Chromeのマウスのポインターが見えなくなるも、設定の変更で即解決

Windows 10 PCでGoogle Chromeを利用していると、マウスとタッチパッドのポインターがChromeのみ見えない現象となりました。Windows 10の再起動で修復できたようにみえたのですが、しばらくして再度 同じ現象に。ところが、この現象もChromeの設定項目にある「ハードウェア アクセラレーション」を変更することで、あっさり解決となりました。

スポンサーリンク

マウスのポインターが見えない現象

まずは、マウスとタッチパッドのポインターが見えない現象について、簡単に記載します。

 

▼以下の画面の事例では、Windows 10のホーム画面ではポインターは普通に動作しているのですが、Google Chromeにポインターを移動すると即 ポインターが見えない状況となります。ただし、ポインターが見えないのみで、右クリックなどは機能しています。

この状況は、自宅に複数あるWindows 10 PCのうち、Microsoft Surface Goのみで生じており、ハード的なものか、あるいはChrome以外の環境によるものか確認できないのですが、環境による相性もあるようです。

原因は ハードウェア アクセラレーション

同事例の全てに当てはまるものか不明ですが、ググってみたところ、また、私の環境だは、Google Chromeのハードウェア アクセラレーションの設定が原因でした。後段のとおり、これをオフにすることで、Chromeのみでマウスやタッチパッドのポインターが見えなくなる現象は解消となりました。

 

  • ブラウザにハードウェアアクセラレーション技術を搭載するこのにより、PCのパフォーマンスをより高速化。
  • オンラインゲームや動画再生など、通常より高度な処理が必要なページをロードするときなどに使用。
  • さらには動画の再生品質も向上可能。

▲▼上記は以下の記事より引用させていただきました。

ハードウェアアクセラレーションとは何か?特徴やメリット、デメリットなどを解説

 

このハードウェア アクセラレーションが原因なら、私の場合にはオンラインゲームを行うことはなく、動画再生もYouTube程度であるため、アクセラレーションをオフにしてもパフォーマンスには影響はないと推測のもとに対応。

実際に通常のWebサイト閲覧程度では、パフォーマンスの悪化を感じることはありません。

ハードウェア アクセラレーションをオフにして対応

▼Google Chromeの設定、詳細設定にあるハードウェア アクセラレーションは、デフォルトではオンになっていますので、これをオフにします。

 

▼オフにするとChromeの再起動を求められるため、Chromeを閉じて、再度起動します。

 

▼再起動してあらためてハードウェア アクセラレーションの項目を確認すると、しっかりとオフになっています。

以上により、マウスとタッチパッドのポインターがChromeのみ見えない状況への対応は完了です。

ハードウェア アクセラレーションをオフにして、2日ほど経過しましたが、マウスとタッチパッドのポインターがChronmeで見えなくなることもなく、通常通りに使用できています。

Google Chrome
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント

スポンサーリンク