旧型 iMacの異音対応で LED ドライバーボードを交換するも、異音は解消できず

中古で購入した「iMac 27インチ Mid 2010」から「ジリジリ」「ジジジ」と異音が発生し、液晶の明るさにより音量も連動するため「LED ドライバーボード(上の写真右側)」の不良を疑っていました。そこで、ヤフオクで購入したボードと交換したみたのですが、異音は変わらず。現在の状況を備忘録として記載します。

関連記事

古いiMacから異音が発生、電源ユニットの異常と思える iMacの状況と電源の販売事例

旧型 iMacのLEDドライバーボードを取り外し、部品番号を確認してみた(交換 事前準備)

スポンサーリンク

LED ドライバーボードの交換

LED ドライバーボードの交換手順については、以下のIFIXITに詳しく記載されていますので詳細は省略し、ここでは私の実機の写真のみ記載します。

iMac Intel 27インチ EMC 2429 LEDドライバーボードの交換

 

▼液晶の取り外し方法は上のリンク先記事に記載がありますが、液晶の取り外し過程の一コマ。内部のファンの掃除やSSDの交換などで、既に数回取り外しており、10分もかからず出来るほどに慣れてしまいました。

 

▼私が使用しているものではありませんが、液晶とLED ドライバーボードの取り外しには、T10のドライバーが必要となります。

 

▼交換前の写真ですが、交換するLED ドライバーボードは右下にあります。中央は交換済の2.5インチ SSD。

 

▼LED ドライバーボードを拡大

 

▼取り外した状態。大きなスペースがあります。

 

▲▼iMac 27インチ Mid 2010に適合するボードを、ヤフオクにて 2,980円で購入(上が交換前、下が購入したボード)。数種類のボードがあるため、適合状況はご自身で確認する必要がありますが、私が確認した事項は以下の記事で記載しています。

旧型 iMacのLEDドライバーボードを取り外し、部品番号を確認してみた(交換 事前準備)
▼難なく交換完了

交換後の異音の状況

結果としては、LED ドライバーボードを交換後も異音は全く変わらず、相変わらず起動直後が異音が生じています。気になりだすと止まらないのですが、ノートPCの高負荷時のファンほどに気になるものではなく、既に慣れたこともあり、終日の作業でも平気になっています。このため、しばらく 異音と付き合いつつ使用しますが、現在の状況(交換前と変わらず)は以下です。

  • 当初はHDDファン、CPUファン、その他のファンを疑っていたのですが、SSDへの換装後、ファンの清掃後も異音は変わらず。
  • 異音は「ジリジリ」「ジジジ」のやや高い音質であり、古い蛍光灯が発する音質に近いものがあります。
  • ファン風量の制御ソフトでもコントロールできず、ファン以外が発生源と推定。
  • 液晶の明るさに伴い 異音の音量も変化するため(明るさを最小とすると、ほとんど気にならず)、LED ドライバーボードの不良(インバーター鳴き?)を疑い交換するも、異音は変わらず。
  • 2010年の旧機種であるため、もともとの仕様なのか、交換したLED ドライバーボードにも経年劣化があるのか、あるいは まさかのCPUなどのファンの軸ブレによるものか、原因を特定できず。

 

▼異音の不具合よりも、27インチの視認性のよさ、M1 MacやWindows PCのターゲットディスプレイとしての利用などの利便性が大きく優っているため、異音が生じるまま しばらく使用することにします。

古いiMacでのターゲットディスプレイ、Win 10 PC 5台で試してみた。GPU統合型PCでは即認識し安定動作
旧モデルの iMacのターゲットディスプレイの機能において、Windows パソコンを接続して利用できる・できないの様々な見解があります。今回、Mini DisplyPortを装備する「iMac 27インチ Mid 2010モデル」...

 

DIY
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント

タイトルとURLをコピーしました