Teclast X4、11.6型 Win 10タブが久々のセール対象に。UBookよりやや割高だが、デザイン的にX4の選択もあり

中国ブランドのSurface風 2 in 1としては、CHUWI UBook / UBook Proが売れ筋となっていますが、その陰で11.6インチのTeclast X4が久々のセール価格で販売されています。2019年の発売当初のストレージは128GBでしたが、今では倍増の256GB。気になる価格は、タブレット単体で288.99ドルと、同じく11.6インチのCHUWI UBookとの価格差は約30ドル。Teclast X4もデザインに優れているため、UBookを検討中の方は、Teclast X4の選択肢もあります。

関連記事

11.6型 2in1のTeclast X4、Gemini Lake搭載、SSD換装可能で高まる魅力

Teclast X4のスペック

2019年初の発売とやや古くなった Teclast X4ですが、スペックとしては2020年に発売されたとしても全く違和感のないものです。

CPUGemini Lake N4100
GPUIntel UHD Graphics 600
メモリ8GB
ストレージ256GB M.2 SSD
ディスプレイ11.6インチ、IPS、タッチパネル、解像度 1920 x 1080
WiFi11b/g/n
Bluetooth4.2
ポート類USB Type-C、USB 3.0 x 2、Micro HDMI
バッテリー 26600mWh
サイズ(単体)290 x 179 x 8.9mm、840g
OSWindows 10 Home

 

CPU、メモリ、ストレージ、カメラ(フロント 2百万画素、リア 5百万画素)、ポート類の基本スペックは、CHUWI UBook Proと同じ。サイズもほぼ同じですが、キックスタンドがU型のUBook Proに対して、Teclast X4は通常のデザインであるために、重量は約50gの差があります。

 

▼135°可変可能なキックスタンド。上下左右のサイドに通風用の無数の穴が開いています。

▲▼デザイン・質感的には、Surface Goと遜色ありません。Teclastらしく、背面のロゴが控えめで私好み。

写真多数、Surface Go 実機の外観レビュー。キックスタンド・タイプカバーの造り・実用性も十分
外出時・通勤時の携帯用端末として購入したSurface Go。そのコンパクトさとタイプカバーの使い勝手のよさによるメリットが大きく、これまで外出先でのサイト記事編集で使用していたASUS T90Chi、iPadに替わる機種として購入...

 

▼USBポートは左右にあり使い勝手はよいのですが、最上段にある電源ポート。ケーブルの取り回しを考慮すると、もう少し下がよかったかも。

Teclast X4の価格情報

今回のセール対象はタブレット単体となり、キーボードは別売りとなることに留意する必要があります。BanggoodでのTeclast X4のタブレット単体価格は288.99ドル。同スペックのUBook 11.6インチとの価格差は約30ドル。大きな相違は、通常のキックスタンド vs U型キックスタンド。30ドルの差であれば、50g軽いUBookもよいですが、デザイン的にはX4がよいような感覚です。

 

▼BanggoodでのTeclast X4の単体価格は288.99ドル、4/20まで。専用キーボードは 63.99ドル

Teclast X4

 

▼一方の同スペックのCHUWI UBookは269.99ドル(スマホアプリ経由では 254.99ドル)

CHUWI UBook

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました