広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

今度は iPlay 50 Mini Liteがリリース、8インチ HD 解像度、 エントリーCPUを搭載の廉価版。販売価格は約1万円

人気の「ALLDOCUBE iPlay 50 Mini」シリーズから、UNISOC T606を搭載の通常版(ストレージ 64GB / 128GB)、Helio G99を搭載するPro版に続き、廉価版となる「ALLDOCUBE iPlay 50 Mini Lite」が、AliExpressにて 69.99ドル(10月9日時点の円貨換算 約1万円)で販売予定です。

シリーズの廉価版の位置づけとなりますが、FHD+ではなくHD画質、CPUもエントリーとなり、私としては iPlay 50 Miniシリーズとは別物とのイメージです。

引用元

ALLDOCUBE iPlay 50 Mini Lite、AliExpress

ALLDOCUBE iPlay 50 Mini Lite、Banggood

 

スポンサーリンク

ALLDOCUBE iPlay 50 Mini Liteのスペック

2023年10月9日時点では、上の画像2つのみがAliExpressサイトに掲載され、詳細スペックも公開されておらず、以下は現在 確認できる速報ベースでのスペックです

 

CPU(SoC)Allwinner A523、8コア
GPUARM Mali G57 MP1
メモリ4GB + 仮想 4GB 
ストレージ64GB
ディスプレイ8インチ、IPS、解像度 1280 x 800
WiFi、BluetoothDual Band WiFi、Bluetooth 搭載
LTE未確認(おそらく未対応)
カメラフロント 5百万画素、リア 8百万画素
バッテリー容量4000mAh、充電ポートは USB Type-C
サイズ、重さ211 x 126 x 9.2mm、322g
OSAndroid 13
その他GPS搭載か否かは未確認、Widevine L1対応、Dual Box スピーカー

 

▲▼上のスペック表では、以下の1つ目の記事で実機レビューの「iPlay 50 Mini, UNISOC T606モデル」よりも優位な事項に黄色網掛、劣位な事項にピンク網掛しています。

Alldocube iPlay 50 Mini 実機レビュー、約13千円で AnTuTu スコア 約24万、Widevine L1対応のFHD、鮮やか液晶の8.4型タブレット
今回レビューする製品は、CPU(SoC)にUNISOC T606を搭載する 8.4インチタブレット「Alldocube iPlay 50 mini」。AnTuTu ベンチスコアは約24万となり サクサクと動作、ディスプレイの解像度はこの...
ALLDOCUBE iPlay 50 Mini Pro 実機レビュー、Helio G99のAnTuTuスコアは約40万、メモリ 8GB、UFSストレージで快適動作の8.4インチタブレット
今回レビューする製品は、CPU(SoC)にHelio G99を搭載する 8.4インチタブレットの「ALLDOCUBE iPlay 50 Mini Pro」。従来版は、UNISOC T606を搭載していますが、CPUにメモリ、ストレージに...

 

▼CPU(SoC)にAllwinner A523を搭載する8インチタブレットとしては、直近では以下の「Teclast P85T」があります。AnTuTu ベンチスコアは約16万となり、ライトユースでも引っ掛かりを感じることもある水準です。

Teclast P85T、約1万円で販売の8インチ Android 13タブのスペック。エントリークラスながらも、Widevine L1に対応
Teclastから展開の8インチのエントリータブレット「Teclast P85T」。2023年9月30日現在、Amazonでは 10,900円と安価で販売されており、特に価格面での個人的な興味からスペックと特徴について記載します。機...

 

その他のスペックの補足は以下です(詳細スペックが不明なため、現在のところは推定です)。

  • 低価格で、64GBの小容量のストレージでもあり、高速なUFSではなく eMMCだと思われます。
  • おそらくですが、「Teclast P85T」から推定するとLTE未対応、GPS未搭載。
  • iPlay 50 Mini 通常版 / Pro版と異なり、8インチの液晶の解像度はFHDではなく HD。また、8.4インチではなく、8インチと一回り小さなもの。
  • 8インチでHD画質の場合、文字のドットは目立ちませんが、こちらの8インチ 同解像度の使用感から、多少の粗さを感じます。
  • シングルスピーカーのiPlay 50 Mini 通常版 / Pro版に対して、本製品は2スピーカーです。
  • Amazon プライムビデオなどの動画の高画質再生が可能な「Widevine L1」に対応していますが、Netflixには未対応でしょう。Netflixの高画質再生に対応しているタブレットはごく少数です。

 

▼iPlay 50 Mini Proはリリースを急ぎすぎたのか、課題も散見されますが、本製品のSoCは新しくはないため、課題は大きくないものと推察します。

ALLDOCUBE iPlay 50 Mini Pro、海外通販の販売情報、実機使用でわかった課題・機能の注意事項
Helio G99を搭載する8.4インチタブレットの販売情報について、これまではBanggoodとAmazonを参照していましたが、Amazonでは早々に在庫切れとなっています(10月2日に販売再開)。一方、海外通販サイトのBanggo...

 

まとめ

iPlay 50 Miniシリーズでは、Helio G99のPro版が販売されているため、UNISOC T606 モデルもLite版と言えそうですが、本製品はエントリーに寄りすぎているように思います。

本製品のAliExpress 価格 約1万円に対して、UNISOC T606 モデルのAmazon 価格は クーポン利用後 12,999円。この価格差なら UNISOC T606 モデルをおすすめします。

 

販売元  Banggoodにおいても、クーポン「BGNU50LITE」の利用により 69.99ドルでの販売です(クーポンは10月31日まで有効)。

iPlay 50 Mini Lite、AliExpress

iPlay 50 Mini Lite、Banggood

iPlay 50 Mini, UNISOC T606 モデル、Amazon