M1 MacBook Airの外部ディスプレイとして iMac 27インチ Mid 2010を接続。クラムシェルモードでも動作

ヤフオクにて ジャンクな iMac 27インチ Mid 2010を格安で購入。目的は ターゲットディスプレイにより、M1 MacBook Airの外部ディスプレイ化することです。別途購入のUSB Type-C / Mini DisplayPort 変換ケーブルで接続してみると即認識。クラムシェルモードでも動作しています。

当記事の事項は、iMac 27インチ Mid 2010 あるいは iMac 27インチ Late 2019のMini DisplyPortを装備する iMacに限定されますが、M1 MacBook Airの外部ディスプレイとして、iMac 27インチ Mid 2010の接続事例について記載します。

スポンサーリンク

ターゲットディスプレイについて

古い iMacをターゲットディスプレイにより、MacBookやMac miniを接続する記事は多数ありますので、ここでは注意事項と、ターゲットディスプレイに対応する iMacのうち、27インチ Mid 2010を選択した理由について記載します。

ターゲットディスプレイに対応する iMacは以下に限定となり、macOSは High Sierra以前が対象です。

  • 27インチ Late 2009
  • 27インチ Mid 2010
  • Mid 2011〜Mid 2014

 

M1 iMacの発売で期待したい、旧型 iMac 中古相場の下落。5月の価格と活用事例

上の記事にて簡単に記載していますが、私の目的は M1 MacBookのみならず、MacBook Pro 15インチ Late 2013、Windows 10 PCなど、iMacを複数のPCの外部ディスプレイとして利用すること。この目的で中古の iMac 27インチ Mid 2010を選択した理由は以下です。

  • iMac Mid 2011 〜 Mid 2014は、ターゲットディスプレイの入力ポートが Thunderboltとなり、Windows 10 PCの接続も試してみるうえでは、汎用的な(私のWindows 10 PCは Mini DisplayPort あるいは DisplayPortを搭載する機種が多い)Mini DisplayPortが望ましい。
  • Mini DisplayPortを装備の場合、27インチの Late 2009 あるいは Mid 2010となるが、中古で流通している Late 2009のCPUの主流は Core 2 Duo。今さら Core 2 Duoも嫌なため、Mid 2010を購入。

 

なお、使用感などの詳細は別記事としますが、ヤフオクにてジャンクな iMac 27インチ Mid 2010製品を 税込 9,900円で落札。Core i3、メモリ 12GB、Apple ワイヤレスキーボード付きですが、画面の黄ばみ・HDDのエラーでファンが爆音のために、格安で販売されていました。黄ばみは調整後になんとか許容範囲、HDDファンの爆音はSSDに交換するため、私にとっては問題ありません。

 

5月19日追記。参考情報、詳細は別記事で記載しますが、Mini DisplayPort、あるいはDisplayPortを装備する Windows 10 PCの複数台を iMac 27インチ Mid 2010に ターゲットモードで接続してみると、あっさりとiMacを外部ディスプレイとして認識しました。

購入した変換ケーブル

Windows 10 PCの接続も目的としているために、DisplayPort to Mini DisplayPortへの変換アダプター、MiniDisplay Cableも購入しましたが、M1 MacBook Airの接続用に購入の「USB Type-C / Mini DsiplayPort 変換ケーブル」は以下のCable Masterの製品。

2021年5月18日時点の価格は 1,799円と安くはないのですが、M1 MacBook Airと iMac 27インチ mid 2010を接続する目的は達成。

 

▼パッケージ全体

 

▼ケーブルの説明を記載した部分を拡大。「USB Type-C → Mini DisplayPort 変換ケーブル」と明記されています。

 

▼説明書とケーブル本体。説明書類は読まずにそのまま破棄しましたが。。。

 

▼ボケた画像ですが 先端部分を拡大。

 

重要なポイントですが、使用した製品は Mini DisplayPortへの変換ケーブルです。iMacのポートが Thunderboltの場合には動作しません

接続した M1 Mac、iMacのシステム情報

iMac 27インチ Mid 2010を M1 MacBook Airの外部ディスプレイ化した環境でのシステム情報です。

 

▼接続先の「iMac 27インチ Mid 2010」と「M1 MacBook Air」のシステム情報。

 

▼ターゲットディスプレイとして使用時に、M1 MacBook Airの「システムレポート」にある「グラフィックス/ディスプレイ」で確認してみると、「ディスプレイは iMac、解像度は 2560 x 1440 @ 60Hz」と正しく表示・接続できています。

 

▲▼上の画像の右側を確認

iMacを外部ディスプレイ化した使用感

M1 MacBook Airの外部ディスプレイとして、iMac 27インチ Mid 2011を利用した使用感は以下です。マイナスポイントも記載していますが、13.3インチの小さな M1 MacBook Airのディスプレイと比較すると、大きな画面はやはり快適。

  • iMac 27インチへのコメントですが、高さがあるために違和感があります。他サイトを参照しつつ、低くする手段を検討中。
  • M1 MacBook Airをケーブル接続し、間髪入れずに iMacの画面がM1 MacBook Airに切り替わります。この迅速な切り替わりは快適。
  • 「Command + F2」キーでの iMac / M1 MacBook Airの切り替わりも速くて快適。この速さは期待値以上。
  • 冒頭に記載のとおり、クラムシェルモードでも動作し、M1 MacBook Airに接続したキーボードとマウスにより、デスクトップ・ミニPC代替として使用しています。
  • 27インチのディスプレイは 4K 解像度以上でなくとも iMac Mid 2010の2.5Kで十分と思っていたのですが、テキストの表示などに多少の粗さも感じます(24インチのFHDよりも軽度ですが)。
  • 中古のための経年劣化によるものか、M1 MacBook Airの明るく鮮やかな画面を見慣れたためか、明るさ最大にしても 画面が暗いようにも感じます。
  • こちらも経年劣化や内部の埃などによるものと思いますが、iMacの背面がかなりの熱を帯び、然るべき対応が必要。
  • ターゲットディスプレイで使用時には、音量の調節ができない模様(詳細を確認中)。

 

▼iMac単体で動作している様子。

 

▲▼M1 MacBook Airに以下のクリアケースを使用しているために映り込みがありますが、購入したケーブルを接続し、ターゲットディスプレイの待機中。

M1 MacBook Air用のクリアカバー・キーボードカバーのレビュー。違和感なく おすすめの製品
M1 MacBook Airを使い初めて約4ヶ月。これまでケースなし、フィルムなしでサイト記事の編集をメインに使用していた私ですが、やはり傷がつくことをおそれ、本体カバー・キーボードカバー・トラックパッドフィルムの3点セットの製品を...

 

▼M1 MacBook Airの画面を開くと、iMacを外部ディスプレイとして即認識。写真はミラーモードですが、M1 MacBook Airのディスプレイを閉じると クラムシェルモードとして動作します。

 

▲▼こちらは M1 MacBook Airに導入した Parallels Desktopにより導入した Windows 10を表示。

M1 MacBook Air、Parallels Desktopによる Windows 10の導入方法と使用感。メモリ 8GBでも快適動作
Macの仮想環境で Windowsを実行できる「Parallels Desktop 16.5 for Mac」がリリースとなり、待望のM1 Macにも対応しました。早速、M1 Macに対応する Windows 10 ARM64 In...

 

M1 Mac DIY
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント

タイトルとURLをコピーしました