3,000円のTV Box、ベンチマークは7インチタブをやや上回る結果に

TV Box 「MECOOL M8S+」とFire TV Stik、Stick PC

海外通販サイトより、約3,000円で購入したAndroid端末としてのTV Box。先ほどの記事「3,000円でも豊富な機能/拡張性のAdnroid,TV Boxの外観レビュー」に続き、今回はベンチマーク、ソフト的な面でのレビューです。

結果から記載すると、私が購入前に海外レビュー動画で確認したとおりの、約3,000円の機種としては十分なものに仕上がっています。

スポンサーリンク

TV Box 「MECOOL M8S+」のベンチマーク

ベンチマークの結果に入る前に、MECOOL M8S+のスペック概要です。

  • SoC : S905X
  • CPU : 4コア、2.0GHz
  • GPU : Mali-450
  • RAM : 2GB
  • ROM : 16GB
  • Android 7.1
  • サイズは、10.2×10.2×2.1(cm)

 

私はベンチマークにはこだわりがないのですが、参考までに測定しました。

予想はしていたのですが、私が半年前に18,000円ほどで購入した7インチタブレット「NEC TE507 / FAW」よりもベンチマークは良い結果に。

 

▼先日、7インチタブレット「NEC TE507 / FAW」を「価格の割には、ほどよいレスポンス」と評価したばかりなのですが、3,000円弱のTV Boxに負けてしまうとは。

NEC TE507 半年使用後の再レビュー、コンパクトさと程よいレスポンスは今も格別
2017年3月に、7インチのAndroidタブレット 「NEC TE507 / FAW」を購入して約半年。つい最近になって、このTE507の使い勝手のよさを再認識し、購入直後よりも利用頻度が多くなっています。今回は、TEE507を使...

Antutu ベンチマーク

TV Box M8S Pro+と7インチタブレット TE507のAntutu ベンチマーク v6.2.7を、並べて表示しています。

TV Box 「MECOOL M8S+」 Antutu Benchmark

▲大きな差ではないものの、全項目においてM8S Pro+が勝っています。

私のメインスマホのgoo g07、あるいは、その前のメインスマホ Huawei honor6 Plusのベンチマーク測定・比較は止めておきます。私がいくら「ベンチマークは参考程度。気にしない」と言っても、さすがにM8S Pro+より低いと悲しく(むしろ、スマホへの物欲が増す)なります。

体感的なレビューは、2週間程度使い込んでからにしますが、タッチパネル・小さな画面で操作するスマホ・タブレットと、私の場合は40インチの液晶画面で操作しているTV Boxを単純比較できないものの、M8S Pro+のレスポンスは決してわるくはない印象です。

ネットワーク、回線速度

以下はSpeed testにて、Wifi接続(前半の3つ)、有線LAN(後半の3つ)を測定したものです。なお、自宅のネットワーク環境はNuro 光です。

自宅にあるStick PC / Fire TV Stickの傾向から、TV Boxも同様に、小さなボディサイズ・安価な端末では、Wifiでのスピードはかなりの低速との予想でした。

しかしながら、ダウンロード 2.51Mbpsは何かの環境によるものとして、Wifi 40Mbps台とは立派なもの。有線LANの90Mbps台は、自宅のPCと同じレベルであり十分です。

 

ソフトウェア

Android 7.1の端末であるため、ソフト・機能的にはスマホ・タブレットと同様です。スマホ・タブレットと異なり、メーカー・キャリアの余分なプレインストールアプリがないに等しいため、アンインストールなどの設定作業を必要としません。

ただし、Media Playerとしての使用が大前提のため、ホーム画面の一部がMedia Player向けに特化したもの・変更できないなど、特殊な設定もあります。

 

▼こちらがトップ画面。中央の小さなアイコンのアプリはユーザーが任意で表示できます。

使い勝手・デザインがわるいものではないのですが、他のホームアプリをインストールしても、このトップ画面のみは固定です。

TV Box 「MECOOL M8S+」home screen

▲最下段のショートカットが豊富なのはありがたい。私が多用するスクショのショートカットもあります。

 

▼アプリ一覧

 

▼設定画面は、まず独自の設定画面から入っていくものの、進んでいくと見慣れた設定画面となります。

 

▼約3時間利用の平均メモリ使用は2GB中 0.98GBと良好。3時間のうち 2.5時間は動画視聴です。

 

▼既にアプリを複数 インストールしていますが、内部ストレージは16GB中 5GB利用と私にとっては十分な残量。

 

▼Android 7.1のため、アプリをマルチウィンドウ表示できます。

 

▼ダウンロード時に、「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」となった「Amazonプライム・ビデオ」アプリも、以下リンク先(私の別ブログ)の方法で難なくインストール・動画視聴できます。

▲私の目的の一つは「hulu」の視聴。購入前にわかっていたことですが、当TV Boxはルート取得しているため、huluアプリの制限によりルート化端末では使用できず。これが大きな課題になります。

 

▽参考記事

Prime Video、お使いの端末はこのバージョンに対応していません、への対応方法
海外通販サイトであるGearBestから、動画視聴端末としてTV Boxを購入。詳細なレビューは後日掲載します…

 

まとめ

約3.000円で購入したTV Boxですが、そのベンチマーク・回線速度とも3,000円の端末らしからぬもの。購入直後であり、実際の使用感・レスポンスはじっくり確認する必要がありますが、GearBestでのレビューも概ね評価が高いように、また、私が数時間 使用した範囲では、動画視聴に全く問題はないようです。

ちなみに、私は動画視聴端末としての用途以外に、純粋なAndroid端末としての利用価値を検証中。少なくと、テレビのリモコンも使用できるため(HDMIのCEC機能に対応しているテレビリモコンの場合)寝ころびながらの利用も可能です。

 

▼GearBestでは頻繁にセールを行っており、価格は流動的ですが、私はUSD29.99にて購入(ポイントを数ドル利用+送料で約3,000円)


MECOOL M8S Pro+ TV Box Amlogic S905X Android 7.1 – 2GB RAM + 16GB ROM US PLUG
TV Boxのカテゴリーより(GearBest)

 

▲▼私としては、Amazon Fire TV並みに使用できることを目論んでいます。TV BoxはAndroid端末としても機能するため、その点では優位なのですが。

端末レビュー(Android)TV Box
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
おすすめの8インチタブレット
Teclast M89

・7.9インチ、MTK8176 6コア、メモリ 3GB、ROM 32GB
・iPad miniと同じ解像度、サイズはiPad mini 2,3とほぼ同じ
・iPad miniのケース等が活かせるかも
・OSはAndroid 7.0
・価格は150ドル前後

Alldocube X1

・Alldocubeのハイエンド機
・8.4インチ、Helio X20 10コア、メモリ 4GB、ROM 64GB、LTE対応
・解像度 2560 x 1600、Eye comfortモードを備え視認性よし
・OSはAndroid 7.1
・価格は240ドル前後だが、価格以上の価値あり

Teclast P80 Pro

・Amazon Fire HD 8対抗(?)の8インチタブレット
・CPUはFire HD 8と同じMTK8163 4コア
・メモリ 2GB、OGSスクリーン、1920×1200の解像度、アルミ製ボディはHD 8より優位
・OSはAndroid 7.0
・価格は100ドル前後

Win And I net

コメント