広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Windows 11、Chromeでマウスのポインターが消えた状況と、ポインターを復活する手順

本日、Windows 11 PCにて Google Chromeを使用していると、一部のエリアを除いて マウスのポインターが消え、操作できない現象が発生。以前に Windows 10 PCでも同じ現象があったのですが、その際と同様に、Google Chromeの設定を変更することにより即解決となりましたので、その手順を掲載します。

スポンサーリンク

Google Chromeでマウスのポインター消えた状況

今回、Windows 11 PCで Google Chromeを使用中にマウスのポインターが消えた状況は以下です。一定の期間 使用していたPCで発生したものではなく、初期設定を終えて間もないPCで発生しました。

 

  1. Windows 11 PCの初期設定を終えた後、他のPCでは使用できている USB 切替器によるマウス操作が、当該PCのみ反応せず。
  2. 上記により、マウスの無線ドングルをPCに直接挿入して マウスを使用。当初は普通に使用できていた。
  3. ところが突然、Chromeの一部のエリアを除き、マウスのポインターが消えてなくなる、見えない状況となった。
  4. デスクトップPCでのことですが、ThinkPad キーボードのトラックポイントも同じ状況。

 

▼上記3の「一部のエリアを除き」の事例は以下です。WordPressの記事編集画面ですが、左右のサイドバーやWindowsのホーム画面では ポインターが機能しているものの、Google Chromeの中央のメイン画面のみ、ポインターが見えない状況です。これでは不便極まりなく(記事の編集が困難に)、以下の手順で即対応です。

 

消えたポインターが復活する、設定の変更手順

Widnows 10 PCでのことですが、前回同じ現象が生じたのは、以下の記事で掲載の2019年6月ですが、解決方法は同じです。

Chromeのマウスのポインターが見えなくなるも、設定の変更で即解決

 

▼Chrome 右上のアイコンを押下し表示の画面にて、「設定」を選択します。

 

▼左メニューから「システム」を押下します。

 

▼右側の画面にて、「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」が有効となっていますので(初期設定では有効となっています)、この「ハードウェアアクセラレーション」を無効にします

▲▼先ほどのWindows 10で同課題が発生した記事「Chromeのマウスのポインターが見えなくなるも、設定の変更で即解決」から再掲載ですが、ハードウェアアクセラレーションの効果は以下です。ただし、私の体感では、これを無効化しても、全くと言えるほどにレスポンスなどに影響はありません(オンラインゲームでは未確認です)。

  • ブラウザにハードウェアアクセラレーション技術を搭載することにより、PCのパフォーマンスをより高速化。
  • オンラインゲームや動画再生など、通常より高度な処理が必要なページをロードするときなどに使用。
  • さらには動画の再生品質も向上可能。

 

▼Google Chromeの再起動を促す表示となりますので、「再起動」を押下すると Chromeが再起動します。なお、Windowsが再起動するものではなく Chromeのみの再起動です。数秒で再起動となりますが、開いていたタブは復元されます。

 

▼以下は再起動後に無効化されている状況ですが、、通常どおりポインターが表示されているこを確認ください。なお、再度 ポインターが消えた場合には、「ハードウェアアクセラレーションを有効化」すると 通常どおりにポインターが表示されることがあります。

 

あらためて、ポイントを記載すると以下となります。なお、タイトルでは「Windows 11」と記載していますが、Windows 10 PCでも同じ対応となります(現在のところ、MacのChromeでは発症せず)。

  • Google Chromeでマウスのポインターが消えた場合、Chromeの設定「システム」にて「ハードウェアアクセラレーション」を無効にすると、ポインターが復活します。
  • 後日、再度 ポインターが消えた場合、「ハードウェアアクセラレーション」を有効にすると、ポインターが復活した事例も過去にあります。