VOYO i8 Pro、なんと11.6型のAndroid タブレットが100ドル台半ばでリリースに。デカコア Helio X27搭載で専用キーボードもあり

VOYOから、なんと 11.6インチのAndroid タブレット「VOYO i8 Pro」がリリースです。解像度はFHDどまりとなり、CPUは10コアのHelio X27、メモリ 4GB、LTE対応とスペック的にはよくあるパターンですが、11.6インチで100ドル台半ばの価格とは驚きです。さらには、別売りの専用キーボードも用意されており、本体と合わせてヒットの予感。

スポンサーリンク

VOYO i8 Proのスペックと特徴

10.1インチ、Android 7.0のi8 Proは以前からリリースされていまいたが、今回のi8 Proはそれとは別物。11.6インチとワンサイズ大きくなったのみならず、ボディもより洗練されています。「より洗練」と言うのも、個人的な好みとなりますが、10.1インチ版のホワイトベゼルに対して、11.6インチ版はブラックベゼル。この点のみでもよりシャープに見えます。

さて、11.6インチ版のVOYO i8 Proのスペックは以下となります。

  • CPU : MT6797X Helio X27 デカコア
  • GPU : ARM Malit-T800 MP4
  • OS : Android 8.0
  • メモリ : 4GB
  • ストレージ : 64GB
  • ディスプレイ : 11.6インチ、10ポイント マルチタッチ、解像度 1920 x 1200
  • フロント : フロント 3百万画素、リア 8百万画素
  • WiFi : 11b/g/n
  • Bluetooth : 4.0
  • GPS Support、G-sensor Support
  • LTE : FDD LTE B1 B2 B3 B5 B7 B8 B20(1/3/4/5/7/8/17 28A)、TDD LTE B38 B39 B40 B41
  • バッテリー : 7000mAh、USB Type-C
  • サイズ : 280 x 176 x 8.5mm、681g

 

11.6インチ、専用キーボードのみでも魅力十分なVOYO i8 Pro。惜しいのは解像度がFHDであることに、WiFiが11a/acに対応していないこと。解像度については、Helio X27のSoCでは一般的には2.5Kとなることが多いのですが、価格を考慮してのことならばそれも納得。

サイズ感としては、一般的な10インチタブレットの横幅は約24㎝ですが、それよりも約4cm幅広となります。681gの重量は、10インチタブレットよりも約130gほど重たくなりますが、許容範囲でしょう。

なお、他の記事で何度も記載していますが、10コアのHelio X27は、デカコアの響きほどのレスポンスではなく、AnTuTuベンチマーク v7のスコアは11万前後。私はHelio X27のタブレットを2機種持っているのですが、そのチューニングによっても体感レスポンスは異なります。以下のALLDOCUBE M5Xがサクサクである一方、Teclast T20は、Webサイト閲覧でも引っ掛かりを感じます。

Alldocube M5X 実機レビュー、MT6797X搭載の他社製タブより扱いやすい端末に。私が10インチのメイン端末に決めた理由など
デカコア MT6797X (Helio X27)を搭載する、Android 8.0の10.1インチタブレット「Alldocube M5X」。外観レビューに続き、ベンチマークと実際の使用感のレビューです。 MT6797Xを搭載す...
Teclast T20 実機レビュー、高い質感にして体感レスポンス・ディスプレイなどの使用感はいかに
デカコア MT6797 (X27)、メモリ 4GB、ストレージ 64GBにLTE対応、前面・背面ともに1300万画素のカメラを搭載するTeclast T20。前回の外観レビューに続き、実際の使用感などをお伝えします。Teclastの...

VOYO i8 Proの外観と機能

ブラックベゼルにアルミ製のシルバーの背面は、Teclast M20をそのまま大きくしたようなデザインです。

MT6797(X23) 10コア搭載で2万円未満のタブレット「Teclast M20」のスペックと特徴
MT6797 ( X23 ) 10コアを搭載する10.1インチのAndroidタブレット「Teclast M20」。所有するTeclast M89 / P80 Proともに1万円台とは思えないスペック・質感のタブレットですので、この...

 

▲▼ブラックベゼルにシルバーの背面の組み合わせが好きな私としては、VOYO i8 Proのデザインにも好感。背面のトップの色が異なる部分は、他のタブレットと同様にプラスチック製だと思われます(他の部分はアルミ製)。

▲ベゼル幅は太くも狭くもなく、並みのサイズです。もちろん、視野角も十分です。

 

▼下の側面にキーボード接続用の端子と窪みがあります。キーボード接続に際してはBluetoothではないため、バッテリーのセーブと安定性が期待できます。

 

▼8月早々に出荷予定となる専用キーボード。ぱっと見では変則的なキーはなく、キーサイズ・キーピッチは広めに見えます。

まとめ

個人的にはかなりお気に入りのVOYO i8 Pro。パソコン・タブレットともに、他メーカーと異なる仕様の製品をリリースすることの多いVOYOですが、当製品についても、11.6インチのAndroidタブレットをリリースすること自体が評価でき、私としては、同様に専用キーボードが用意された Chuwi HiPad / Hi9 Plus以上に欲しくなりました。

 

▼2019年7月6日時点のBanggoodのセール価格は、送料無料の159.99ドル。7/9までのセール価格のため、7/10以降は値上がりする可能性もあります。

VOYO i8 Pro

 

▼8/2の出荷開始となるようですが、タッチパッド付の専用キーボード。送料との合計では約40ドル。本体と合わせても約200ドルであり、11.6インチとしては格安でPCライクに使えます。

専用キーボード

 

▼VOYO i8シリーズの関連記事。記載の価格は投稿当時のものです。

デカコア、キックスタンド付の10型タブ VOYO i8 Maxが199.99ドルで販売中
「デカコア搭載タブレット、Chuwi Hi9 Air,Cube X1のスペック比較」にて、デカコア・メモリ4GB・ストレージ64GB搭載のAndroid タブレットであるChuwi Hi9 Air / Cube X1のスペックを比較...
デカコア搭載のiPadクローン、VOYO i8が今さらながらに気になってきた
2018年11月あたりに発売されたタブレットですが、今さらながらにVOYO i8に注目しています。以前、同種の型番を持つ VOYO i8 Maxはキックスタンド付きが特徴でしたが、このi8はそのサイズ感がiPad クローンであること...

 

コメント