Jumper EZBook 3 ProがGearBestで割引拡大に。今なお感じる 3 Proのメリットと古さを感じる事項

Jumper EZBook 3 ProがGearBestのMid-Year Mega Saleにて、久しぶりのセール価格で販売されています。2017年に発売のPCですが、今なお感じるメリットと古さを感じる事項を織り交ぜながら、価格情報を記載します。

スポンサーリンク

今なお感じるメリットと古さを感じる事項

私がEZBook 3 Proを2017年8月に購入しまもなく2年となりますが、現在は大学生の息子のレポート編集用として活躍しています。私は各種設定のために、たまに使用する程度ですが、時おり使用して今なお感じるメリットとして以下があります。

 

  • Apollo Lake N3450、メモリ 6GBのにより、Webサイト閲覧とレポート作成などではさくさくと動作。
  • 最近では、Gemini Lakeの供給不足のためか、Apollo Lake N3450搭載機が増えており、CPUとメモリの仕様に古さを感じることはありません。
  • 最近の中国メーカー製PCは、メタル製としながらもキーボード面がプラスチック製ですが、EZBook 3 Proは全面アルミ製で質感が高い。私はキーボード面のみプラスチック(他はアルミ)のChuwi LapBook SEやJumper EZBook X4 Proを使用することが多いのですが、EZBook 3 Proに新鮮さを感じることもあります。
  • ディスプレイの色合いは、どちらかと言えば寒色系ですが、発色にクセがなく自然。

 

一方で大きなデメリットではないのですが、以下に古さを感じます。

  • SSDを増設・起動ドライブをSSD化できるものの、デフォルトのストレージは64GB eMMC。サブ利用でない場合にはSSDを増設・起動ドライブ化したほうが無難。
  • キーボードのタイピング感はよいのですが、キーの印字がプリントであることが明らかであり、キーボードの質感は後継のEZBook X4 他より劣ります。

 

▼あらためてサイドを確認しても、アルミ製による質感の高さは今なお感じます。

 

▼2018年以降に販売の製品のキーボードの質感が高まるなか、EZBook 3 Proのキーボードは古さを感じます(質感がわるいのではなく、以降の製品の質感が向上しているの意)。

 

▼外観、レスポンスの関連記事

写真多数、Jumper EZBook 3 Pro、MacBook Airの外観・質感の比較
復旧させることを前提に、起動しないジャンクなMacBook Air 11を某オークションで落札したのですが、案の定 いまだにMac OSにお目にかかれない状態。当面、MacBook Air 11の使いみちがないために、ここであえて、...
Jumper EZBook 3 Pro、1年使用後の総括レビュー。質感とレスポンスには今なお満足
2017年8月に、Apollo Lakeの13.3インチ ファンレスノートPCであるJumper EZBook 3 Proを購入して1年が経過。最近ではGemini LakeのミニPを使用することが多くなったのですが、この1年間で最...

価格情報

Jumper製品においては、以下の記事で記載のとおりAmazonでも安く販売されています。

EZPad Go、EZBook X3などが海外通販より安い、AmazonのJumper製品をピックアップ(2019年5月版)
Jumper製のコスパの高いPCを紹介する場合、これまでは海外通販サイトの価格を引用していたのですが、Jumper 直営店がAmazonでの販売を開始していることにより、海外通販サイトよりもAmazonが安い現象が生じています。 ...

2019年6月10日時点のEZBook 3 ProのAmazonでの価格が27,999円であるのに対し、GearBestでは約2,500円安い(送料無料)25,529円。約2,500円の差額で以下の120GBのSSDが購入でき、納期の速いAmazonと到着まで10日~2週間程度は要するGearBestとどちらがお得とみるか。微妙なところだと思います。

 

▼為替レートによっても変動しますが、2019年6月10日時点のGearBest価格は送料無料の25,529円。

Gearbest Jumper EZBook 3 Pro
Jumper EZBook 3 Pro

 

▼一方のAmazonは27,799円。AmazonのJumper製品はメーカー直売なのか、他の中国メーカーのPC・タブレットと比較しても安くなっています。

 

GearBest 関連記事

コメント

スポンサーリンク