iMac 27 Mid 2010のCPUをCore i3-550から Core i7-870に換装。CPU換装前後のベンチスコアと工程のポイント

先日、異音が発生していた「iMac 27インチ Mid 2010」の電源を交換し、異音は無事に解消。その際に、CPUを Core i3-550から Core i7-870に換装、さらにロジックボードに装備のSATAの空きポートを利用し、2nd SSDを増設しました。今回はこのうち、CPU換装について、システム情報とベンチマークスコア、換装のポイントについて記載します。

なお、今更ながらの2010年モデルのCPU換装ですが、ベンチスコア・体感レスポンスともに「多少よくなった」程度です。ただし、(半年以上前の中古CPUの購入で記憶にないのですが)2,000円前後の出費で、第1世代ながらも Core i7-870 4コア8スレッド化したことを思うと、私としては満足です。

関連記事

異音発生のiMac 27 Mid 2010、電源交換により異音は解消、快適な作業環境に

スポンサーリンク

CPU換装後のシステム情報とベンチマークスコア

もともと、メモリ 12GB(4GB x 2 + 2GB x 2)を搭載していたのですが、CPU換装後は なぜか 2GB x 2を認識せず、12GBを搭載すると ビープ音3回のメモリ不整合エラーが生じます。このため、現時点ではメモリ 8GBとしています。Core -7-870の場合には最大 32GBを搭載できるため、32GBとしたうえで 仮想環境でのWindows 11導入を目論んでいます。

 

▼プロセッサは「Core i7」と一発で認識。

 

▼Geekbench 5のCPU ベンチマークスコア。

上はCPU換装前のCore i3-550、下は換装後のCore i7-870。シングルコアのスコアは「522から597」、「マルチコアは 1172から1986」へと向上しましたが、シングルコアは大きな変化ではありません。

 

▼以下の記事にて、これまでに実機レビュー、あるいは記事にて紹介のPCの Geekbench 5のスコアを一覧化していますが、Core i7-870のスコアは、MacBook 12 2016モデルのCore m3-6Y30、あるいはCore i3-6100U相当です。体感的には、Core m3-6Y30よりもキビキビと動作しています。

PC 実機で計測、Geekbench CPU ベンチマークスコアの一覧、サクサクと動作するスコアの指標
これまで実機レビュー、あるいは紹介したWindows PC / Macのサイト内検索、私自身の参照用の位置づけとなりますが、私がPCのパフォーマンスを確認するうえで指標の一つとしている「Geekbench 5、CPU ベンチマークス...

 

▼Geekbench 5のシステム情報。4コア8スレッドのCore i7-870と正しく認識しています。

 

▲詳細は別記事としますが、増設した120GB SSDの情報。(詳細は別記事としつつも)SSD増設の写真とコメントを以下に記載しました。

 

▼ロジックボードの裏側にあるSATA ポート(外したロジックボードで確認した写真です)。2個のうち1個は標準装備のHDD(SSDに換装済)で使用、1個は空きですので、こちらにSATAケーブルを接続、電源は既存のHDDのものを分岐して接続。

 

▼中央にSSDを重ねて設置しています。DVDドライブの裏に装着している事例が多いのですが、後日のSSD交換、メンテを考慮しての配置です。

 

▼SSDの増設のために購入した、電源分岐ケーブルとSATA ケーブル(合計 1,200円弱)。SSDの増設は別記事としますが、SATA ケーブルは、もう少し細身の柔らかな製品がよかったです。ファンと干渉し、コネクタ部分が少し破損しました。

CPU換装のポイント

覚悟はしていましが、ロジックボードの取り外しに時間を要しました。電源交換、CPU交換、2nd SSDの取付で、Webサイトと動画の参照も含めて半日コースでした。

購入したパーツ

CPU交換に限定すると購入したパーツは、中古のCore i7-870(半年以上前に購入したのですが、フリマにて 2,000円前後だったと記憶)と、CPU グリス。その他、ガラスパネル、ディスプレイ、ロジックボードの取り外しに、T8 / T10のドライバーが必要です。

 

▼約400円の安価なCPU グリスを購入しました。

 

▼ガラスパネル・ディスプレイ・ロジックボードの取り外しには、T8、T10のドライバーは必須です。

参照した動画・サイト

今更ながらの、iMac 27インチ Mid 2010のCPU交換であること、今回は作業に集中したこと、工程が多いために写真と文字では表現しきれず、手順の説明は省略します。

手順の詳細は、以下のサイト、動画を参照ください。なお、IFIXIT サイトの下記1は肝心なロジックボードの取り外しの説明がなく、2と同時に参照するとよいです。

  1. IFIXIT サイト「iMac Intel Core i3 CPUからCore i7にアップグレードする」
  2. IFIXIT サイト「iMac Intel 27インチモデル(EMC 2390)への Dual HDD or SSD Drive」
  3. iMac27インチのCPUをi5からi7に!ついでにSSD化も! (マカロンさん、Vlog)
  4. iMac 27″ middle 2010 CPU upgrade & SSD addition(海外動画)

工程のポイント

写真を掲載しつつ、CPU交換のポイントとなる工程の一部を記載します。

 

▼ディスプレイの取り外し中。液晶とロジックボードは4本のケーブルが接続されているため、写真のように空き箱などで支えつつ、ケーブルを取り外す必要があります。

慣れると簡単ですが、初めての場合には写真右側にある LEDドライバボードのケーブル取り外しが固く、戸惑うかとも思います。

 

▼ディスプレイの取り外し後。CPU交換で取り外すロジックボードは写真上の中央。ネジで接続されているシルバーのヒートシンク二つをあわせて外します。真ん中のSSDの右は電源、その右はLEDドライバボード。メモリ はこの段階で外しています。

▲▼電源とLEDドライバボードの交換の記事はこちら(CPUの交換では、これらを取り外す必要はありません)。

異音発生のiMac 27 Mid 2010、電源交換により異音は解消、快適な作業環境に
他のMacからのターゲットディスプレイや、2.5K 解像度のディスプレイにより、私にとっては今でも欠かせない「iMac 27インチ Mid 2010」。中古での購入時から異音に悩まされていましたが、ヤフオクで購入の中古のバッテリーに...
旧型 iMacの異音対応で LED ドライバーボードを交換するも、異音は解消できず
中古で購入した「iMac 27インチ Mid 2010」から「ジリジリ」「ジジジ」と異音が発生し、液晶の明るさにより音量も連動するため「LED ドライバーボード(上の写真右側)」の不良を疑っていました。そこで、ヤフオクで購入したボー...

 

▼詳細は省略しますが、各種温度センサーも含めて、取り外す小さいケーブルとネジが多いです。私はケーブルの配置の写真をとりつつ作業したのですが、ケーブル端子はそれぞれ異なるため、ケーブルの取付は容易でした。一方、ヒートシンクを固定する小さな金具を紛失したのですが、何とかなっています。

 

▼ロジックボードを取り外す直前。私がやってしまったのか、あるいは中古での購入時からなのか、右中央のヒートシンクの端が曲がっていました。

 

▼ロジックボード裏には、こちらの電源ケーブルと(写真は外した後ですが)SATA ケーブル、HDD 温度センサーのケーブルがあり、これらを外す必要があります。

 

▼ようやくロジックボードが外れました。前述のWeb サイト・動画を参照しつつ、ロジックボードの取り外しのみで 約2時間程度 要したような感覚です。

 

▼交換前のCPU。立派なヒートパイプ・ヒートシンクが備わっています。

 

▼左はCore i7-870、右はCore i3-550

 

▼Core i7-870を取り付けました。久しぶりのCPU交換でもあり、グリスの塗り方は上手くないです。

 

▼ロジックボードを戻す写真は割愛しますが、取り外しに比べるとあっさりと完了。

 

▼SSDの増設も難なく完了。120GBと小容量のSSDを追加しましたが、今後 大容量のSSDに交換する可能性があることも踏まえ、弱めの両面テープで メインのSSDに重ねて置いています。

 

▼前述のとおり、メモリ 4枚を戻すと、ピープ音3回のメモリ エラーで起動せず。4GB x 2、8GB x 2の構成でしたが、設置場所の変更などを行ってもエラーは変わらず。現在のところ、4GB x 2で安定動作しています。

まとめ

電源交換、CPU換装、2nd SSDの増設をまとめて行いましたが、約半日の作業でした。CPUのCore i3-550から Core i7-870への換装については、ベンチマークスコアとしては大きな変化はなく、「多少 キビキビとしているかも」程度のもの。

 

▼2nd SSD増設の記事はこちら。

iMac 27 Mid 2010、ロジックボードの空ポート利用により 2nd SSDを増設。使用したケーブルと増設のポイント
2023年1月現在では約12年落ちの「iMac 27インチ Mid 2010」。ターゲートディスプレイにより、MacやWindowsの外部ディスプレイとして利用できることにより、今なお便利に利用しています。 また、安価でカスタ...

 

コメント

楽天市場 人気製品

タイトルとURLをコピーしました