M1 Mac 仮想環境のWindows 10を11に更新するも、不具合・課題が多く運用に難あり(11/13時点)

M1 MacBook AirのParallels Desktop 17 for Macでの仮想環境に導入していた Windows 10ですが、Windows 11への更新通知を受領したことに伴い、早速 アップデートしました。しかしながら、ARM版のInsider Previewであるためか、あるいは Paralles Destopの設定が煮詰まっていないのか、不安定な動きです。

不安定なために、2021年11月12日時点では、M1 Mac 仮想環境でのWindows 10から11への更新はおすすめしませんが(私の環境固有の現象かもしれませんが)、アップデートの過程と不安定な動き・不具合情報について記載します。

スポンサーリンク

M1 Mac 仮想環境での Windows 10から11へのアップデート

Parallel DesktopでのWindows 10の動作については以下の記事を参照ください。メモリ 8GBのM1 MacBook Airにおいても、Web ブラウジングや記事の編集では 遅さを感じることなく動作しています。

 

▼Windows Updateを確認してみると、「Windows 11 Insider Preview」がダウンロードできる状態になっています。

 

▼Windows 11のダウンロード中。

 

▼ダウンロード完了後、即インストール開始となりました。

M1 Mac 仮想環境でのWindows 11の不具合

上の画像やタイトル下の画像のとおり、M1 MacBook Air / Parallels Desktopの仮想環境にて、Windows 10 ARM版をWindows 11 ARM版に更新できたものの、2021年11月13日時点では以下の不具合・課題により運用には難ありの状態です。

  1. Windows アイコンを押下しても、メニューが表示されないことが多い。起動やサインオフ後のサインインなどの初回は表示されるものの、二回目以降はほぼ表示されない。
  2. Windows メニューが表示されないために、設定やアプリの起動にも難あり。「設定」は起動しません。
  3. Windows 10では起動できていたアプリが起動しない例もあり。
  4. Google Chromeの場合、URLを入力しても画面表示できないことが多い。
  5. 仮装環境のWindows 10では機能していた、M1 MacBook Airのキーボードでの「英数・かな切替」が機能しない。ただし、こちらは設定しだいかと思います。

 

おそらく、その他の課題・不具合もあるかと思いますが、上記はいづれも大きな課題であり、実際の運用には難ありな状況です。Windows メニューが表示できないくとも、アプリのショートカットを作成しアプリ起動もできますが(コントールパネルも開けます)、設定画面が開かないことと、上記4がかなり不便です。

 

▼FinderのWindows 10 Applicationsからのアプリ起動を試みるも、「設定」も含めて起動しないアプリがあります。

Parallels Desktop、FinderにWindows 10のアプリを一覧表示する方法。M1 Macでも有効
M1 Macにて Windows 10 ARM版を導入できる「Parallels Desktop for Mac」。Macを起動している状態で、仮想環境のWindows 10 ARM版が動作することにより、Mac / Windows...

まとめ

2021年11月13日時点は、M1 MacBook Air / Parallels Desktopの仮装環境での、Windows 10 ARM版からWindows 11 ARM版への更新はできたのですが、私の環境では不具合が多く 運用は難ありな状況です。現在、設定などを見直していますが難航中。Parallels Desktopの更新(導入しているバージョンは17.1.0 (51516))、あるいは Windows 11のクリーンインストールで課題解消となることに期待します。

 

▼Parallels 公式サイトはこちら。 Windows 11は難ありな状況ですが、Winodws 10は普通に動作します。

Parallels 公式サイト

 

▼Windows 10の導入手順はこちら。

M1 MacBook Air、Parallels Desktopによる Windows 10の導入方法と使用感。メモリ 8GBでも快適動作
Macの仮想環境で Windowsを実行できる「Parallels Desktop 16.5 for Mac」がリリースとなり、待望のM1 Macにも対応しました。早速、M1 Macに対応する Windows 10 ARM64 In...

 

2021年11月27日追記。Parallesの仮想環境に、新たに Windows 11 ARM版 Insider Buildを導入したのですが、WiFiを認識しない、頻繁にフリーズする状況により、上記の不具合よりも 課題が大きくなりました。現在、Windows 11の仮想環境を2パターン導入している状況ですが、しばらく様子見です。
M1 MacのParallelsに仮想マシンとして Windows 11を導入も、課題が多く運用困難(11/27時点)
2021年11月初旬に、M1 MacBook AirのParallels Desktop 仮装環境に導入した Windows 10を11に更新するも、不具合が多く玉砕。本日、懲りずに新規に Windows 11 ARM Inside...

コメント

タイトルとURLをコピーしました