Teclast X4、11.6型 Gemini Lake Winタブのスペックと特徴。Teclastらしくデザインと機能は秀逸

2018年8月の記事「Gemini Lake 2 in 1、Teclast X6 ProとX4がリリース予定。12.6インチ、11.6インチがラインナップ」にてお知らせのTeclast X4が、さりげなくリリースされています。

Core m3-7Y30を搭載するX6 Proは2018年11月にリリースされているのですが、Gemini Lake N4100搭載のX4のリリースは私の見落とでしょうか。2019年3月10日時点ではAliExpressサイトに掲載されています。

全般的にはスペックとデザインはよいのですが、キーボード別売りで300ドル台半ばの価格となっており、やや割高感あり。今回はこのTeclast X4のスペックと外観の確認です。

2019年6月1日 追記

全般的に「割高感あり」との記載になっていますが、競合機種の価格が上昇していることに伴い、割安感がでてきました。また、M.2 SSDを背面のスロットから簡単に換装できることも大きな特徴。

11.6型 2in1のTeclast X4、Gemini Lake搭載、SSD換装可能で高まる魅力

スポンサーリンク

Teclast X4のスペック

Teclast X4のスペックは以下となりますが、基本的なところでは同じく11.6インチのTeclast F5(Teclast F5、Gemini Lake,メモリ8GB,SSD 128GBに11.6型タッチパネルと魅力満載の概要をあらためて確認してみた)と同様に、Gemini Lake N4100、メモリ 8GB、128GB SSDとなっています。

 

  • OS: Windows10 Home
  • CPU :Gemini Lake N4100
  • メモリ : 8GB
  • ストレージ : 128GB SSD
  • ディスプレイ : 11.6インチ、IPS、解像度 1920 x 1080
  • WiFi : 11 b/g/n/a/ac
  • Bluetooth :4.2
  • カメラ : フロント 500万画素、リア 200万画素
  • ポート類 : USB 3.0 x 2、USB Type-C、Micro HDMI
  • サイズ :  290 × 179 × 8.9mm

 

Gemini Lake N4100搭載機としてはスペック的には十分、デザイン・機能も後段のとおりよいのですが、課題となるのはその価格。キーボード別売りで300ドル台半ばとなり、正式リリース前ですが、Core m3-6Y30を搭載する以下のChuwi UBookとほぼ同価格帯です。半年前なら競合機が少ないためにX4の価格も納得なのですが、Chuwi UBook / PIPO W11の価格をみると割高感あり。

Chuwi UBook、25%オフのKickstarter価格は349ドルに(128GB版)
11.6インチの2 in 1となるUbook。Core m3-6Y30、メモリ 8GBの搭載とともに、U型キックスタンドが特徴の製品ですが、クラウドファンディングのKickstarter価格が明らかになりました。今回はこのKicks...
PIPO W11,Gemini Lake N4100搭載の11.6型 2 in 1がキーボード・ペン付きで200ドル台半ばで登場
PIPOよりGemini Lake N4100を搭載する11.6インチの2 in 1「PIPO W11」がリリースされています。ストレージは64GB eMMC固定となるものの、最大の魅力はその価格。上の画像のキーボードとスタイラスペ...

 

Teclast X4の外観と機能

価格はさておき、外観と機能においては昨今のTeclastの製品らしく申し分ありません。

 

▼キックスタンドは135度までの無段階調整式

 

▼Gemini Lake機のため、排熱にそれほど気を遣う必要もないのですが、Teclast X6 Proと同様に側面には排熱用の無数の穴があります。

▲▼キックスタンド付きのためやむを得ないのですが、ポート類は上半分に集中。ケーブルの取り回しに留意する必要があります。

ところで、ポート類の配置を見ていると、Teclast X4もまた、以下のPIPO W11 / Chuwi UBookと同様の配置です。同じプラットフォームを活かしているように見受けられます。

11.6型 Win 10 2 in 1、PIPO W11とChuwi UBookの製造元は同じと判断。ますます高まるW11の魅力
2019年2月にリリースされたPIPO W11。11.6インチにGemini Lake N4100を搭載する安価な2 in 1として注目しているのですが、私が気になっていたのは今後 正式リリースとなるChuwi UBookとの類似性...

 

▼キーボードは別売りとなるのですが、魅力の一つが傾斜のあるキーボードと統率されたデザイン。より安価な2 in 1では、キーボードの傾斜がないものも多いのですが、傾斜があると大量のタイピング時の疲労感がかなり軽減されます。

 

▼こちらはChuwi UBookのキーボードの傾斜。Surfaceも同じと言ってしまえばそれまでなのですが、ちょっとしたところで差がでます。

価格

2019年3月10日時点では GearBest / Geekbuyingでの販売はなく、AliExpressでの販売価格です。

文末の上の画像は本体のみ、下の画像はキーボードのセットとなりますが、2019年3月10時点の価格は、送料込みで本体のみは347.35ドル、キーボードセットで387.35ドル。メモリ 8GB / ストレージ 128GB SSD、デザインのよさと11.6インチのコンパクトさを考慮しても割高感があるように感じます。

ここは今後の価格動向の様子見、あるいは同価格帯で正式リリースとなる可能性が高く、Core m3-6Y30を搭載するChuwi UBook(Chuwi UBook、25%オフのKickstarter価格は349ドルに(128GB版))の正式リリース待ちが無難との認識です。

 

AliExpress 2019年3月10日時点の価格情報

 

▼こちらは兄弟機となるTeclast X6 Pro。人気機種になる予感があったのですが、こちらも割高なためか、今ひとつ盛り上がりに欠けています、

Teclast X6 Pro、Core M3搭載の12.6インチ Winタブが正式リリース。F5に続きヒットの予感
タブレットにPCと、特に2018年度から新製品ラッシュが続くTeclast。今度はCore M3-7Y30を搭載する、Surface風の12.6インチの2 in 1 「Teclast X6 Pro」をリリースです。製品紹介を見る限り...

 

コメント

日本HP タイムセール

iconicon