EZBook X4、使用5日間で再認識の上質で打鍵感のよいキーボード

Jumper EZBook X4 IPS版を使い始めて5日ほどになりますが、当初以上に良い出来に感じているのがキーボードのタイピング感。角度・照明の当たり具合によってはキーの文字の視認性がよくないのですが、それを補って余りあるタイピング感でサクサクと入力できます。今回はJumper EZBook X4 IPS版のキーボードに特化してレポートします。

スポンサーリンク

視認性のわるいキーの文字への対応

タイピング感の良さに先立ち、視認性がわるいキーの文字への対応についてです。

シルバーのキーにバックライト付のキーボードですが、シルバーのキーキャップでの透かし文字であるためか、角度・照明の当たり具合によっては視認性がわるい状況です。

この対応方法としては以下。

  1. キーボードのバックライトをオンにする。光度は2段階調整式ですが、明るさ大とする。
  2. 室内の照明の位置はディスプレイの後方となるよう、使用する場所を変える。

 

▼こちらは上記2の、室内の照明の位置がディスプレイ後方の場合のキーボード。キートップの文字がしっかりと見えます。上の見出し下の画像と比べると全く異なって見えますね。

▲バックライトの切替は「FN + スペース」による「オフ・明るさ大・明るさ小」の調整式。キーボードの手元で操作できるので便利です。

しっかりとした、上質のタイピング感

見出しのとおり、しっかりとした、3万円台のPCとは思えない上質なタイピング感があり、打鍵音も静か。誇張しているように思えるかもしれませんが、自宅・会社で使用しているどのキーボードよりもタイピング感はよく、具体的には以下となります。

 

  • 実測では、キーキャップ 15mm、キーピッチ 18mm。ストロークは不明ですが、浅すぎず深すぎず。
  • 主要なPCとの比較では、MacBook Airのようなペタペタ感はありません。また、中国メーカー製のPCとの比較では、Xiaomi Notebook ProとChwui LapBook Airの中間的な打鍵感覚で、硬すぎず柔らかすぎず、いい感じ。
  • 安価なキーボード単体と比較するのも妙ですが、タイピング感がよいことで人気のAnker ウルトラスリムキーボードと比較すると、浅めながらも確実にタイピングできます。
  • キーに遊びの部分(入力した際のガタツキのようなもの)は少なく、この意味ではロジクールのキーボードに近いかも。
  • 打鍵音は一般的なノートPC、所有のMacBook Air 11よりも静か。仮に、社内会議あるいは通勤電車内で使用しても、その打鍵音で周囲に気を遣う必要もないでしょう。
  • 2017年度から人気の継続するJumper EZBook 3 Proと比較すると、明らかに(はるかに)上質感・質感はX4が優位。X4の使用後に3 Proを使用すると3 Proのキーボードはかなり貧相に見えます。
  • 私が使用したことのある中国メーカーのPCの場合、一部を除いてはタイピング中にタッチパッドに触れてしまい、思わぬ操作となることが多いのですが、EZBook X4にはそれが全くありません。

 

▼上記でタイピング感を引用した機種はこちら

Anker ウルトラスリムキーボード 実機レビュー、ロジクール K380との比較も。打鍵音は大きいながらも快適タイピングは本物
PC、タブレットなどの端末が増えたためにサブ的に使用できるキーボードを物色していたのですが、Amazonでのレビュー件数の多さと評価の高さに釣られて「Anker ウルトラスリムキーボード」を購入しました。私は平日の夜、そして週末とサ...
Xiaomi Mi Notebook Pro 実機レビュー。使用して即感じた心地よさ、SSDの速さは圧巻
国内外のレビューで評価の高いXiaomi Mi Notebook Pro。15.6インチ、Core i5もしくはCore i7、メモリ8GBもしくは16GB、PCIe SSD、GeForce MX150と豪華な仕様です。このXiao...
Jumper EZBook 3 Pro、1年使用後の総括レビュー。質感とレスポンスには今なお満足
2017年8月に、Apollo Lakeの13.3インチ ファンレスノートPCであるJumper EZBook 3 Proを購入して1年が経過。最近ではGemini LakeのミニPを使用することが多くなったのですが、この1年間で最...

まとめ

Jumper EZBook X4 IPS版のキーボード・タイピング感に特化してレポートしました。「褒めすぎ」と感じるかもしれませんが、休日ともなると1日1万字ほどはタイピングしている私としては、このキーボードはやはりタイピング感のよい、キー文字の視認性のわるさを補って余りある、よいキーボードです。

 

関連記事

Jumper EZBook X4 IPS版、実機の外観レビュー。EZBook 3シリーズから正当進化でより高い質感に
いよいよ出荷開始となったJumper EZBook X4 IPSパネル版。TNパネル版が先行販売されていましたが、IPSパネル版の販売を待っていた方も多いのではないでしょうか。 このJumper EZBook X4 IPSパネ...
Jumper EZBook X4 IPS版、実機のベンチマークスコア、使用感のレビュー
Gemini Lake N4100を搭載する、ファンレスの14インチノートのJumper EZBook X4。前回の記事「Jumper EZBook X4 IPS版、実機の外観レビュー。EZBook 3シリーズから正当進化でより高い...

 

▼Jumper EZBook X4 IPSパネル版の価格情報(2018年9月19日時点)。TNパネル版とIPSパネル版の双方が流通していますが、おすすめはIPSパネル版です。
Gearbest JUMPER EZbook X4 (IPSパネル版)
JUMPER EZbook X4 (IPSパネル版)

GearBest 関連記事

GearBestでの購入手続き実践編。実際の購入にあわせ 画像で概説

GearBest 海外通販、DHL 香港から日本まで配送期間・経緯を公開

GearBest、実例による中国から日本まで配送期間・経緯を公開

GearBestへの出荷督促手順を事例で紹介、督促は簡単・回答も即受領

コメント