは Jasper Lakeと同水準、現役で使用可能

数年前の中古のMacを揃えつつある私ですが、先日のMacBook 12インチに続き、今回購入したのは Mac mini Late 2012。ヤフオクにて、4コア Core i7 / メモリ 16GB / SSD 240GB + HDD 1GB Fusion Driveの程度のよいものを、20,510円で落札。

NASとしての利用を想定していますが、製品としては今更ながらにベンチマークを計測してみました。ベンチマーク、体感レスポンスともに 現行のJasper Lake (Celeron) と同水準、もしくはやや優位で、在宅勤務は記事編集なら現役として使用することができます。

スポンサーリンク

Mac mini Late 2012、Core 17 モデルのシステム情報

最初に実機から抽出のシステム情報を掲載します。

 

▼購入時に Catalinaに更新済でした。Big Sur以降には更新できませんが、私としては Catalinaで十分。

 

▼Geekbench 5のシステム情報ですが、CPUは4コア8スレッドの Core i7-3615QM。Core i5の2コアの中古 Mac mini Late 2012は1万円ほどで購入できますが、普段使いのレスポンスも重視し 4コアモデルを購入。

 

▲▼盲点だったのが、Mac mini Late 2012 モデルの最大解像度はHDMIの場合は 1920 x 1080のFHD(Thunderbolt 経由では 2560 x 1600)となり、以下の40インチ ウルトラワイドモニターの解像度を活かせないこと。両端をブラックアウトした状態で、FHDにて使用しています。

innocn 40インチ ウルトラワイドモニター 実機レビュー。明るさ、Macの色合いとの相性も抜群、M1 MacBookに給電しつつのType-C出力も可能
今回レビューする製品は、Amazonで展開している「innocn」社の40インチモニター「WR40-PRO」。大型のワイドモニターでは、34インチの平面、あるいは曲面の製品が主流ですが、同社は44インチと40インチの製品を販売してい...

 

 

Mac mini 2012をウルトラワイドモニターに出力、DisplayPort ケーブルで特殊な解像度にも対応
中古で購入のMac mini 2012を 40インチのウルトラワイドモニター(解像度 3440 x 1440)に接続すると、1980 x 1080での出力となり困っていました。Mac mini 2012の仕様上の映像出力の解像度は、...
DisplayPort to Mini Dispaly Cableでの接続により、上のディスプレイの項目のとおり、40インチ ウルトラワイドモニターの解像度を正しく認識し、快適に利用できています

 

▼こちらは私が利用のDisplayPort to Mini Dispaly Cableとは異なりますが、ご参考。

 

▼おそらく前ユーザーの後付け対応だと思いますが、SSD 240GB + HDD 1TBのFusion Drive

 

▼メモリ 8 GB x 2の16GB。2022年4月10日時点の中古としては、4コア / メモリ 16GB/ SSD + HDDで 2万円ちょいとは、安い部類です。外観に目に見える傷もなく、程度は良好です。

Mac mini Late 2012、Core 17 モデルのベンチスコア

本日、5時間ほど Mac mini Late 2012を利用して記事を編集していますが、体感レスポンスは以下のMacBook 12 2016モデルよりも明らかに優れています。MacBook 12では、写真の一覧表示や呼び出し、加工時に引っかかりを感じるのですが、Mac mini Late 2012のライトユースでは キビキビと動作しています。

今さらながらに「MacBook 12」を購入、M1 MacBook Airのサブとして購入した理由、購入前の懸念事項
自宅では M1 MacBook Airの利用頻度が高い私ですが、中古のMacBook 12インチ Early 2016を購入しました。今さらながらに MacBook 12を購入した理由は、多くの方と同様に外出時の使用を想定してのこと...

 

▼Geekbench 5のCPU ベンチマークスコアは、シングルコア 643、マルチコア 2608。シングルコアは下記の記事でレビューのJasper Lake N5095と同水準。

TRIGKEY Green G2、Jasper Lake N5095搭載 ミニPC 実機レビュー。ベンチスコアはCore i5-5200U相当、かなりおすすめの200ドルPC
2021年11月26日時点では、CPUにJasper Lakeを搭載する製品は多くないなか、Banggoodから販売の「TRIGKEY Green G2」は Jasper Lake N5095を搭載し、メモリスロットを2つ装備してい...

 

▼こちらは MacBook 12インチ 2016モデルのスコア。シングルコアのスコアは大きな差ではないのですが、スコア差以上の体感レスポンスの相違(Mac miniが優位)を感じます。

今さらながらに「MacBook 12」を購入、M1 MacBook Airのサブとして購入した理由、購入前の懸念事項
自宅では M1 MacBook Airの利用頻度が高い私ですが、中古のMacBook 12インチ Early 2016を購入しました。今さらながらに MacBook 12を購入した理由は、多くの方と同様に外出時の使用を想定してのこと...

 

▼こちらは MacBook Pro 15 Retina Late 2013。体感的には同水準。

MacBook Pro 15 Retina Late 2013、今更ながらの実機レビュー。第8世代 Core i3水準の体感と鮮やかな液晶で、まだまだ現役続行
M1 MacBook Airを購入し、明るくて鮮やかな画面と快適なレスポンスには十分に満足している私ですが、13.3インチの画面では在宅勤務などでは やや辛い。そこで、M1 Macの発売により、値崩れしている15.4インチのMacB...

 

▼参考表示のM1 MacBook Airのスコア。

Apple M1チップのMacBook Air、実機ベンチマークスコアと短時間利用の使用感。ライトユースでも体感できる快適なレスポンス
インテル製チップを大きく上回るレスポンスで高コスパなApple M1 チップのMacBook Air。最小構成のメモリ 8GB、SSD 256GB版を注文し、予定通りの期日に受領しましたので、まずはベンチマークスコアと短時間利用での...

 

▼SSD + HDDのFusion Driveのスコア。Readはよいとして、Writeが低速です。当初はかなり遅く感じたのですが、よく使うファイルなどの切り分けが進んできたのか、徐々にレスポンスは向上しています。Fusion Driveを解除して、SSDとHDDを独立させるか悩みどころ。

 

▼自宅のWiFi 環境(Nuro 光)の回線速度。Nuro 光としては遅いのですが、私の自宅近辺ではこの程度です。

まとめ

私の記録簿的な記事ですが、今更ながらの Mac mini Late 2012 4コア Core i7 モデルのシステム情報とベンチマークスコアを掲載しました。

モニター出力の解像度は制限されますが、ベンチマーク・体感レスポンスともに、現行のCeleron (Jasper Lake N5095 / N5100)水準、もしくは僅かに優位となり、未だに色あせないデザインのよさと静音性もあり、エントリークラスのWindows ミニPCの代替としての利用価値は十分にあります。

関連記事

エントリーミニPCの代替に、中古のMac Mini Late 2012 Core i7モデルもおすすめ

 

▼ Yahoo! ショッピングでの「Mac Mini 2012 Core i7」の検索結果。ヤフオクやメルカリよりも割高ですが、私が検索するなかでは 楽天市場より割安です。

Mac Mini 2012 Core i7

 

▼こちらのドッキングステーションのように、高品質な周辺機器が揃っていることも Mac miniの魅力の一つ。

Mac mini ドッキングステーション、5製品の特徴。統一感重視のSatechi、PCIe SSD ポート・DisplayPortを装備のHagibisのPro版他
Mac miniと統一感のあるデザインで、USBポートやSSDを増設可能な「Mac mini用のドッキングステーション」。国内外通販で多くの製品が販売されていますが、代表的な5製品について、その特徴を記載します。 USB 3....

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました