UMIDIGI X、AMOLEDパネル,インスクリーン指紋認証搭載で新登場。セール価格は179.99ドル

新たにリリースされた「UMIDIGI X」。CPUはUMIDIGI F1 Playと同じ Helio P60ながらも、6.35インチのAMOLED パネルとなり、インスクリーンの指紋センサーであることが大きな特徴。2019年8月26日開始のAliExpressのセールでは 179.99ドルとなっています。

スポンサーリンク

UMIDIGI Xのスペック

イメージ画像では背景が紅に近い配色が多くなっていますが、UMIDIGI Xのカラーは英語表記では「Flame Black」と「Breathing Crystal」。そのスペックは以下となっています。

 

  • CPU : Helio P60
  • GPU : ARM Mali G72 MP3
  • メモリ : 4GB
  • ストレージ : 128GB
  • ディスプレイ : 6.35インチ、AMOLED、解像度 1548 x 720、アスペクト比 19.35 : 9、画面占有率 92.70%
  • リアカメラ :  48百万画素(Samsung GM1, F/1.8)+ 8百万画素 120° ワイドアングル + 5百万画素
  • フロントカメラ : 16百万画素
  • WiFi : 11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth : 4.2
  • LTE 対応バンド : TDD-LTE 38 /40 /41、FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /6 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /26 /28A /28B/66
  • バッテリー : 4150mAh、USB Type-C
  • OS : Android 9.0
  • インスクリーン指紋センサー

 

基本スペックはUMIDIGI F1 Play (UMIDIGI F1 Play、カメラが48百万画素になり新登場。F1から進化のポイントとスペック比較)と共通する部分が多いのですが、特徴となる箇所に黄色網掛け、気がかりな部分に赤の網掛けをしています。

CPUのHelio P60はSnapdragon 660相当となり、AnTuTu ベンチマーク v7のスコアは14万弱。Snapdragon 660は人気のXiaomi Redmi Note 7にも搭載されており、UMIDIGI F1 Playでも搭載されるHelio P60はRedmi Note 7を意識したもの。

さて、やはりUMIDIGI Xの大きな特徴は、セール価格 179.99ドルの価格にして、AMOLED パネルを搭載し、さらにはインスクリーンの指紋センサーとしていること。一方で、コストカットのためか、ディスプレイの解像度はやや低めの1548 x 720。このクラスでは一般的な 2340 x 1080と比較して、一見して違いがはっきりとわかるものではないのですが、この解像度が惜しい仕様です。

イメージ画像でみる特徴

▼プレセール期間中のため、約250ドルの価格は参考程度ですが、この価格にしてAMOLEDパネルを搭載していることは立派。ただし、解像度が1548 x 720であることが惜しい。

▲「UMIDIGI Xのためにデザインされた、フルスクリーンのAMOLED パネル」というのは言い過ぎですね。

 

▼下のイメージ画像では何と比較して高速なのかの明記がないのですが、ハイエンドの300ドル以上のスマホに搭載されることが多い インスクリーンの指紋センサーを搭載することは、大いに評価できます。

 

▼リアカメラは48百万画素をメインとするトリプルカメラ。センサーはSONYではなくSamsung製。Xiaomi Redmi Note 7やUMIDIGI F1 Playと同じセンサーだろうと思われます。

▲▼Xiaomi Redmi Note 7 Proが200ドル台前半から半ばの価格にして、SONY IMX 586の48百万画素 リアカメラを搭載することを考慮すると、UMIDIGI XはやはりAMOLED パネルであることに重きを置き、カメラと解像度でコストカットしているように感じます。

Xiaomi Redmi Note 7 Pro、SONY IMX586 48MPカメラ/スナドラ 675搭載で新登場
Sony IMX586のイメージセンサーによる48百万画素のリアカメラを搭載する「Xiaomi Redmi Note 7 Pro」がリリースされています。Note 7からの主なアップデートは、Sony IMX586の搭載と、CPUは...

 

▼サイズは、158.6 x 75.6 x 8.1mm。背面はカメラの出っ張りがやや気になります。

 

▼やはり気になるカメラの出っ張り、そしてスピーカーはステレオではなくモノラルのようです。充電はMicro USBではなく、USB Type-C。

まとめ

8月26日開始のAliExpressのセール価格 179.99ドルにして、AMOLED パネルにインスクリーンの指紋センサーを搭載したことは、さすがにUMIDIGI。ハイエンド機に搭載されるスペック・機能を安価で提供するUMIDIGIらしさを感じます。ただし、やはり惜しいのはその解像度(注)

(注)当初価格 249.99ドルでは「惜しい」と感じたのですが、セール価格 179.99ドルとあっては、解像度云々よりも、魅力度が際立ちます。

 

▼AliExpressでの当初価格 249.99ドルに対して、セール価格は179.99ドル。凄まじい割引額です。

AliExpress

 

コメント