古いiMacでのターゲットディスプレイ、Win 10 PC 5台で試してみた。GPU統合型PCでは即認識し安定動作

旧モデルの iMacのターゲットディスプレイの機能において、Windows パソコンを接続して利用できる・できないの様々な見解があります。今回、Mini DisplyPortを装備する「iMac 27インチ Mid 2010モデル」にて、Windows 10 パソコン 5台を試してみたところ、外部GPUを搭載しない Core iを搭載の統合型GPUのパソコンでは、簡単に接続・macOSと切替できました。

ノートパソコンにおいては、画面を閉じるとmacOS側に切り替わる現象もありますが、ミニPCの接続においては、在宅勤務での終日利用でも 安定動作しています。

スポンサーリンク

ターゲットディスプレイの前提

当記事を参照されている方には、ターゲットディスプレイの前提などの説明不要かと思いますが、ポイントのみを記載します。

M1 MacBook Airの外部ディスプレイとして iMac 27インチ Mid 2010を接続。クラムシェルモードでも動作
ヤフオクにて ジャンクな iMac 27インチ Mid 2010を格安で購入。目的は ターゲットディスプレイにより、M1 MacBook Airの外部ディスプレイ化することです。別途購入のUSB Type-C / Mini Disp...

 

上の記事では、M1 MacBook Airの外部ディスプレイとして、iMacの利用状況を記載しています。以下の旧モデルの iMacでは、他のMacにケーブル接続し、iMacのmacOSが動作中の状態で、iMac本体のキーボードにて「command + F2」の押下により、iMacが他のMacの画面に切り替わり、iMacを外部ディスプレイとして利用できます(ターゲットディスプレイ)。

  • 27インチ Late 2009
  • 27インチ Mid 2010
  • Mid 2011〜Mid 2014
  • ただし、上記のいづれも macOSは High Sierra以前であることが前提

 

今回、このターゲットディスプレイの機能を、Windows 10 パソコン 5台で試してみました。Windows 10 パソコンを接続する汎用性では、Mini DisplayPortを搭載する iMacが行いやすく、私はMini DisplayPortを搭載の「iMac 27インチ Mid 2010」を中古で購入しました。

ちなみに、購入した iMacは、ヤフオクにてジャンク品を税込 9,900円で購入したもの。ディスプレイに黄ばみあり、HDDエラーありの製品でしたが、ディスプレイの黄ばみは色温度の調整により、HDDのエラーはSSDに交換することにより復旧。

液晶に黄ばみのある iMacを「ディスプレイキャリブレータ」で補正する手順
「ディスプレイに黄ばみあり」と明記された中古の「iMac 27インチ Mid 2010」を、ターゲットディスプレイでの使用を目的に購入した私。デフォルトの設定で使用していると、やはり黄ばみが目立ち目が疲れてしまいます。そこで、iMa...

 

▼ちなみに、Windows 10 PCのターゲットディスプレイの検証にあたり、購入したケーブルは以下。Mini DisplayPortのケーブルと、DisplayProt / Mini DisplayPortの変換ケーブルです。

 

▼また、私は以下の記事で記載のとおり、iMac 27インチの高さを調整していますが、背面からのケーブルの取り回しを考慮し(ケーブルの付け替えを楽に行うために)、延長ケーブルも購入しました。

iMac 27インチの背が高すぎるので、絶妙な高さに調整してみた。モニターアームなしでもスッキリ、疲れも軽減
中古で購入の iMac 27インチ Mid 2010のディスプレイの背が高く、見上げるような目線となるため、上の写真のように下げてみました。ディスプレイを垂直にした場合の机との隙間は1cmとなり、ほぼ限界な状態。今日は終日、在宅勤務...

Win 10 PC 5台、ターゲットディスプレイの動作状況

Windows 10のノートパソコン 1台、ミニPC 4台の合計 5台を、これらのMini DisplayPort、あるいはDisplayPortから、iMacのMini DisplayPortへ接続してみましたが、接続の結果は以下です。

  1. Core iを搭載のインテル GPU統合型チップ(CPUにGPUを組み込み)のPCでは、接続時に即認識。Windows 10 PCをケーブル接続し電源を入れると、キー操作なしで即画面が切り替わります。
  2. その後、iMacに接続のキーボードの「command + F2」の押下により、iMacのmacOSとWindowsが即時に切り替わります。
  3. ただし、Winddows 10のノートパソコンでは、ディスプレイを閉じると iMacに表示のWindows 10画面が終了し、iMacのmacOSに切り替わってしまいます。
  4. インテル GPU統合型チップのミニPCにおいては、初回接続、以降の「command + F2」の押下により、画面はスムーズに切り替えできます。ノートPC、ミニPCともに、Windows 10側は iMacと別に キーボードとマウスを用意する必要があるものの、通常どおりに動作します。
  5. GPUが外付けのミニPCでは、画面が一瞬ブラックアウトするものの、Windows 10の画面は表示されず。

 

5の外付GPUは、以下のGeforce GTX1050 Tiを搭載のミニPC「MINISFORUM H31G」ですが、このGPUはMacでの搭載例がないために、ターゲットディスプレイが動作しないのだろうと思われます。

MINISFORUM H31G 実機レビュー、Core i5 9500F,Geforce GTX1050 Ti搭載の驚愕ミニPCは、ボディの造りと冷却も万全
デスクトップ向けのインテル 第9世代のCPU「Core i5 9400F / Core i5 9500F / Core i7 9700F」を搭載し、GPUに「NVIDIA Geforce GTX1050 Ti」を装備するハイエンドな...

▲▼こちらの「MINISFORUM H31G」では動作せず。

 

▲▼こちらの Core i5-8259Uを搭載する「MINISFORUM U820」では正常動作。手前にある白いものは、上の段落で紹介の DisplayPortとMini DisplayPortの変換アダプター。変換アダプターを介しての DisplayPortでの接続です。

MINISFORUM U820 実機レビュー、Core i5-8259U / PCIe SSDの快速仕様に 2.5インチ SSD 2基を簡単に増設可能。静音でバランスのよいミニPC
エントリークラスからハイエンドまで、多くのミニPCを展開する「MINISFORUM」。同社より最近リリースされた製品が、第10世代のCore i5-10210Uを搭載する「U850」と、第8世代のCore i5-8259Uを搭載する...

 

▲▼「BMAX B4 Pro」のMini DisplayPort経由での接続では正常動作。在宅勤務にて終日利用しましたが、エラーとなることもなく、27インチの大きな画面で快適です。

BMAX B4 Pro 実機レビュー、Core i3-8145UにPCIe SSD、Win 10 Proの快適仕様。4万円未満でメイン利用可能なミニPC
BMAXよりリリースされているミニPCのなかで、ハイエンドとなるBMAX B4 Pro。CPUに第8世代のCore i3-8145Uを搭載し、ミニPCのデフォルトのストレージとしては珍しく、SATAより高速なPCIe 接続のSSDを...

 

▲▼実際に接続して利用している様子ですが、Core i3-1005G1を搭載の「MINISFORUM X35G」は正常動作。DisplayPort経由での接続です。

MINISFORUM X35G 実機レビュー、Core i3-1005G1に高品質ボディと静音性で人気となる予感。Amazonでも販売に
Amazonでも販売している「MINISFORUM」のミニPC。ミニPC専門ブランドとして、エントリークラスからハイエンドまで多くのランナップがありますが、Indiegogoサイトにて 10月14日からクラウドファンディングを開始の製品...

 

▲▼Lenovo ThinkPad X1 Carbon 2016モデルを MiniDisplay Port経由で接続。iMac側の解像度を調整前(下の設定画面は調整後)ですが、ThinkPadの画面を閉じない限りは正常動作します。

まとめ

Mini DisplayPortを搭載する iMac 27インチ Mid 2010にて、Mini DisplayPort あるいは DisplayPortを搭載する Windows 10 PCのターゲットディスプレイの動作状況を確認してみました。

インテル Core iシリーズを搭載する Windows 10 PCに限定した確認であり、AMD Ryzenやインテル Celeron (Gemini Lake / Apollo Lakeなど)を搭載するPCでは未確認ですが、GPU統合型チップを搭載する場合には、正常動作しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました