Blackview BV7200、Helio G85搭載のタフネススマホ。50MP カメラ、モバイルバッテリー機能、背面のIndicator Lightと装備も充実

Blackviewより タフネススマホ「BV7200」がリリースされました。2022年11月1日から開始のAliExpressでのセール価格は 159.99ドルと表示されています。タフネススマホとしてのIP68&IP69Kの防塵・防水機能はもとより、CPUにAnTuTu ベンチスコア  約25万となる Helio G85を搭載し、メモリ 6GB、メインカメラは50百万画素、5180mAhのバッテリーは 18Wの急速充電・スマホなどへの給電も可能と充実しています。

また、背面に「Indicator Light」を搭載し、ディスプレイのロック解除を行わなくても、メール・着信通知などを確認できることも大きな特徴です。

引用元・販売元

Blackview BV7200、AliExpress

スポンサーリンク

Blackview BV7200のスペック

冒頭に記載のとおり、Helio G85、メモリ 6GB(+4GB 拡張機能)、ストレージ 128GB、1バッテリーは18Wの急速充電、スマホなどへの給電も可能と充実していますが、6.1インチ ディスプレイの解像度は1560 x 720となり FHDではありません。

CPUMediaTek Helio G85、8コア
GPUMali-G52 MC2
メモリ6GB
ストレージ128GB
ディスプレイ6.1インチ、解像度 1560 x 720
リアカメラ50百万画素 メイン+8百万画素 ワイド・マクロ+0.3百万画素
フロントカメラ8百万画素
WiFi11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
SIMDual Nano SIM
LTE 対応バンドFDD  :B1/B3/B7/B8/B20
TDD  : B40
バッテリー5180mAh、18W 急速充電
サイズ165.3 x 81.6 x 16mm、288g
OSDoke OS 3.0、Android 12ベース
その他IP68&IP69Kの防塵・防水

 

Blackview Tab 13 実機レビュー、Helio G85を搭載し AnTuTu スコア以上にキビキビと動作、アルミ製の背面も上質
今回レビューする製品は、Blackviewの10インチタブレット「Tab 13」です。他社製品も含めて、ミドルレンジの10インチタブレットでは、CPU(SoC)に「UNISOC T618」を搭載する製品が多いなか、本製品は「Medi...

スペックの補足は以下となります。

  1. CPUのHelio G85のAnTuTu ベンチスコアは、上のTab 13の実機レビューに掲載していますが、スコア約25万となり、ブラウザやSNS系アプリなどの普段使いではキビキビと動作します。
  2. 物理メモリ 6GBに加え、ストレージの4GBをメモリに割り当てることができます。
  3. 6.1インチのディスプレイはFHDではなく1560 x 720となりますが、私の同クラスの解像度の使用感では、FHDのスマホと並べて じっくりと見ない限りは、相違を確認できるものではありません。
  4. 5180mAhのバッテリーは18Wの急速充電に対応するほか、モバイルバッテリーとしての機能もあり、スマホなどへの給電も可能です。
  5. 指紋認証は、サイドの電源ボタンと兼用。
  6. グローブをしたままスマホを操作可能な「グローブモード」を装備しています。

 

▼上記3のディスプレイの解像度については、以下のレビュー記事を参照。S60 Proは 解像度 1440 x 720ですが、粗さが気になるほどではありません。

Blackview Oscal S60 Pro、タフネススマホの実機レビュー、ナイトカメラは暗闇での撮影で想像以上の効果を発揮
Blackviewより販売の「Oscal S60 Pro」。Oscal シリーズは同社のエントリースマホの位置づけとなりますが、従来版のタフネススマホ「S60」のCPUとメモリなどを強化した Pro版となり、暗闇での写真撮影に効果的...

 

▼大きな特徴として、背面に「Indicator Light」を搭載し、ディスプレイのロック解除を行わなくても、メール・着信通知などを背面のライトで確認することができます。

 

▼6.1インチとしては大容量の5180mAhのバッテリーは、モバイルバッテリーとして スマホやスマートウォッチなどへの給電にも対応しています。

 

▼ディスプレイは6.1インチとコンパクト、360cdと明るい液晶です。また、画面専有率は83%と、タフネススマホとしては大きい部類です。

 

▼50百万画素のリアカメラのイメージセンサーはSamsung製、8百万画素のカメラはワイドとマクロをかねています。

Blackview BV7200の外観

続いて外観について記載します。背面はブラック・オレンジ・グリーンの3色展開、タフネススマホとしては、上下のベゼル幅はそれほど太くなく、前述のとおり画面占有率は83%となっています。

 

▼左上の50百万画素・8百万画素のカメラは大きくなく、カメラ周りの周囲と下部はパンチング加工状となっています。また、フレームはアルミ製で四隅は厚いTPUにより保護されています。

 

▼グローブモードを示す以下の画面で、実機のサイドと背面を垣間見ることができます。アルミ調のサイドは、タフネススマホの無骨さを軽減する よい印象です。また、タフネススマホとしては厚みもそれほど感じず。

まとめ

AliExpressでのセール価格 159.99ドルとエントリークラスの価格帯ですが、CPUにHelio G85、メモリ 6GB、50百万画素のメインカメラ、18Wの急速充電とコスパは十分。初めてのタフネススマホとしても おすすめできる端末です。

 

▼AliExpressのBlackview Official Storeでは 2022年11月1日から12日まで セールを開催。中央の価格はセール価格ではありませんが、左に159.99ドルとの表示があります。

Blackview BV7200、AliEpxress

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました