Windows 10、Core 2 Duo世代の中古パソコンでの使用感

いつもはWindows 10 mobileの使い勝手などに焦点をあてている当ブログですが、本日はデスクトップパソコンでのWindows 10の使用感です。

私が常用しているパソコンは、2015年6月に中古で8,888円(税別)にて購入した5年落ちのもの。このCore 2 Duo世代でのWindows 10の使用感・感想です。ブログ編集・ブログ編集における画像編集・サイト/動画閲覧の使用に限定した、しかもフィーリング的な使用感であることをご了承くださいませ(ベンチマークに基づく評価ではありません)。

スポンサーリンク

使用しているパソコンの概略

使用しているパソコンは、中古で8,888円(税別)で購入したNEC メイト(MY29RA-9。2010年2月出荷 。Windows 7 Proを搭載)。これをWindows 10 Proにアップデートしたものです。

f:id:kminebg1110:20160320083649j:plain

上のスクショのとおり、スペックは以下。内蔵電池が消耗していたため、交換しています(交換費用 200円ほど。コンビニでコイン型電池CR2032を購入し交換)。

  • CPUは、Core 2 DUO E7500 2.93GHz
  • メモリは2GB。ハードディスクは80GB

▼購入したパソコンと同型のものはこちら。中古のWinodws 7搭載機は1万円以下で多数あります。

▲▼2017年8月18日追記。購入した2年前は8,800円でしたが、同販売店・同スペックの中古は今や6,600円。現在では、9,800円でCore i3あるいはCore i5、メモリ4GBの中古が購入できます。

Core 2 Duo世代でのWindows 10の使用感

ちなみに、以下のマイクロソフト公式サイトに、Windows 10をパソコンでの動作要件は、CPUは1.0GHz以上、メモリは32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GBとあります。

Windows 10 の仕様とシステム要件 – マイクロソフト

実際の使用感を列挙すると以下のとおりです。ポイントは、私の使用範囲である「ブログ編集・ブログ編集における画像編集・サイト/動画閲覧」では、CPUは必要にして十分、メモリ2GBはやや厳しい、となります。

  • シングルコアまたは初期のデュアルコアとWindows XPの組み合わせと比較すると、時々 Google Chromeがメモリ不足でフリーズする以外は快適。ChromeはXP・7・Windows 10でもフリーズしがちです。
  • Windows 10にアップグレードする前は、同機種でWinodws 7 Proを2カ月程度使用していましたが、全く遜色なし(むしろWindows 10のほうが快適かもしれない)。
  • タブレットでWindows 10を使用しているものの、他のデスクトップPCでのWindows 10の使用経験がないために的を得てないかもしれませんが、スタートメニューのレスポンスがやや緩慢。Atom 4コアを搭載するWindows 10 タブレットも同傾向であるため、スタートメニューのレスポンスがイマイチな点は、CPUなどのスペックにかかわらず、Windows 10 共通のことかもしれません。
  • ノートPC(初期のデュアルコア 1GHz・メモリ1GB)は、Linux (Zorin OS)の組み合わせで使用しています。これとの比較では、比較対象にならないほど、Core 2 Duo 2.93GHzの当機が快適。

2017年8月18日追記。中古のCore 2 Duo機の購入以降、文末にあるノートPCも含め、CPUにAtom、Celeron Nを搭載する格安ノートを購入し利用しています。ベンチマークに頼らず、画像編集・ブログ編集・Webサイト閲覧などの軽めな利用の範囲では、Core 2 Duo機がより快適な感覚です。SSD化している恩恵もかなり大きいですが。

Core 2 Duo機での Win 10の関連記事

▼後日 ベンチマークをとってみました。

Windows 10、Core 2 Duo ・ Atomのベンチマーク比較

▼cortanaの無効化などの快適設定もしています。

Cortana 無効化、Anniversary Update後のWin 10 Pro・Home毎の対応方法

▼ HDDのSSD化で快適仕様に。このSSD化による爆速ぶりには笑ってしまうほど。SSD化により、会社のCore i5 / Core i7機よりも、Core 2 Duo ・SSD機がより快適に感じます。

Core 2 Duo機、SSDへの交換で悪戦苦闘も、苦労が吹き飛ぶ爆速仕様に

Core 2 Duo機を中古メモリで4GBに増設してみた

まとめ

ブログ編集・Excel・Word・サイト閲覧など軽い作業では、1万円以下で購入できるCore 2 Duo世代の中古パソコンでも、Windows 10は快適に動作します。

ここで悩ましくなってくるのは、同じ1万円前後の予算で新たに購入する場合、以下でご紹介の新品のスティックPC・ワリキリPC、あるいは据え置き型の中古デスクトップのどちらを選ぶべきかです。

部屋間などの移動を伴うか否かなどにもよりますが、もし私が中古PCを購入した当時にスティックPC・ワリキリPCがリリースされていた場合(販売されていることを知っていた場合)、かなり悩んでいたハズです。

▼結局、Stick PCを購入し、中古のデスクトップPCと併用のうえ、快適に使用しています。

Stick PC、動画視聴でCPUが79度に。たまらずファン取付の効果を検証してみた
暑い夏 真っ盛りですが、先日 Stick PC(DG-STK3)にてYouTubeを観ていると、取り付けているヒートシンクがかなりの...

▼さらに、中華製の格安ノートも購入しましたが、総合的にはCore 2 Duo・SSD端末がより快適なような感覚です。

Jumper EZBook 3 Pro 外観レビュー、アルミ製ボディで家族も唖然、評判どおりの質感の高さ
Jumper EZBook 3 Proの注文から8日後に、ようやく我が家にやってきました。現在は諸設定がほぼ完了し、レスポンス等の確...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする