Teclast F15、15.6型のGemni Lake N4100/RAM 8GB搭載機がリリース

新年早々から元気なTeclast。Teclast F7 Plusに続き、今度はTeclast F15をリリース予定です。2019年1月6日時点では、TeclastのFacebookとTeclastのロシア版公式サイトの情報となりますが、情報が少ないため 現在判明している事項のみの紹介です。

なお、イメージ画像から想像すると、このTeclast F15もまた Teclast F7 Plus / Chuwi LapBook SEと同じ製造元である可能性が濃厚です。

 

2019年1月24日 追記。以下の記事のとおり販売開始となりました

15.6インチのGemini Lake、Teclast F15が429.99ドルで販売開始。メモリ 8GBにスタイリッシュな外観でヒットの予感

関連記事

Teclast F7 Plus、メモリ 8GBの14型 Gemini Lakeノートが新登場

Teclast F7 Plus vs Chuwi LapBook SE、同製造元であることを画像で比較・確認してみた

Teclast F15のスペック(速報)

情報元はTeclastのFacebookTeclastのロシア版公式サイト(画像引用元)ですが、2019年1月6日時点で判明しているスペックは以下となります。

 

  • CPU : Gemini Lake N4100
  • メモリ : 8GB
  • ストレージ : 256GB SSD
  • SSDのサイズは M.2 2280あるいは2260
  • ディスプレイ : 15.6インチ、グレアパネル(想像ですが、間違いなくIPSでしょう)
  • ディスプレイ左右のベゼル幅は7mmと細め
  • ポート類は、USB 3.0 × 2、USB Type-C、Mini HDMI(フルサイズかも)、Micro SDスロット

 

メモリ 8GBであること以外にスペックに特に目新しいところはないのですが、Gemini Lake機で15.6インチであることに優位性を感じます。

 

▼バックライト付のキーボード。このイメージ画像の見せ方が、Teclast F7 PlusとChuwi LapBook SEと同じであり、これら3機種の製造元が同じだろうと想像する根拠の一つ。

 

▼ 150mm × 80mmとあるのはタッチパッドのサイズかと思いますが、かなりの大きさです。

15.6インチの幅広サイズであるため、キーボードはテンキー付き。

 

▼電源とイヤフォンジャック以外は背面に集中するポート類。この配置は古いようで新しく感じます。

 

▼実機あるいはモックアップの画像。見ためとしてはTeclast F6をそのまま大きくしたようなイメージです。

Teclast F6 vs F7、Apollo Lakeノートの相違を確認してみた。F6 Proとのスペック比較も
TeclastのApollo Lakeノートとしては、2017年に発売のTeclast F7が海外での評価が高いのですが、2018年に発売となったApollo Lakeノート Teclast F6はF7と何が異なるのか、相違事項をあ...

 

まとめ

2018年度にTeclastが14インチ前後のGemini Lakeノートをリリースしなかったのが不思議だったのですが、2019年早々にTeclast F7 PlusとTeclast F15の2機種をリリースしたことに驚いています。

Teclast F15の価格は、Teclastの他製品・他メーカー製品との折り合いから、そのディスプレイサイズから450ドル前後から400ドル台後半になると予想します。下記のとおり、初値は429.99ドルとなっています。

▼GearBestの販売情報。1/27まで200個限定にて 429.99ドルに。

Gearbest Teclast F15
Teclast F15

 

▼関連記事

Teclast F7 Plus、メモリ 8GBの14型 Gemini Lakeノートが新登場。LapBook SEと同製造元で人気機種となる予感
Teclastより、Gemini Lake N4100、メモリ 8GB搭載の14インチ ファンレスノート「Teclast F7 Plus」が新規リリースです。 グレイの配色と光る背面のロゴ、横幅いっぱいに拡がるキーボードなど、...

 

コメント