HDDも増設可能なミニPC「VOYO VMac」最安2万円未満で魅力いっぱい

先日の記事「Stick PC vs ミニPC、発売時期が異なる2種をあえて比較してみた」にて、「Stick PCを持っている私としては、海外で展開しているミニPCに興味津々」とお伝えしましたが、そのミニPCのなかでも惹かれる製品が「VOYO VMac」。

発売から約半年以上経った、今さらながらの記事ですが、また、国内でのレビュー記事も少ないなか、VOYO 公式サイト・海外でのレビュー等を頼りに、あらためてその魅力を確認してみました。

※トップ画像の出展元:VOYO公式 VOYO VMac miniPC サイト

スポンサーリンク

VOYO VMacの基本スペック

VOYO VMacの特徴の一つとして、メモリ・SSDなどの拡張性が高いことがあります。下表は2017年8月23日にてGearbestで流通しているVOYO VMacを整理したものです。

▼Gearbest、Geekbuyingより、VOYO VMacを抽出
VOYO VMac (Gearbest)
VOYO VMac (Geekbuying)
icon

スペック表にない部分も含め、いくつかコメントです。全般的に、エントリーモデルは2万円未満であり、また、エントリーモデルでも拡張性の高さは他モデルと同一となり、かなり魅力的な製品です。

  • 上表以外のところでは、(通販サイトで流通しているものではなく、ユーザーでの対応となりますが)最大搭載量については、メモリは8GB、SSDは512GB、さらに 後述のとおり、2.5インチのSATA HDDも搭載できます。
  • eMMC、あるいはSSDを搭載しているため、HDDを起動ディスクにすると遅くなりますが、余っているHDDをデータ保存用として追加できるのは魅力的。
  • なお、上表右端のエントリーモデルの構成ですが、ストレージはeMMCと思い込んでいたのものの、どうやらSSDのようです(GearbestのQ&Aにて、SSDであることを明記)。
  • CPUは、Appolo Lake N4200 (Pentium)、あるいはN3450 (Celeron)。私は、N3450を搭載するノートPCであるJumper EZBook Proを使用していますが、Webサイト閲覧、過度に重くない画像編集、動画視聴はかなり快適。全く問題はありません。
  • Wifi、Bluetoothは未搭載ですが、上表・以下のとおり、LANポート、USB3.0ポートを3つ搭載しているため、特に懸念すべきことはないとの認識です。Stick PCなど、この類の小型のPCは概ねWifiの繋がりが弱い傾向にあるため、ここはLANポート搭載で正解でしょう。

 

(画像出展元:VOYO公式 VOYO VMac miniPC サイト

 

なお、上記の公式サイトによると、追加搭載できるストレージは、SSDの他に2TBまでのSATA HDDもサポートしています。12cm角の小さなボディながら、この拡張性の高さは抜群。私はお遊び用端末としても欲しくなってきました。

ちなみに、以下の海外サイトにて、外箱を外した内部の写真、HDDを搭載した写真を確認できます。これらの写真をみると、ますます弄りたくなってきます。これほど小さなマザーボードで、多くのポート類・スロットを搭載していることに感心してしまいます。

 

Review of Voyo VMac Mini PC with Celeron N3450 / Pentium N4200 SoC – Part 1: Unboxing and Teardown

 

基本スペック以外の特徴、惹かれる事項

※画像は、Gearbest、あるいはGeekbuyingへのリンクです。
icon
icon
▲広告に惹かれたのですが、よくもわるくも「MAC Miniよりも小さい」ことを前面に出しています。VOYOのノートPCのデザインは、中国の他メーカーほどMacBook Airを意識しているようには思えないものの、ミニPCではデザインといい、MAC Miniをかなり意識しているようです。
icon
icon▲Atomを搭載するStick PCでは、以下のリンク先記事でわかるとおり、その排熱で苦労したのですが、VMacではその小さなボディで排熱を効率的に行うため、アルミ製のラジエーターにファンを備えています。そして、そのファンはtemperature control motorとあることから、温度で制御しているようです(CPUに負荷がかかった場合にファンが稼働)。

 

Stick PC DG-STK3の冷却に銅板とアルミヒートシンクを利用してみた
安くて便利なStick PCですが、ファンレスであるがために、課題としてあげられているのが排熱・冷却対応。夏には熱暴走してしまうかもと不安がよぎります。今回、この冷却・熱対策のため、銅板とアルミヒートシンクを用いて改造してみました。

 

なお、ファンによる騒音、冷却効果ですが、以下の海外サイトの中ほど(Stress Test, Fan Noise and Power Consumptionの見出し)に、「負荷の度合により、ファンの回転・騒音は可変するのだかが、やかましいものではない。ファンのおかげで、温度上昇は抑えられている」との記述があります。

 

Voyo (V1) VMac Mini Apollo Lake Mini PC Review

 

▲こちらで気になる記載が、得体のしれないプレインストールアプリが2つあるとの情報。簡単にアンインストールできるようですので影響はないのですが。

まとめ

このVOYO VMacは発売から半年以上が経過していますが、小さなボディながらも拡張性は高く、基本スペックもソツなく抑えており、今でも十分に魅力的。今となっては、スペック的に見劣り感のある、Atomを搭載するStick PCより満足感を得ることができるのは間違い。

悩ましいのは、あと少し出費すると、同じく中華製のノートPCが購入できてしまうこと。同スペック帯のコスパに優れた製品をお探しの場合、拡張する予定がある、弄れる端末ならミニPC、一般的な使用目的なら、出費を少しプラスしてノートPCとの選択肢もありかと思います。

 

▼2018年4月3日 追記。ミニPC ACEPC AK1の実機レビュー

Apollo Lake、RAM4GBで1万円半ばのミニPC、ACEPC AK1の実機レビュー
先日の記事「Apollo Lake、メモリ4GBで2万円未満のミニPCを海外通販からピックアップ」にも記載していますが、所有するStick PCが非力に感じてきたのに伴い、気になっていたミニPC。そのミニPCのうち、Celeron ...

 

▼Gearbest、Geekbuyingより、VOYO VMacを抽出
VOYO VMac (Gearbest)
VOYO VMac (Geekbuying)
icon

▼私が購入した、Jumper EZBook 3 Pro

https://www.sumahoinfo.net/entry/post-3281/
Jumper EZBOOK 3 PRO Notebook – DUAL BAND WIFI VERSION (Gearbest)

ミニPC
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
おすすめのWindows 10 ミニPC
Beelink Gemini X45 Premium

・Gemini Lake J4105を搭載。N4100より僅かながらも優位
・メモリ 6GB、ストレージはSSD 128GB
・11cm角の小さなボディに2.5インチHDDも増設可能
・ファンを搭載しながらもファンレスなみに静か
・このスペックで3万円未満

Alfawise T1

・Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、ストレージ 64GB
・SSDを増設、起動ドライブとして使用可。HDDの増設も可能
・ファンレス機のため静かで作業に集中できます
・2万円ちょいの価格でコスパ高い

VORKE V2 Pro
iconicon

・500ドル台半ばの価格となるハイエンド機
・第8世代のCore i7-8550U、メモリ8GB
・256GB NVME SSDの速さは圧巻、SATA接続とは別次元
・プレインストールのOSはUbuntu16.04

Win And I net

コメント