ThinkPadがバッテリー稼働、ACアダプター接続ともに電源がオンにならない状況から復旧した基本的な対応

本日、Lenovo ThinkPad L560にて、上の写真のとおり バッテリー状況インジケーターでは残量ありとなっており、ACアダプターにも問題はないものの、バッテリー稼働・ACアダプター接続時の装法ともに、電源がオンとならない(液晶も点灯しない、本体の反応もなし)状況になりました。

Lenovo 公式サイトのサポート情報を参照し、同サイトに記載のある最初のステップで復旧したのですが、エラーの状況と復旧した手段について記載します。

スポンサーリンク

ThinkPadが電源オンとならないエラーの状況

今回エラーが生じたThinkPadは、上の写真・下の記事でレビューのL560です。家族が「在宅勤務用として DVDドライブ付きのPCが欲しい」とのことで購入したもの。

Core i3-6100U、メモリ 8GB、HDDからSSDに換装し、ライトユースでは遅さを感じずに動作するのですが、TNパネルであることがマイナスポイント。

ThikPad L560、中古で購入のマルチドライブ付き15.6型ノートの実機レビュー
先日、メルカリにて購入した2016年製のLenovo ThinkPad L560。家族が利用の2012年製 Lenovo IdeaPadが電源不通となり、家族の要望によりマルチドライブ付のPCを候補として検討、購入したものです。15...

 

今回、ThinkPad L560にて生じたエラーの概要は以下です。

  • 直前までは普通に使用でき、購入後に起動などで何の問題も生じず。
  • 突然、電源ボタンを押下するも液晶・本体ともに全く反応なし、起動しない状況に。
  • バッテリー稼働、ACアダプター接続時も同じ状況です。
  • トップ下の写真のように、バッテリー状況インジケーターは緑色で20%以上のバッテリー残量ありの状況(オレンジで バッテリー残量は5%から20%、オレンジ色に速く点滅で 5%未満です)。
  • 電源自体に問題なし(もう1本ある電源アダプターで試しても同じ状況)。

復旧した手段

LenovoのPCの電源が入らない場合の対応は、以下のLenovo 公式・サポートに記載されています。

本体の電源を入れても画面に何も表示されない・電源が入らない場合の対処方法

 

今回、私が対応し復旧した手段は、上の記事の「ThinkPad (ノートパソコン)の場合」に記載の、最初の数ステップです。これはThinkPadに限らず、他のノートPCにも共通する事項ですが、概要は以下です。

  1. ThinkPadのバッテリーを外す。L560では底面から簡単に外れるのですが、手元にあるThinkPadでは、X1 Carbon / X280などでは底板を外す必要があり、やや面倒です。
  2. バッテリーを外したまま 電源アダプターを繋ぎ電源オン。この時点でWindowsは無事起動。
  3. 電源オフにし、バッテリーを装着し電源オン。Windowsは何の問題もなく起動。
  4. 念のため、バッテリーを装着し再起動。ここでも普通に起動し、エラー解消。

 

電源が入らない状況を見て やや焦りましたが、また、原因は不明なままですが、あっけなく復旧となりました。

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました