広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

MacでWindowsのParallelsを19に更新、Mac 仮想環境 WindowsでTouch ID サインインの使用感

上のスクショは、M1 MacBook AirにParallels Desktopを導入し、Macの仮想環境にWindows 11と10をインストールし表示したものです。私はM1 MacBook AirとM2 Pro Mac miniにParallels Desktopを導入していますが、今回 Parallels Desktopを18から19に更新しました。

Version 19の最大の特徴は、Widnows側でのTouch ID(指紋認証)に対応したこと。M1 / M2 MacBookのTouch IDにより Windowsのサインインを行うことができます。

公式サイトはこちら 文末に 9月11日まで有効な、10%オフのクーポン情報を掲載しています。

Parallels Desktop 19 for Mac

 

スポンサーリンク

Parallels Desktop 19に更新

Parallels Desktop、M1 Mac / M2 Macの仮想環境へのWindowsの導入方法については、以下の記事に掲載しています。Parallelsを導入すると、同アプリ内でWindowsのダウンロード・インストールが完了します。ただし、Parallelsは有料(無料版で試すこともできます)、別途 Windowsのライセンスが必要です。

M2 Pro Mac mini / RAM 16GBに Parallels / Windows 11を導入。導入方法と体感レスポンス

 

私はすでに M1 MacBook AirとM2 Pro Mac miniにParallels Desktopを導入済ですので、ここでは Version 18から19への更新について記載します。

なお、Versionにかかわらず、macOS内でWindows / Windows アプリがシームレスで使え、キーボード・マウスも共有できるために便利です。レスポンスは上の記事を参照ください。M2 Pro Mac mini RAM 16GB機でのWindows 操作は快適、M1 MacBook Air RAM 8GB機では、メモリがやや厳しいものの、Gemini Lake (Celeron) N4100を搭載する Windows PC程度には動作します。

 

▲▼下のアップデート画面が表示されている場合には、右下の「アップデートをインストールする」を押下します。表示されていない場合、上の画像のDockから「更新をチェック」で表示できます。

なお、Version 19へのアップデートにより、以下の画像に記載のとおり、macOS Sonomaにも最適化されているとのこと。

 

▼ダウンロードファイルの容量は約307MB。ダウロード後の更新は3分程度であったはず。

 

▼画面に従い、「Parallels Tools」をアップデートします。これにより、アップデート前と同様に Parallelsの仮想環境でWindowsを利用することができます。

 

Parallels、WindowsでTouch IDの使用感

Windows側で設定することなく、Parallels Desktop 19の導入・更新後に即 M1 / M2 MacのTouch IDの利用により Windowsのログインできます。

Macと同様に指紋認証の精度は高いのですが、Mac / Windows PCと比較すると、認識に要する時間はワンテンポ遅れるイメージです。ただし、実用性としては十分です。

 

▼Windows側の「サインインオプション」の「指紋認識」では「このオプションは現在利用できません」となっていますが、Parallels側で設定されています。

 

▼ログイン画面の一部を拡大。「Touch IDでログイン」とあるとおり、M1 / M2 MacBookのTouch IDでログインできます。前述のとおり、精度は高いのですが、macOS側 / Windows PCの指紋認証と比較すると、ワンテンポ(数秒)遅れるイメージです。ただし、実用性は十分です。

 

2023年8月30日現在の通常版の年間サブスクリプション価格は 10,400円ですが、クーポン「58L-KFB-931」の利用により 10%オフの9,360円となります(9月11日まで)

公式サイトはこちら

Parallels Desktop 19 for Mac

 

▼Parallels Desktopの導入方法については、以下の記事を参照ください。Parallels DesktopでのWindows 11 / 10のインストールは、Windows PCへの Windows クリーンインストールより簡単です。なお、以下の記事は、Mac miniへの導入ですが、文中に記載のとおり、私はM1 MacBook Airにも導入済、Parallels Desktop 19のTouch IDの動作を確認済です。

M2 Pro Mac mini / RAM 16GBに Parallels / Windows 11を導入。導入方法と体感レスポンス