Teclast M89、iPad miniサイズの6コア 金属製ボディのAndroidが登場

PC・タブレットをリリースする中国の新興メーカーのなかでも、特にコスパの優れた製品の多いTeclast。そのTeclastから、サイズ・解像度などiPad miniを意識した、アスペクト比 4:3のM89がリリースされました。

8インチクラスのタブレットの場合、iPad miniのアスペクト比が使いやすいと感じるのは私のみではないと思いますが、そのサイズ感からTeclast M89に興味津々の私。早速、その概要を確認してみます。

 

▼レビュー記事はこちら

Teclast M89 実機レビュー、スペックとiPad mini 3との外観比較
Teclastから販売された「Teclast M89」。7.9インチのiPad miniとほぼ同サイズの金属製ボディに6コアのCPU(MTK8176)、3GB メモリ、32GBストレージを搭載するAndroid タブレットです。 ...
スポンサーリンク

Teclast M89のスペック、概要

スペックの主要素以下となります。

 

  • CPU: MTK8176 Hexa Core (6コア)
  • GPU: Power VR GX6250
  • 7.9インチ 10ポイント マルチタッチスクリーン、解像度  2048 x 1536
  • 3GB RAM + 32GB eMMC ROM
  • TF Card 128GBまで搭載可能
  • 500万画素 フロントカメラ、800万画素 リアカメラ
  • WIFI: 802.11b/g/n
  • ポート類は、USB Type-C、Micro HDMI
  • バッテリー: 4840mAh
  • 金属製ボディ(製品紹介にはMetalとあり、アルミ製でしょう)
  • OSはAndroid 7.0
  • サイズ: 19.90 x 13.60 x 0.74 cm、0.40kg

 

Teclastの製品らしく、Micro HDMIポートを備えていることもありますが、やはり魅力はMTK8176 Hexa CoreとiPad mini比較でのそのサイズ感。この2つのポイントに絞りみていきます。

 

▼こちらはTeclastのエントリークラスの8インチタブレットとなるP80 Pro。エントリークラスながらも、M89と同じく、背面はアルミ製、ディスプレイはOGSスクリーンです。

100ドルの8型タブ「Teclast P80 Pro」実機の使用感。FHD・アルミ製ボディでコスパ度はFire HD 8以上
2018/5/26現在では11,000円ほどで購入できる、8インチ Androidタブレット Teclast P80 Proのレビューです。質感高めのアルミ製ボディに、1年以上前のオクタコアのエントリー機、あるいはAmazon Fire HD 8と同等もしくはそれ以上にサクサクと稼働します。

MTK8176 Hexa Core

まずは6コアのMTK8176の確認です。海外サイト「Notebook Check」によると、MTK8176のSoC (System on a chip)の構成は以下。

 

  • Cortex-A72 2.1 GHz × 2
  • Cortex-A53 × 4
  • GPUはPowerVR GX6250

 

同サイトには、Geekbench 4他のスコアも掲載されていますが、一部をピックアップすると以下となっています。

 

  • Single-Core 1592、Multi-Core 3324
  • AnTuTu v6は76578

 

▼以下の手持ちの端末との比較では、単純にベンチマークスコアのみをみた場合、Snapdragon 625 (Xiaomi Redmi 5 Plus)よりやや上、10コア Helio X20 (Alldocube X1)よりもやや下のイメージです。なお、上記リンク先のNotebook Checkでは多数のCPUとのスコア比較が掲載されています。

Xiaomi Redmi 5 Plus、1週間使用後の総括レビュー。メインスマホとして十分なレスポンスと使用感
メインスマホとしての使用を前提に購入したXiaomi Redmi 5 Plus。前回の外観レビューに続き、1週間利用後の使用感のレビューです。 5.99インチの縦長ディスプレイに、ミドルクラスのSnapdragon 625を搭...
Alldocube X1、1週間使用後のレビューまとめ。レスポンスよく鮮やかな液晶でiPad mini以上の操作感
8.4インチのIPS・2.5KのOGSスクリーン、デカコアを搭載し、アルミ製ボディのAlldocube X1。Gearbestさんより端末を提供いただきましたので、先日のAlldocube X1の外観レビューに続き、今回は1週間使用...

 

私の通常使い(Webサイト閲覧、SNS・FXアプリ)では、Snapdragon 625 (Xiaomi Redmi 5 Plus)、10コア Helio X20 (Alldocube X1)ともにレスポンスはサクサクで満足しているだけに、MTK8176 Hexa Coreのレスポンスにも期待できます。

また、同SoCを搭載するTeclast Master T8の以下の記事でもあるとおり、GPUのPower VR GX6250はゲームのスムーズなプレイにも期待。

 

「Teclast Master T8」重いゲームでもサクサク動くタブレット

 

iPad miniライクなサイズ感

iPad miniライクということでは解像度もありますが、私の最大の興味は多少の加工により、ケース、キーボードなど、iPad miniの周辺機器を活かせるのでは、との期待。

 

▲上表は、ディスプレイとサイズに絞り、M89とiPad miniを比較したもの。

ディスプレイサイズと解像度は同じなのですが、M89とiPad mini 2,3の比較ではその差は最大でも横幅の0.13mmのため、ほぼ同じサイズと言えるでしょう。

中国製端末の場合、ケース他の周辺機器の種類がかなり少ないのですが、電源などのボタン類の位置に留意すれば、iPad mini 2,3向けのアクセサリーを加工することにより流用できそうです。

 

▼こちらのキーボード付ケースなど、iPad mini用のものをM89に流用できないかと期待。

iPad mini キーボードケースの決定版、ロジクール フォリオ TM725 レビュー
iPad mini用の快適なキーボードを探し求めていた私。先日、ヤフオクでロジクールのキーボード付ケースである「ウルトラスリムキーボード フォリオ m1」が出品されており、缶コーヒーよりも安い破格値にて、まさかの落札。 フォリ...

まとめ

これまでも他社からiPad miniクローンとも言うべきAndroidタブレットがリリースされていますが、通常利用は難なくこなすMTK8176 Hexa Coreを搭載し、1万円台半ばの価格は大いに魅力的。

個人的には、8インチクラスのタブレットはiPad miniのサイズ感が最も扱いやすいと思っており、M89とiPad mini 2,3のサイズにほとんど相違がないことにより、iPad miniの周辺機器の流用に興味津々です。

 

▼海外通販サイト「Gearbest」の価格情報。為替変動により価格は前後します。

Gearbest Teclast M89
Teclast M89

 

▼レビュー記事はこちら

Teclast M89 実機レビュー、スペックとiPad mini 3との外観比較
Teclastから販売された「Teclast M89」。7.9インチのiPad miniとほぼ同サイズの金属製ボディに6コアのCPU(MTK8176)、3GB メモリ、32GBストレージを搭載するAndroid タブレットです。 ...

GearBest 関連記事

コメント

スポンサーリンク