VASTKING KingPad K10、UNISOC T610搭載の10.1型タブレット。AnTuTu 17万越、専用キーボードも用意され、Amazonでの人気も納得

Amazonにて「VASTKING KingPad K10」なる Androidタブレットが、2021年5月9日時点にて人気となっています。CPUにコスパに優れた「T610」を搭載し、メモリ 3GB / ストレージ 32GBは控えめであるものの、ディスプレイはもちろん FHD。約5,000円で別売りのキーボードケースが用意されていることも、大きなポイント。

「VASTKING」は初めて紹介するブランドとなりますが、「VASTKING KingPad K10」の概要を確認してみました。

紹介する製品はこちら

VASTKING KingPad K10(Amazon)

スポンサーリンク

VASTKING社の概要

VASTKING社の製品を紹介するのは初めてであり、公式サイトにて概要を確認しました。そこで、複数ラインナップするAndroidタブレット以上に惹かれたのが、上の画像のPC「Kingbook K100 Laptop」です(4月にリリース)。CPUはGemini Lake N4020と非力ですが、14インチにメモリ 8GB・256GB SSD、タッチパッドにテンキーも備えて 429.99ドル。セール価格でないためか、やや割高感もありますが、質感高そうなPCです。

VASTKING 公式サイト 会社情報

公式サイト「Kingbook K100 Laptop」

 

上記リンク先の公式サイト・製品情報ともに立派なものですが、会社情報として読み取れる事項はごく僅か。「過去10年間、Microsoft、 Lenovo、AcerとPCやタブレットを共同製作(co-manufacturer)した経験あり」との記載があります。LenovoやAcerはさておき、MicrosoftのSurfaceやXboxのパーツの製造に関与(想像で記載しています)したことがあるとすれば、かなりの信頼感があります。

後からの気づきですが、公式サイトを確認せずとも、Amazonの製品紹介にて以下の記載がありました。

Vastking はノートパソコン及びタブレットの牽引的メーカーであり、過去10年間成功を収めてきました。同時にVastking は継続的に技術革新スキルを向上させ、品費と生産性のコントロールに取り組んでいます。過去10年間に渡って、Vastking はMicrosoft, Lenovo やAcerなどよく知られたブランドの共同製造メーカーです

 

▼Amazonで販売されていました。やはり気になるのはCPU。もうワンランク上だとよかったのですが。

VASTKING KingPad K10のスペック

VASTKING KingPad K10のスペックは以下となりますが、AnTuTu ベンチマーク v8のスコアは上画像の左下に「173194」と明記があります。このスコアとなると、普段使いでは遅さを感じることなく動作します。

CPUUNISOC T610、8コア
メモリ3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ10.1インチ、IPSパネル、解像度 1920 x 1200
WiFi、Bluetooth2.4GHz/5GHz Dual Channel WiFi、Bluetooth 5.0
LTE未対応
カメラフロント 5百万画素、リア 13百万画素
バッテリー容量6000mAh、USB Type-C
サイズ(本体)250 x 150 x 8mm、550g
OSAndroid 10
その他別売りのキーボードケースあり、顔認証、GPS内蔵

 

CPUには、コスパに優れた「UNISOC T610」を搭載しています。上述のとおり、AnTuTu ベンチマーク v8のスコアは「173194」であり、ゲームなどの負荷を要することを目的としない限りは、遅さを感じることはないでしょう。

 

Teclast M40SE、UNISOC T610を搭載し AnTuTuベンチ 約18万の10型タブレット。キーボード接続端子も装備し 約145ドルで販売中
Teclastより、人気の10インチタブレットの「Teclast M40」の姉妹機として「Teclast M40SE」がリリースされています。M40のCPUがUNISOC T618であるのに対して、M40SEはUNISOC T610...
BMAX I10、UNISOC T610を搭載の10型タブレット。コスパ度はTeclast M40と同水準
コスパに優れたミニPCやノートPCを展開するBMAXから、10.1インチのAndroid タブレット「MaxPad I10」がリリースされています。CPUに8コアのUNISOC T610、メモリ 4GBを搭載し、AliExpress...

同じく「UNISOC T610」を搭載する10インチタブレットとしては、上のリンク先記事で照会の「Teclast M40SE」と「BMAX I10」があります。これらの製品とも比較したコメントは以下です。

  • 低価格帯のタブレットでも、メモリ 4GB搭載の製品が多いなか、メモリ 3GB、ストレージ 32GBと控えめ。
  • ただし、メモリ 4GB、ストレージ 64GBのPro版(在庫切れですが、Amazonはこちら)も用意されていたようで、メモリ 3GBは価格を考慮してのことでしょう。
  • 一方、Lenovoなどの一部のハイエンド機を除き、Androidタブレットのカメラは低画素のおまけ程度のものが多いのですが、本製品のリアカメラは13百万画素と優位です。
  • また、Amazonで販売のこの価格帯の製品で、顔認証を搭載していることも珍しい。

 

▼大きな特徴の一つが、こちらの専用キーボードケースが用意されていること。ただし、650gと重く、本体との合計では1.2kgと 10.1インチのWindows ノートと比較しても重たくなってしまいます。

▲英語キーボードですが、10.1インチともなるとタイピングは良好かと思います。

VASTKING KingPad K10の外観と機能

Amazonで販売の製品は背面がグレーですが、公式サイトではブルーも販売されており、明るいブルーも好感が持てます。

 

▼もちろん、IPSパネルために視野角は広く、画面占有率は77%。横幅は250mmと一般的なことから、ベゼル幅も通常のサイズと思われます。

 

▼5百万画素のフロントカメラによる顔認証も備えています。Amazonで販売の1万円台半ばのタブレットで、顔認証を備えていることは珍しい。

▲通常の仕様ですが、エッジのラウンドも滑らかです。

 

▼電源、音量調整ボタンは横持ちでの左サイドにありますが、「リセットホール」があることも珍しい。

まとめ

Amazonでの取扱は2021年2月ですが、すっかり見落としていた(紹介が漏れていた)「VASTKING KingPad K10」。5月9日時点のAmazonでの評価数は470件ですが、サクラチェッカーの評価も5点満点中 4.5と良好です。

一時期、Android タブレットのカテゴリーにてベストセラー1位となったこともあるようですが、メモリ 3GBにストレージ 32GBは控えめなものの、CPUにはコスパに優れた「UNISOC T610」を搭載し、顔認証にも対応、別売りで専用キーボードケースも用意となれば、評価の高さも納得です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました