広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Windows 10、Core 2 Duo世代の中古パソコンでの使用感

私が現在(2018年2月)でもメイン機種並みに使用しているパソコンは、2015年6月に中古で8,888円(税別)にて購入し2010年製のCore 2 Duo機。Windows 7からWindows 10へアップデートしたPCです。

今回は、このCore 2 Duo世代でのWindows 10の使用感のレポート。ブログ編集(画像編集を含む)、Webサイト/動画閲覧、オフィスソフトの使用に限定した、しかもフィーリング的な使用感であることをご了承くださいませ(ベンチマークに基づく評価ではありません)。

 

関連記事

Core 2 Duo E7500 Win 10 PCはグラボ・SSD増設でまだまだ現役。久々利用の使用感(2019年5月)

スポンサーリンク

使用しているパソコンの概略

使用しているパソコンは、中古で8,888円(税別)で購入したNEC メイト(MY29RA-9。2010年2月出荷 。Windows 7 Proを搭載)。これをWindows 10 Proにアップデートしたものです。

f:id:kminebg1110:20160320083649j:plain

上のスクショのとおり、スペックは以下。内蔵電池が消耗していたため、交換しています(交換費用 200円ほど。コンビニでコイン型電池CR2032を購入し交換)。

  • CPUは、Core 2 DUO E7500 2.93GHz
  • メモリは2GB。ハードディスクは80GB

 

▼購入したパソコンと同型のものはこちら。中古のWinodws 7搭載機は1万円以下で多数あります。

▲▼2017年8月18日追記。購入した2年前は8,800円でしたが、同販売店・同スペックの中古は今や6,600円。現在では、9,800円でCore i3あるいはCore i5、メモリ4GBの中古が購入できます。

 

▼2019年5月13日追記。今となっては 旧世代のCore i3、SSD搭載機がおすすめ。Windows 10 Proの端末も多数あります。

中古のWin 10 PCが熱い、Win 10 Pro 第3世代 Core i3 新品SSD搭載で15,000円の事例も(2019年5月時点)
約4年前の2015年6月に、Core 2 DouのWindows 10 中古デスクトップPCを8,000円台で購入した私。以降、Windows 10への無料更新期間が終了し、やや割高になっていたWindows 10の中古デスクトップです...

Core 2 Duo世代でのWindows 10の使用感

ちなみに、以下のマイクロソフト公式サイトに、Windows 10をパソコンでの動作要件は、CPUは1.0GHz以上、メモリは32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GBとあります。

Windows 10 の仕様とシステム要件 – マイクロソフト

 

実際の使用感を列挙すると以下のとおりです。ポイントは、私の使用範囲である「ブログ編集・ブログ編集における画像編集・サイト/動画閲覧」では、CPUは必要にして十分、メモリ2GBはやや厳しい、となります。

 

  • シングルコアまたは初期のデュアルコアとWindows XPの組み合わせと比較すると、時々 Google Chromeがメモリ不足でフリーズする以外は快適。ChromeはXP・7・Windows 10でもフリーズしがちです。
  • Windows 10にアップグレードする前は、同機種でWinodws 7 Proを2カ月程度使用していましたが、全く遜色なし(むしろWindows 10のほうが快適かもしれない)。
  • タブレットでWindows 10を使用しているものの、他のデスクトップPCでのWindows 10の使用経験がないために的を得てないかもしれませんが、スタートメニューのレスポンスがやや緩慢。Atom 4コアを搭載するWindows 10 タブレットも同傾向であるため、スタートメニューのレスポンスがイマイチな点は、CPUなどのスペックにかかわらず、Windows 10 共通のことかもしれません。
  • ノートPC(初期のデュアルコア 1GHz・メモリ1GB)は、Linux (Zorin OS)の組み合わせで使用しています。これとの比較では、比較対象にならないほど、Core 2 Duo 2.93GHzの当機が快適。

 

▼こちらは、2011年製の第2世代 Core i5機でのWindows 10の使用感。2017年に多く販売されたApollo Lake機以上の快適さ。

Win 10化したMBA 11、7年前のCore i5 2コアでのベンチマークと使用感
7年前のMacBook Air 11 Mid 2011にて、Boot CampによるWindows 10を使用しているのですが、第2世代のCore i5 2コア 4スレッドのパソコンでのWindows 10の使用感はいかがなものか。Ma...

まとめ

ブログ編集、Excel・Word、Webサイト閲覧など軽い作業では、1万円以下で購入できるCore 2 Duo世代の中古パソコンでも、Windows 10は快適に動作します。

2018年2月の追記となりますが、以下のカスタマイズにより、ベンチマークではCeleron N3450を搭載するPCを凌駕しており、自宅でのネットワーク環境の快適さもあり、ライトユースでは会社で使用しているCore i5 / Core i7機よりも快適なようにも感じます。

 

Core 2 Duo機での Win 10の関連記事

▼ HDDのSSD化で快適仕様に。このSSD化による爆速ぶりには笑ってしまうほど。SSD化により、会社のCore i5 / Core i7機よりも、Core 2 Duo / SSD機がより快適に感じます。

Core 2 Duo機、SSDへの交換で悪戦苦闘も、苦労が吹き飛ぶ爆速仕様に

Core 2 Duo機を中古メモリで4GBに増設してみた

▼グラフィックス性能が弱かったために3,000円のグラボを増設した結果、Celeron N3450搭載のノートPCよりも、ベンチマークはスコアはかなりよい結果に。

Win 10 Core 2 Duo機に3,000円のグラボを増設。ベンチマークスコアが大きく向上

 

▼換装・増設したSSD・グラボはこちら。2つ合わせても1万円弱ですが、特にSSDの恩恵はすさまじく、もはやHDD機には戻れません。