広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Fire HD 10 2021/2019のCPU MT8183のベンチマークスコアを、他のAndorid端末と比較してみた

Fire HD 10のCPU(SoC)には、第9世代の2019年モデル、第11世代の2021年モデルともに「MediaTek MT8183」が採用されていますが、ベンチマークスコアの他のAndroid タブレットの比較が気になるところではないでしょうか。

そこで、Fire HD 10と同じく MT8183を搭載する Android 12 タブレットのベンチマークスコアを、他のAndroid タブレットのスコアと比較してみました。

Amazonの販売情報はこちら

Fire HD 10、第11世代 2021年モデル

スポンサーリンク

Fire HD 10に搭載のCPU(Soc)について

Fire HD 10も含めて、Fire タブレット・Fire TV Stickのスペックの詳細は以下のサイトにて確認することができます。

Amazon デベロッパー

 

▼上記サイトとAmazon サイトから抜粋のFire HD 10 第11世代 2021年モデルのスペックは以下です。冒頭に記載のとおり、第9世代 2019年モデルも同じCPUを搭載しています。

CPUMediaTek MT8183、8コア、Cortex A-73 x 4  Cortex A53 x 4
GPUARM Mali-G72 MP3
メモリ3GB
ストレージ32 / 64GB
ディスプレイ10.1インチ、IPS 、解像度 1920 x 1200、224ppi
WiFi、BluetoothWiFi 11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0 LE
LTE未対応
カメラフロント 2百万画素、リア 5百万画素
バッテリー容量
サイズ247 x 166 x 9.2mm、465g
OSFire OS 7、Android 9ベース
その他Widevine L1をサポート

 

2023年5月現在のTeclast / CHUWI / Blackviewなどの 10インチタブレット 主力製品比較でのコメントは以下です。

  • MediaTek MT8183のパフォーマンスは、他ブランドの主力製品と比較しても遜色ありません(後述)。
  • また、さすがに Amazon 製品ですので、Netflix / huluなどをFHD画質で視聴可能な「Widevine L1」をサポートしていることは頼もしい。他ブランドの主力製品では、サポートしていないこともあります。
  • ただし、メモリ・ストレージ搭載量が少なく、OSがAndroid 9ベースであることは見劣りします。
  • カメラの画素数も低いですが、Android タブレットのカメラは メモ書き代替の趣きとなるため、この画素数でもOKとの認識です。

MT8183のベンチマークスコア

上の写真の「N-one NPad Plus 2023モデル」には Fire HD 10と同じく「MT8183」が搭載されていますので、実機で計測のベンチマークスコアを掲載します。なお、ピュアなAndroidとFire OS、メモリ搭載量やストレージの種類も異なるため(NPad Plusは高速なストレージを搭載)、単純に同スコアが Fire HD 10に当てはまるものではありません

 

▼「N-one NPad Plus 2023モデル」の実機レビュー記事は、以下の記事に掲載しています(クーポン情報もあります)。

N-One NPad Plus 実機レビュー、MT8183を搭載し AnTuTu スコアは約23万 。金属製ユニボディで上質なAndorid タブレット
今回レビューする製品は、CPUにFire HD 10と同じく「MT8183」を搭載する 10.36インチのAndroid タブレット「N-one NPad Plus 2023モデル」。従来モデルはメモリ 6GBでしたが、8GBに増量され...

 

▼アプリ「Device Info HW」で抽出の「NPad Plus」のCPUの情報。Fire HD 10と同じく、MT8183 / Cortex A-73 x 4, Cortex A53 x 4

 

▼AnTuTu ベンチマーク v9のスコアは 229,471

 

▼Geekbench 6のスコアは「シングルコア 323、マルチコア 1185」

 

▼なお、以下の記事で実機レビューの「ASUS Chromebook Detachable CM3」にも、MT8183が搭載されています。

ASUS Detachable CM3、脱着式キーボードの2in1 10.5型 Chromebookの特徴。CPUはFire HD 10と同じMT8183を搭載
ASUSからリリースされた「Chromebook Detachable CM3」。脱着式のキーボードに、縦横に調整可能なスタンドを装備する、新しいスタイルの2 in 1 Chromebookです。驚いたことに、CPUは Fire HD ...

MT8183、他のAndroid 端末とのベンチスコア比較

Fire HD 10に搭載のMT8183のベンチスコアはどれほどのものか。以下の記事に、これまでレビューしたエントリーからミドルレンジクラスのAndroid 端末をメインに、AnTuTu ベンチスコアを一覧化していますが、MT8183と近いCPU / 端末を抜粋しました(参考までに、上位と下位の端末も掲載しています)。

AnTuTu ベンチマーク スコア一覧、スコアに応じた動作の指標
エントリーからミドルレンジクラスのスマホ・タブレットがメインとなりますが、主に2022年以降に実機レビュー あるいは紹介のAndroid スマホ・タブレットのAnTuTu ベンチスコアを一覧形式で整理しました。また、同時にこれまでの実機...

 

CPU(SoC)AnTuTu スコアレビュー、紹介記事記載時期
Snapdragon 860550,918POCO X3 Pro2021年5月
Dimensity 800U334,463realme 7 5G2021年2月
Helio G85256,822Blackview Tab 132022年10月
Snapdragon 680252,447CHUWI HiPad Max2022年11月
UNISOC T616247,769N-one NPad Pro2023年4月
Helio P70232,598Blackview A952022年2月
UNISOC T606232,472Blackview Tab 12 Pro2022年4月
MT8183229,471N-one NPad Plus2023年5月
UNISOC T606227,854Blackview OSCAL Pad 102023年1月
UNISOC T310147,561Blackview Tab 62022年1月
UNISOC T310172,718BMAX I10 Pro2022年6月
Helio G35119,645UleFone Power Armor 142022年3月
UNISOC SC9863A101,385Blackview Tab 122022年6月

 

▲10インチ Android タブレットの売れ筋としては、CPUにUNISOC T618 / T616 / T606、Snapdragon 680を搭載する製品ですが、MT8183もいい位置につけています。体感レスポンスは AnTuTu ベンチスコア 25万前後の製品と同様に、Web ブラウザ、SNSや動画のアプリでは 遅さを感じることなく、サクサクと動作します。

上表では参考までに、AnTuTu スコア 約55万、約33万の上位のスマホも掲載していますが、MT8183の端末と比較すると、普段使いでは「多少 キビキビとしているかも」と感じる程度で、大きな差はありません。

AnTuTu スコアが25万超のAndroid タブレットの場合、スコアよりも急速充電の対応有無、動画視聴の多い方は FHDで動画視聴できる「Widevine L1への対応」を重視すべきとの認識です。

まとめ

Fire HD 10 第9世代 2019年モデル、第11世代 2021年モデルともに、CPUに「MediaTek MT8183」を搭載していますが、同CPUを搭載するピュアなAndorid タブレットでのAnTuTu ベンチスコアは229,471。普段使いでは、サクサクと動作する水準です。

ただし、現行のFire HD 10 2021モデルは メモリ搭載量が 3GBと少なく、OSもAndroid 9がベースと古いため、多少差し引く必要もあるかと思います。

 

 

▼こちらは同一CPUを搭載し、メモリ 8GB、高速ストレージのUFS 2.1を搭載し、金属ボディの「N-one NPad Plus 2023モデル」

 

2023年6月16日追記。CPU(SoC)にMediatek MT8188Jを搭載する「Fire Max 11」が発売となりました。初めて見聞きする型番ですが、現在、ベンチマークなどの詳細情報を確認中です。