Teclast F6、意表を突いたApollo Lake 13.3インチノートが新登場

Teclastから意表を突いた13.3インチノート「Teclast F6」が新規リリースされました。今年の流れとしてはGemini Lakeノートなのですが、なんと昨年度主流であったApollo Lake N3450を搭載。スペックも昨年度販売のTeclast F7もしくは他社のApollo Lakeノートと同水準となりますが、その配色と全体のたたずまいに興味を惹くものがあります。

スポンサーリンク

Teclast PCの不思議なネーミング

冒頭から余談ですが、不思議に思うのがTeclastのPCのネーミング。昨年度からのリリース順では(2in1をのぞく)、Teclast F6 Pro、F7、F5、そして今回のF6。リリース時期とネーミングの規則性がなく、また、CPUあるいはディスプレイサイズによりシリーズ化されていることでもないようです。

例えば、今回のF6はApollo Lakeを搭載、そのProバージョンのF6 ProはCore M3 7Y30を搭載しています。また、F6はスペックとしてはF7が近いのですが、F7 SE(Special edition)でもないですし。

 

▼Teclast ノートPCの関連記事

Teclast F6 Pro、1週間使用後のまとめレビュー。全部入りで使い勝手も上々
13.3インチのタッチスクリーン・360度の回転機構、Kaby Lake Core m3、メモリ8GB、128GBのSSD、アルミ製ボディと、2018年2月25日時点では中国メーカーのPCとしてフル装備とも思えるTeclast F6...
Teclast F5、Gemini Lake,メモリ8GB,SSD 128GBに11.6型タッチパネルと魅力満載の概要をあらためて確認してみた
Gemini Lake N4100を搭載する出荷待ちのノートPCとして、先日 Teclast F5、Chuwi Lapbook SEを紹介しました。気が付いてみると、いつの間にかTeclast 公式サイトにてイメージ画像を多数そろえ...
EZbook 3 Proの対抗馬、アルミ製ボディの14インチ Teclast F7の概要(18年1月リリース)
中国製のPCやタブレットのレビューサイトであるTectabletsを参照していると、「Jumper EZBook 3 Pro対抗馬としてのTeclast F7が紹介されています。確認してみると、Teclast F7のディスプレイが14インチ...

Teclast F6のスペックと特徴

360度の回転機構付(製品情報からタッチパネル搭載とは読み取れず)のディスプレイ以外にスペックに目新しいものはないのですが、上の画像のとおり全体の醸し出す雰囲気がよい感じ。

 

  • CPU : Apollo Lake N3450
  • メモリ : 6GB、ストレージ : M.2 SSD 128GB (2242サイズ、換装可能)
  • GPU : Intel UHD Graphics 500
  • ディスプレイ : 13.3インチ IPS、解像度 1920 x 1080
  • Bluetooth : 4.0
  • Wi-Fi : デュアルバンド 11ac
  • バッテリー : 5000mAh
  • ポート類 : USB 3.0 × 2、micro HDMI
  • サイズ : 32.00 x 22.00 x 1.40 cm、重量 1.2kg
  • OSはWindows 10 Home

 

製品紹介にはボディはアルミ製とあるのですが、最近の傾向としては(特にGemini Lake機)アルミ製とあっても4面ともアルミ製ではなく、ディスプレイ背面と底面のみアルミ製の事例も多く、レビュー記事での確認、あるいはレビュー記事がアップされる前には、メーカーまたは海外通販サイトがリリースする実機動画などで見定める必要もあります。

また、Teclastに限らず、概ねどのメーカーでも(特にタブレットの場合は)イメージ画像のベゼル幅はより狭く見せる傾向があるため、こちらも留意する必要があります。

いずれにしても、このF6の場合には以下の画像を見る限りでは、そのボディ色など人気のF5との類似性もあり、また、Apollo LakeとGemini Lakeの体感レスポンスに大きな差はないことから、メモリ 6GBの13インチクラスのPCを探している方にとっては候補の一つとなるでしょう。

 

▼Teclast F5とボディ色が同じであり、ディスプレイの360度回転機構があることから、F5と同じOEM元とも思えます。

 

▼USB Type-Cはないのですが、USB 3.0 × 2、micro HDMIと不自由することはありません。

価格情報

現在はプレセール期間ですが、いきなりの289.99ドル。13.3インチのApollo Lake機としては、Jumper EZBook 3 Pro (Jumper EZBook 3 Proが再び底値水準(209.99ドル)で販売中。大学生の携帯用端末としてもおすすめ)と比較すると割高感があるのですが、同じくApollo Lake N3450を搭載し、TecTabletsなど海外ユーザーサイトでの評価が高いF7と同価格帯であることを考慮すると妥当なラインと思われます。

 

▼GearBestでの販売情報

Gearbest Teclast F6
Teclast F6

Gearbest Teclast F7
Teclast F7

 

Win 10 製品情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・Gemini Lake ノートの定番となりそうな予感

Win And I net

コメント