MINISFORUM UM350x、 Manjaro Linux搭載、CrossOver Linux OneによりWindowsアプリを利用可能なミニPCが販売に

MINISFORUMより、4コア8スレッドのAMD Ryzen 5 3550H / Windowsを搭載するミニPC「UM350」の派生版として、Manjaro Linuxがプレインストールされ、同OS上で Windows アプリを使用可能な「CrossOver Linux One」のライセンスが付属する「UM350x Manjaro Linux」が販売されています。

2022年5月21日時点の公式ストアでのメモリ 8GB / SSD 256GB版の価格は 42,980円、Windows版の価格は 39,590円。私としては Manjaro Linux / CrossOver Linux Oneの利便性は未知数ですが、Windows版よりも割高となっています。

スポンサーリンク

UM350x Manjaro Linuxのスペック

上の画像では 2280サイズのSSDはSATAとなっていますが、製品紹介の他の箇所はPCIe SSDとなっているため、画像は誤植だろうと思われます

。2.5インチのSSDを増設可能、メモリは2スロットなど、このクラスのミニPCとしては一般的な構成ですが、詳細スペックは以下です。

CPUAMD Ryzen 5 3550H、4コア8スレッド、最大 3.7GHz
GPURadeon Vega 8
メモリなし or 8GB or 16GB DDR4
ストレージM.2 2280サイズ 256GB / 512GB NVMe SSD、2.5インチ SSDを増設可能
WiFiDual Band
Bluetooth対応
ポート類USB 3.1 x 3、USB 3.0、USB Type-C(映像出力対応)、HDMI、DP、有線LAN
サイズ127 x 127.5 x 51.3mm
OS Manjaro Linux、 CrossOver Linux One ライセンス付属
Ryzen 5 3550H搭載のMINISFORUM UM350 ミニPC、公式ストアでの出荷開始。Amazonよりも安価で販売中
Amazonでは既に販売されているミニPC「MINISFORUM UM350」ですが、同社の公式ストアでは 2月20日に出荷開始となりました。CPUに4コア8スレッドのRyzen 5 3550Hを搭載し、PCIe SSDにも対応、同...

 

上表はWindows版のUM350をベースにしていますが、OS以外に変更はありません。CPUの AMD Ryzen 5 3550HのCPUベンチマークスコアは以下となり、体感レスポンスに直結するシングルコアは インテル 第8世代のモバイル向け Core i5 / i7 相当となり、在宅勤務などでは機敏に動作します。

 

▼私としては  Manjaro Linux、 CrossOver Linux Oneについては勉強不足であり、特に後者については公式サイトに委ねますが、需要や利便性がどれほどのものかがポイント。

 

▼公式サイト情報はこちら

UM350 Windows版

UM350x Manjaro Linux

 

ミニPC
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント

タイトルとURLをコピーしました