広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4、Coire i5-13420H搭載、最小構成でもメモリ 16GB、58,850円と高コスパ

今回紹介する製品は、CPUにインテル 第13世代 モバイル向けハイエンドの「Core i5-13420H」を搭載する「ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4」。最小構成においてもメモリ 16GBを搭載し、2023年8月11日のLenovo 公式ストアの販売価格 58,850円とコスパに優れていることが大きなポイント。

販売元・引用元

ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4、Lenovo 公式ストア

 

スポンサーリンク

スペック

サイズは36.5 x 182.9 x 179mmとなり、一般的なミニPCと比較すると 縦横ともに 40〜50mmほど大きいですが、縦置きとすることで省スペース化を図ることができます。

映像出力可能な USB Type-Cは未搭載ですが、HDMIとDisplayPortを備えています。

CPUCore i5-13420H、8コア 12スレッド
GPUIntel UHD Graphics
メモリDDR4(PC4-256000) 最大 32GB、メモリスロット 2
ストレージM.2 PCIe SSD、SATA HDDを増設可能
WiFiWiFi 6対応
Bluetooth5.1
ポート類USB-A 3.2 Gen2 x 3、USB Type-C 3.2 Gen 2(データ転送、外部への給電機能)、USB 2.0 x 2、DisplayPort、HDMI、有線LAN
サイズ36.5 x 182.9 x 179mm、約1.11kg
OSWindows 11 Home or Pro
その他2.5インチ 拡張ベイあり、マウス・キーボード付属

 

▼36.5mmと高さは抑えられていますが、一般的なミニPCと同様に、2.5インチ HDD あるいはSSDを増設することができます。

 

▼こちらは 12コア 16スレッドと やや上位のCPUとなりますが、同世代で型番の近い Core i5-13500Hを搭載するミニPC「MINISFORUM NPB5」のレビュー記事はこちら。一般的には、Core i5-13420Hと体感できるほどのレスポンスの相違はなく、普段使いではキビキビと快適に動作します。

MINISFORUM NPB5 実機レビュー、Core i5-13500H / DDR5 メモリ搭載により快適動作。冷却対応にも優れた静音ミニPC
今回レビューの製品は、CPUにインテル 第13世代 Core i5-13500Hを搭載するミニPC「MINISFORUM NPB5」です。DDR5 メモリに PCIe 4.0のSSD、USB4ポートを2個装備と、基本スペックはハイエンド...

 

競合製品

インテル 第13世代 モバイル向けハイエンドの「H」のCPUを搭載し 競合する製品としては、上記の「MINISFORUM NPB5」のほか、以下・上の画像のCore i5-13500Hを搭載する「Lenovo IdeaCentre Mini Gen 8」があります。

デザイン的には Mac miniに似た雰囲気の「IdeaCentre Mini Gen 8」がより魅力的ですが、2.5インチ HDD / SSDの増設と、2.5インチ 拡張ベイによる拡張性、および最小構成 16GBのメモリ搭載量では「ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4」が優れています。

また、普段使いではほぼ同水準のレスポンスながらも、価格は「ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4」が約1万円安くなります。本体のコストを抑え、1TBクラスのSSDに換装もありです。

Lenovo IdeaCentre Mini Gen 8、Core i5-13500H搭載のMac miniライクなミニPC。最小構成 64,790円で販売中
CPUにインテル 第13世代 Core i5-13500H、あるいは Core i7-13700Hを搭載するPC「IdeaCentre Mini Gen 8」が販売されています。Thunderbolt 4を搭載し、サイズ、デザインともに...

販売元・引用元

最小構成においてもメモリ 16GBを搭載し、2023年8月11日のLenovo 公式ストアの販売価格 58,850円。

ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4、Lenovo 公式ストア