Chuwi GT Box 実機レビュー、ベンチマークと第一印象編。Core i3 5005U、上位機のボディ流用により「買い」で間違いなしのミニPC

Core i3-5005Uを搭載するミニPC「Chuwi GT Box」。ハイエンドのChuwi HiGameのボディを流用し、CPUなどの仕様を普段使い用にカスタマイズした製品ですが、今後 何回かに分けてレビューします。

今回はそのシステム情報とベンチマーク。外観・使用感は別記事としますが、さすがにハイエンド機のボディを使用していることはあり、ミニPCとしては大柄で拡張性がより高そうな、質感の高いボディに排熱などが考慮された製品です。

ChuwiとGearBestのタイアップにより販売されている製品のようですが、旧世代のCore i3-5005を搭載、上位機のボディの流用により価格も抑えられており、Apollo Lake / Gemini Lakeよりサクサクと動作するミニPCをお求めなら、積極的におすすめできる製品です。

※ GearBestさんよりサンプル提供いただいた製品に基づくレビューです。

 

関連記事

Chuwi GT Box、Core i3 5005U搭載のミニPC。Higameの廉価版として新登場

Chuwi GT Box 実機レビュー、外観編。Higameと同一ボディで質感高くChuwiらしいデザインに。内部の構成は意外な面も

スポンサーリンク

スペックとシステム情報

Chuwi GT Boxの基本スペックは以下となります。

  • CPU: Core-i3-5005U
  • GPU: Intel HD Graphic 5500
  • RAM: 8GB DDR3
  • ストレージ : 256GB SSD、2.5インチ HDD増設可能
  • Wi-Fi :11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth : 4.0
  • ポート類 :  HDMI x 2、USB 2.0 x 2、USB 3.0 x2、有線LAN
  • サイズ : 17.30(実測 18cm) x 15.80 x 7.30 cm、860g
  • OS : Windows 10 Home

 

特徴としては、Apollo Lake / Gemini Lakeよりも優位な、第5世代のCore i3-5005Uを搭載すること。旧世代のCore i3により、価格とレスポンスのバランスをとっています。Chuwi、Jumperでは以下のChuwi AeroBook、Jumper EZBook X4 Pro、Jumper EZBox i3など旧世代のCPUを採用し価格を抑える傾向にあります。

待望のChuwi AeroBook、スリムなCore m3搭載機が正式販売に。魅力の4万円台でセール中
待望のChuwi AeroBookとLapBook Proが、AliExpressのChuwi オフィシャルストアにて同時に販売開始となっています。しかも、Chuwi もしくはAliExpressのAnniversary Saleと...
Jumper EZBook X4 Pro レビュー、10日間使用後のまとめ。軽快動作でタイピングも快適。TNパネルは慣れでカバー
Core i3-5005U、メモリ 8GBを搭載する14インチノートとしてリリースされた「Jumper EZBook X4 Pro」。Apollo Lake ノートのX4のPro バージョンとなりますが、サイト記事の編集などにて 1...
Core i3 5005U,RAM 8GB搭載の高コスパなミニPC Jumper EZbox i3が新登場
Jumperより、旧世代のCore i3 5005Uを搭載するミニPC EZbox i3がリリースされました。同CPUを搭載するJumperのPCとしては、14インチのEZBook X4 Proがリリースされた直後ですが、コスパを高...

 

▲▼フリーソフト「HWiNFO」で抽出のシステム情報。

HWiNFO、Win 10のデバイス詳細情報やCPU温度など、導入必須のフリーソフトの概要。投稿数15,000越えのフォーラムも充実
Windows 10 PCのレビューを行うことの多い私ですが、その際に必ずインストールしているフリーソフトがHWinfoです。システム情報はもとより、メモリやストレージの製造元やCPUの温度も参照・動態管理可能な優れもの。これが無料...

 

ここで気なるのは、SSDのNetacなるメーカー。後段のとおり、ベンチマークスコア・体感ともにAmazonで販売のSSDと同等・同等水準以上のSATA SSDですが、初めて目にしたメーカーの製品。以下の公式サイトによると、中国 深センに本拠を置く1999年に設立のメーカーであり、USBドライブ・SSDなどを製造しています。

Netac 公式サイト

 

▼こちらはWindows 10 設定項目のデバイスの仕様。もちろん、Windows 10 Homeがプレインストールされています。

外観(速報)

内部の構成も含めた外観は別記事としますが、また、製品を受領したばかりのため、速報ベースで簡易的にiPhoneで撮影した写真を掲載します(全般的に写真がボケ気味のため、必要に応じ後日 差し替えます)。私としては内部の確認をしたくてウズウズしているのですが、今日のところはお預け。

 

▼前面は電源ボタンのみ。黒い側面はプラスチック製ですが、グレイの部分はメタル製。製品を受領したばかりの現時点では、アルミ、スチールかを識別できないのですが、軽さからおそらくはアルミ製。

▲メタルの部分の塗装は、2018年度以降のChuwiの製品と同様にシックな色合いです。ちなみに、写真では実機いよりも少し明るめになっています。

 

▲▼こちらは背面となりますが、ポート類は USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 2、HDMI x 2、有線LANとなり、ミニPCとしては標準的な仕様です。

 

▼両側面は以下のように、排熱を考慮して多くのスリットがあります。

 

▼Core i3-5005Uではそれほど冷却に気を遣う必要もないのですが、上位機のHiGameのボディ流用のために、底面・側面ともに多くのスリットがあります。

 

▼上側より。一般的なミニPCでは、ボディが全面プラスチック(あるいは一部にメタル)の製品も多いのですが、GT Boxでは側面以外はメタル製であり、他のミニPCよりも質感高くなっています。これも上位機のHiGameのボディを流用しているからこそ。

 

▼サイズ感の参考に、Beelink X45、Alfawise T1 (Beelink S2)を重ねて撮影。GT Boxは大きめであることがわかります。内部は近日中に開けてみますが、大きなボディの恩恵により、2.5インチ HDDなどの増設機器を取り付けしやすいようになっているはず。

▲ちなみに、それぞれの横幅は、Beelink X45 11.5cm、Alfawise T1 16cm、Chuwi GT Box 18cmです。

Win 10 ミニPC Beelink Gemini X45の実機レビュー、Gemini Lake/RAM 6GB搭載でサクサク動き、静けさも特筆もの
多くのミニPCをリリースするBeelink。Gemini LakeのミニPCとしては、Beelink S2とGemini Xシリーズをリリースしていますが、うち Gemini X45 PremiumをGeekbuyingさんよりサン...
Gemini Lake Win 10ミニPC Alfawise T1の実機レビュー、ベンチマークスコアも
Gemini Lake Celeron N4100を搭載するWindows 10 ミニPC「Alfawise T1」。DDR4のメモリ 4GB、ストレージは64GB eMMCとなる本製品ですが、拡張性の高いミニPCらしく、M.2 S...

ベンチマークスコア

旧世代のCore i3-5005Uであり、また、以下の同CPUを搭載するJumper EZBook X4 Proにて Core i3 / Intel HD Graphic 5500のベンチマークスコアを計測していますが、GTBoxでも定番のベンチマークを走らせてみました。

Jumper EZBook X4 Pro レビュー、実機 ベンチマークスコアとシステム情報
旧世代のCore i3 5005Uを搭載することにより価格を抑えた14インチノート Jumper EZBook X4 Pro。製品名にProがつくとおり、通常版 X4のApollo LakeからCPU、メモリ とストレージを強化し、...

 

※ 2つ並んでいるものは、上はChuwi GT Box、下はJumper EZBook X4 Proです。

 

▼Geekbench 4のスコアは、Single-Coreが2443、Single-Coreが4575

 

▼ドラクエベンチマークは「3407」の「普通」

 

▼PCMark 10のスコアは1992

 

▼CrystalDiskMarkのスコア。Netac製のSSDは、Jumper EZBook X4 Proに搭載のFORESEE製のSSDとほぼ同水準です。

▲▼以下の記事では手持ちのSSDでベンチマークスコアの事例ですが、Amazonで販売の安価なSSDのスコアと比較すると、同水準もしくは同水準以上です。

国内通販で購入他のM.2 SSD,mSATA SSD 7製品の実測ベンチマーク(2019年2月時点)
私はノートPCとミニPCの複数台に、Amazon・楽天市場・Yahoo ショッピングで購入したM.2 SSD あるいはmSATA SSDを取り付けて使用していますが、どのメーカーのSSDをどの端末に取り付けたのか混乱する状況になって...

使用感(速報)

当記事をGT Boxで編集しつつの短時間での使用感を速報的に記載します。

  • Apollo Lake N3450 / Gemini Lake N4100クラスよりは、確実にサクサクと動作。
  • サイト記事編集、画像編集の軽めの操作でも、レスポンスの小気味よさは十分に感じます。
  • ベンチマークを走らせ負荷をかけた際には、ボディがほんのりと温かくなり、時おり冷却ファンが回転。
  • ファン回転音は低い音質で、それほど気になるものではありません。

 

▼ドラクエベンチマークにて負荷をかけた際にも、CPU温度は最大で82度。大きなボディとHiGameゆずりの排熱対応でCPU温度は抑えられています。

まとめ

本日受領したばかりのChuwi GT Box。速報的にシステム情報と簡単な使用感のレビューでしたが、外観・内部の構成・使用感の詳細などのレビューは後日の投稿となります。

全般的に、Core i3-5005U / メモリ 8GB / SSD 256GBのスペックも含め、上位機 HiGameのボディを流用しているために、約280ドルのミニPCとしては他の製品よりも優れているのは確実。「買い」で間違いなしのミニPCです。

 

▼外観レビューはこちら

Chuwi GT Box 実機レビュー、外観編。Higameと同一ボディで質感高くChuwiらしいデザインに。内部の構成は意外な面も
Chuwiのハイエンド ミニPCであるHigameのボディを流用しつつも、CPUを第五世代のCore i3-5005Uとすることで、約3万円と価格を抑えたChuwi GT Box。ミニPCとしては大柄で質感の高い外観も特徴の一つです...

 

▼2019年6月9日時点のGearBestでの価格は送料無料の276.99ドル。Gemini Lake N4100、メモリ 4GB / 64GB eMMCのChuwi GBoxが189.99ドル(GearBest 価格、こちらも十分に安価)であることを考慮しても、GT Boxは「買い」です。

Gearbest CHUWI GT Box
CHUWI GT Box

 

GearBest 関連記事

 

コメント