MINISFORUM HX90G、グラボにRadeon RX 6600Mを搭載のミニPC。CPUはHX90と同じくRyzen 9 5900HX、GPUが向上

MINISFORUMより、ミニPC「EliteMini HX90G」がリリースされました。CPUには 8コア16スレッドのAMD Ryzen 9 5900HX、グラボはAMD Radeon RX 6600Mを搭載しています。また、冷却対応として、CPUとGPUに液体金属熱伝導材、7本のヒートパイプ、デュアルファンを搭載し、ボディの素材はカーボン(炭素繊維複合材料)を多用しています。

引用元

MINISFORUM 公式ストア、EliteMini HX90G

スポンサーリンク

MINISFORUM HX90Gのスペック

MINISFORUM HX90Gのスペックは以下となります。公式ストアのスペック表に記載のGPUは「AMD Radeon RX 6650M」とありますが、MINISFORUMさんから受領の資料と公式ストアの画像にはAMD Radeon RX 6600M」とあり、おそらく後者が正しいと思われます。

CPUAMD Ryzen 9 5900HX、8コア 16スレッド、最大 4.6GHz
GPUAMD Radeon RX 6600M
メモリ16GB / 32GB / 64GB、ベアボーン
ストレージM.2 2280 256GB / 512GB PCIe SSD、M.2 2280 PCIe / SATA 空きポートあり
WiFi(WIFI6 AX200をサポート)
Bluetooth5.0
ポート類USB 3.2 x 4、USB 3.1、USB Type-C、HDMI x 2、Display Port x 2、有線LAN
サイズ205 × 203 ×69.3mm
OSWindows 11 Pro

 

Ryzen 9 5900HX搭載のハイスペック ミニPC「MINISFORUM HX90」、縦置き、ボディ素材は炭素繊維複合材料
多くのミニPCを展開する「MINISFORUM」より、8コア 16スレッドのAMD Ryzen 9 5900HXを搭載する「MINISFORUM HX90」が同社のオンラインストアで販売開始となりました。同社のミニPCとしては、これ...

▲先行販売・Amazonでも販売している(同じくCPUにAMD Ryzen 9 5900HXを搭載の)「HX90」と、CPUやデザイン・カーボン素材で同様の構成ですが、以下などで異なっています。

  • 「HX90」のGPUが統合型の「Radeon RX Vega 8」に対して、「HX90G」は「Radeon RX 6600M」を搭載し、統合型以上にゲーミング向けとしています。
  • 一見して、HX90GはHX90と同ボディに見えますが、サイズ 195 ×190 × 60mmのHX90に対して、HX90Gは205 × 203 ×69.3mmとそれぞれが1cm近く大きくなっています。
  • HX90は 2.5インチ SSD / HDDを2基増設できますが、HX90Gはヒートシンク・ファンなどの厚みがあるため、2.5インチ SSD / HDDを増設できず。ただし、M.2 2280サイズの空きポートがあり、PCIe SSD あるいはSATA SSDを増設することができます。

 

AMD Ryzen 9 5900HXのCINEBENCH R23のスコアは、Single-Coreは 1478、Multi-Coreは 13875と、インテルのCPUでは Core i7-11700T相当。HX90Gは GPUにAMD Radeon RX 6600Mの搭載のより、Multi-Coreはさらにハイスコア。

私はゲームを行わないためにコメントできないのですが、公式ストアの概要では以下(一部抜粋)のゲームでのテスト情報も掲載されています。

 

▼画像が粗くなりましたが、M.2 2280の空きポートに、SATA あるいは NVMe PCIe SSD (x4をサポート)を増設することができます。

MINISFORUM HX90Gの外観

スタンド付属で縦置きにも対応する「HX90G」ですが、個人的な興味により、GPUが統合型で同CPUを搭載・同じくボディにカーボンを多用する「HX90」の画像も掲載しました。

HX90Gのみを一見して同デザインとも思ったのですが、パンチングの大きさ・形状や、四隅の処理も異なるうえに、スタンドも別物になっています。また、上述のとおりサイズも異なります(HX90Gが各辺ともに約1cm大きい)。

 

▼赤の部分、およびパンチング、スタンドにもカーボンを用い、熱伝導(冷却)と軽量化に貢献しています。ただし、熱伝導においては、専門サイトを参照しても ミニPCやノートPCで採用されることの多いアルミがより優れているとの認識です。

 

▼USB x 5に加え、外部映像出力が HDMI x 2 / DisplayPort x 2と豊富であり、4K@60Hz x 4画面に対応しています。

 

▼横置きでの底面のパンチングは塞がっていますが、縦置きでの上下も含めて 空流を考慮した大きな通気口があります。また、天板からCPUとGPUのファンを垣間見ることができます。

 

▼ AMD Ryzen 9 5900HX / Radeon RX 6600M搭載でもあり、DC 19Vの電源アダプターは大きめです。

まとめ

ハイエンドなミニPCのラインナップが多い「MINISFORUM」ですが、今回リリースの「HX90G」は、従来の「HX90」にGPU「AMD Radeon RX 6600M」を装備し、デザインを多少変更した製品と言えそうです。一般的には「HX90」で十分ですが、GPUと M.2 2280の空きポートに惹かれます。

 

▼2022年9月17日現在では予約販売中、出荷は11月中旬です。最安構成のベアボーンは105,504円、ハイエンド構成のメモリ 64GB / SSD 512GB版は 145,592円

MINISFORUM 公式ストア、EliteMini HX90G

 

▼こちらは「HX90」の販売情報

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました