Fire HD 10 2021モデルの詳細スペック、メモリ増量となるも CPUのMT8183は2019モデルと変わらず

Amazonよりリリースされた「Fire HD 10 2021モデル」と「Fire HD 10 Plus」。上の画像のとおり、別売りで専用のキーボード付きカバーが用意され、Fire HD 10 Plusは、FIre HD 8 Plusと同様にワイヤレス充電に対応しています。さらには、「Fire HD 10 エッセンシャルセット」は、キーボード付きカバーと Microsoft 365 Personalが付属する豪華な仕様。

Fire HD 10 2019モデルとの比較では、メモリが2GBから3GB(HD 10 Plusは4GB)と増量していますが、私としては、CPUなどの詳細スペックとレスポンスが気になるところですので、海外サイトを頼りに探ってみました(後日、Amazon デベロッパーサイトにて公開されました)。

2021年6月21日のプライムデーセールにて、6,000円オフで販売されています。通常価格では、一般的なAndorid タブレットの購入と悩ましいですが、6,000円オフなら購入もありです。
スポンサーリンク

Fire HD 10 2021モデルのスペック

2021年5月26日の正式販売後には、Amazon デベロッパーサイトに CPUやGPUなどの詳細スペックが掲載されますが、4月28日時点では以下の海外サイトより引用しました。引用でもあり、見出しは「想定」としています。

GSMArena.com

 

正式販売後に上記のデベロッパーサイトにてスペックが公開されていますが、下表どおりでした

CPUMediatek MT8183 (Helio P60T)、8コア
GPUMali-G72 MP3
メモリ3GB、Fire HD 10 Plusは4GB
ストレージ32GB / 64GB
ディスプレイ10.1インチ、IPS、解像度 1920 x 1200
WiFi、Bluetooth11 ac/a/b/g/n、Bluetooth 5.0
LTE未対応
カメラフロント 2百万画素 、リア 5百万画素
バッテリー容量未確認、USB Type-C
サイズ(本体)247 x 166 x 9.2 mm、465g
OSFire OS 7, Android 9.0ベース
その他別売りで キーボード付きカバーを用意

 

残念ながら、CPUのMediatek MT8183 (Helio P60T)と、GPUのMali-G72 MP3は、Fire HD 10 2019モデルと変わらず。

Fire HD 10 2019モデルの記事(Fire HD 10 2019のCPU MT8183のベンチマークスコアを、他のAndorid端末と比較してみた)にも記載していますが、一般的なAndroid タブレットでのMT8183のGeekbench 4 CPUベンチマークスコアは以下となり、中国ブランドの1万円台半ば以降のスマホと大きく変わらず。ただし、この程度のスコアとなると、ブラウザなどの軽量アプリは普通に動作します。

 

Fire HD 10 2019モデルとの比較では、メモリが2GBから3GBに(HD 10 Plusは4GB)なったことが大きく、ようやくエントリークラスのAndroidタブレット並みとなりました。

その他、Fire HD 10 2019モデルとの相違は以下などがあります。

  • Bluetoothは4.2から5.0にスペックアップ。
  • リアカメラは2百万画素から5百万画素に。ただし、最低限のメモ書き代替となり、大きな進化ではありません。
  • サイズは、2019モデルの262 x 159 x 9.8 mmから247 x 166 x 9.2 mmへと、一回りコンパクトに。ディスプレイサイズは同じであるため、ベゼル幅が狭くなっていると思われます。

 

▼「Fire HD 10 エッセンシャルセット」の Microsoft 365 Personalが付属することについては、Fire HD 10でOfficeを使用することに疑問も感じますが、多くの方にとって待望の専用キーボードが別売りで用意されていることは、大きなニュースです。以下の画像を見る限りでは、キーの配置に違和感もなく、10インチクラスともなると快適にタイピングできることでしょう。

▲キーボードはBluetooth接続。キーボード付きカバーの価格は 5,980円ですが、本体と比較すると割高のように感じます。

まとめ

海外サイトからの引用ですが、速報ベースでFire HD 10 2021モデルのCPU / GPUなどのスペックを記載しました。Fire HD 2019モデルとの比較では、メモリ 2GBが3GB(HD 10 Plusは4GB)となり、キーボード付きカバーが用意されていることは、大いに評価すべきこと。

一方、CPUとGPUはスペックアップなしですが、モデルの年式は2年のブランクがあり、もうワンランク上のCPUでもよかったように思います。

2021年6月21日のプライムデーセールにて、6,000円オフで販売されています。通常価格では、Goole Playなどとの汎用性を考慮すると、一般的なAndorid タブレットの購入と悩ましいですが、6,000円オフなら購入もありです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました