Gemini LakeのTeclast F5がプレセールで369.99ドルに。メモリ8GB搭載・タッチパネル付のコスパ度を確認してみた

Gemini Lake N4100を搭載し、メモリ 8GB、SSD 128GB、11.6インチの回転機構・タッチパネル付のディスプレイにアルミ製ボディと、ほぼ全部入りのTeclast F5。

2018年7月9日時点では割引なしの501.33ドルの価格でしたが、8月早々の出荷にあわせたプレセールでは369.99ドルで販売しています。出荷前後には価格を下げてくるだろうと思っていたのですが、予想以上の割引での販売となり魅力も増加。

以下のJumper EZBook X4、Alldocube Knote 5との価格差は70ドルほどありますが(F5が高い)、この価格差に見合うものか、ディスプレイとメモリ8GBに焦点を当てて、あらためて確認してみます。

なお、F5のスペック・概要については以下の「Teclast F5の関連記事」を参照ください。

 

Jumper EZBook X4、Alldocube Knote 5

Gemini LakeのEZBook X4が出荷後いきなり299.99ドルに。SSD搭載でコスパ度高し

Surface風の11.6型 Gemeni Lake機 KNote 5が299.99ドルに。EZBook X1とのスペック比較も

Teclast F5の関連記事

Teclast F5、Gemini Lake,メモリ8GB,SSD 128GBに11.6型タッチパネルと魅力満載の概要をあらためて確認してみた

Gemini Lake搭載ノート、Teclast F5、Chuwi LapBook SEがリリース予定

スポンサーリンク

回転機構付、タッチパネル式のディスプレイ

 

  • 11.6インチ、IPS 、タッチスクリーン、解像度1920 × 1080、視野角 178度
  • ディスプレイは360度の回転機構付き
  • CPUはGemini Lake Celeron N4100
  • メモリはDDR4 8GB
  • ストレージ M.2 SSD 128GB(換装可能)
  • バッテリー容量 7700mAh
  • 重量は980g、A4よりも小さいサイズ、厚さは13mm
  • Active Stylus Penに対応
  • Wi-Fiはデュアルバンド対応
  • ボディはアルミ製

 

タッチパネル式のディスプレイですが、Windows 10の場合、私のこれまでの経験では、iPad・Androidタブレット並みに細かな操作を行うことは困難。

これは13インチクラスの大きなディスプレイの場合も同様であり、Webサイト記事のタッチはともかく、エクスプローラーや各種設定画面の小さなアイコン・テキストをタッチするのは難しく、作業訓練的なものがあります。

このため、正直なところでは回転機構によりどれほど使い勝手が向上するかは疑問。同様にWindows 10 タブレットをマウス(タッチパッド)、キーボードなしで操作することにも疑問を感じています。

がしかし、11.6インチのTeclast F5では、例えば電車内などでマウス操作ができない場合には、大きな移動はタッチパネルで行い、細かい操作はタッチパッドで行うと操作性が向上します。

この操作性の向上については、Chromebookとなりますが、以下のASUS C101PAにて確認しています。

ASUS C101PA、2週間使用後のレビューまとめ。小さなボディに魅力満載、どこでも持ち運びたくなるChromebook
ASUS C101PAを利用して2週間経過したところで、使用感などのレビューです。全般的には、価格・レスポンスのバランスのとれたものであり、10.1インチのコンパクトさ・軽さとディスプレイを開いて即利用できる速効性から、外出先での利...

8GBのメモリ

Jumper EZBook X4、Alldocube Knote 5、ミニPCのAlfawise T1 (Beelink S II)など、多くのGemini Lake搭載機のメモリ搭載量は4GBとなっています。

これはGemini Lakeに搭載となるDDR4のメモリがDDR3よりも高価であることに起因しているようですが、4GB・8GB搭載機の価格差はいかほどのものか。双方を販売するBeelink S IIの事例は以下。

 

  • メモリ 4GB / SSD 128GBのバージョンは239.99ドル
  • メモリ 8GB / SSD 128GBのバージョンは295.99ドル

 

▲▼Gemini Lake N5000を搭載するミニPCの構成です。

Geekbuying – Beelink S2
icon

その差はなんと56ドル、上記2つは割引率も異なる可能性もあり単純計算はできないのですが、この56ドルの差をTeclast F5にあてはめると、もし仮にTeclast F5がメモリ4GBであった場合には、310~320ドル程度でしょうか

この場合には、Jumper EZBook X4、Alldocube Knote 5との価格差は10ドル前後。Knote 5のディスプレイはタッチパネルであり、14インチのEZBook X4とはサイズが異なるものの、タッチパネル・回転機構付のTeclast F5の10ドルの価格差の価値は十分にあります。

 

まとめ

8月早々の出荷を控え大幅な割引価格(適正価格?)となったTeclast F5。現時点でリリースされているGemini Lake ノートのJumper EZBook X4、Alldocube KNote 5と比較すると高いのですが、メモリ8GB、タッチパネル・回転機構付のディスプレイである点を考慮すると、両機種と同等以上にコスパの高い機種と言えるでしょう。

▼GearBestでのTeclast F5の価格情報
Gearbest Teclast F5
Teclast F5

GearBest 関連記事

GearBestでの購入手続き実践編。実際の購入にあわせ 画像で概説

GearBest 海外通販、DHL 香港から日本まで配送期間・経緯を公開

GearBest、実例による中国から日本まで配送期間・経緯を公開

GearBestへの出荷督促手順を事例で紹介、督促は簡単・回答も即受領

Win 10 製品情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・Gemini Lake ノートの定番となりそうな予感

Win And I net

コメント