Banggoodで Teclast 22周年セールを開催中、個数限定のタブレット・PCが99.99ドルの特別セールもあり

Banggoodにて、Teclast 22周年セールを開催しています。開始と同日に売り切れとなること必至ですが、5月20日 日本時間の夜 21時開始の「Teclast P20HDとTeclast F6 Laptopの99.99ドルセール」をはじめとして、Teclastの人気製品が安く販売されています。今回はそのセール対象製品のうち、一部をピックアップしました。

▼セール会場はこちら。

Banggood セール会場

99.99ドルセール

上の画像では円ベースで表示していますが、10.1インチ Android タブレットの「P20HD」と、13.3インチ Windows 10 ノートの「F6」が 99.99ドル(11,017円)でセールを行っています。

日本時間の5月20日 午後21時(中国時間 20時)の開始となり、P20HDは5個限定、F6は1個のみとなり、開始と同時に売り切れとなることは確実です。双方ともにスペックは高くありませんが、特にF6は CPUは Apollo Lake N3350とWordなどの軽作業向けながらも、メモリ 8GBにSSD 128GBを搭載しています。運試し程度の気持ちでチャレンジしてみてはどうでしょうか。Banggood セール会場からアクセスできます。

 

▼製品の詳細情報はこちら

Teclast P20HD、人気の10型タブ P10HDがデザイン変更、RAM/ROM増量で新登場
最近のTeclastは元気がないと感じていたところで、2020年初めの人気製品「P10HD」の後継機種「P20HD」がリリースです。P10HDのCPUであるSC9863Aは変更なしですが、背面のカラーがブラックからシルバーへと、より...
Teclast F6、ブラックボディが新鮮な、Celeron N3350搭載の13.3インチノートの特徴
TeclastよりApollo Lake N3350を搭載する 13.3インチのエントリーノート「Teclast F6」がリリースされています。過去記事を振り返ってみると、2018年9月に Apollo Lake N3450(N33...

Teclast M40SE

当サイトで紹介のTeclastのAndroid タブレットとしては、M40とともに注目度の高いM40SE。CPUに8コアのUNISOC T610を搭載し、100ドル台半ばの価格ながらも AnTuTu ベンチ v8のスコアは約18万。メモリは4GBとM40の6GBと比較すると少ないですが、ストレージは128GB。LTEにも対応しています。また、他のTeclastの製品と同様に、背面は金属製で質感の高いもの。

 

▼キーボードの接続端子を備えているのですが、Banggood では キーボードの販売情報が見つからず。AliExpressで販売のT30用がフィットするかもしれません。

 

▼Banggoodの販売価格は 139,99ドル。

Teclast M40SE

 

▼製品の詳細情報はこちら

Teclast M40SE、UNISOC T610を搭載し AnTuTuベンチ 約18万の10型タブレット。キーボード接続端子も装備し 約145ドルで販売中
Teclastより、人気の10インチタブレットの「Teclast M40」の姉妹機として「Teclast M40SE」がリリースされています。M40のCPUがUNISOC T618であるのに対して、M40SEはUNISOC T610...

Teclast M30 Pro

人気のM40の前バージョンとなる 10.1インチ Android タブレットの「M30 Pro」。CPUには 今となっては安価なスマホにも搭載されている Helio P60ですが、ライトユースなら普通に動作します。メモリ 4GB、ストレージ 128GB、FHDのディスプレイ、LTE対応と、Teclastの100ドル台半ばの製品としては通常の仕様ですが、ホワイトベゼルにシルバーの背面が好みの場合には、選択肢の一つとなります。

 

▼Teclastの他のAndroid タブレットと同様に、背面は金属製です。

 

▼145.99ドルで販売中

Teclast M30 Pro

 

▼製品の詳細情報はこちら

Teclast M30 Pro、Helio P60搭載の10.1型タブレットのスペックと特徴。Amazonで3,000円オフで販売中(12/8現在)
CHUWI HiPad XやAlldocube iPlay 30など、CPUにHelio P60を搭載する 10インチ タブレットが複数販売されていますが、「Teclast M30 Pro」もその一つ。メモリは4GBとなりますが、解...

Teclast F15S

CPUがWordの編集やWeb ブラウジングなどのライトユース向けの Apollo Lake N3350であるために、使用範囲が限定されますが、15.6インチのWindows 10 ノートをより安くとの場合、候補になるのが「F15S」。

ストレージはeMMC 128GBであるものの、2280サイズのM.2 SSDを増設可能、クーポン利用により 309.99ドルで、15.6インチのディスプレイはFHD、メモリは8GBと、CPU以外は概ね上位機と同じ構成です。

 

▼アルミ製のフレーム、金属製の天板(明記のないキーボード面と底板は樹脂製と思われます)も上位機譲りの構成。

 

▼通常のセール価格 329.99ドルのところ、クーポンの利用により 309.99ドル。クーポンはセール会場のF15Sの販売情報から獲得できます。

Teclast F15S

Teclast F7 Plus / F7 Plus 2

14.1インチのF7 Plus / F7 Plus 2ですが、前者がGemini Lake N4100、後者がN4120を搭載し、メモリ 8GB / SSD 256GBは共通です。F7 PlusとF7 Plus 2の価格差は40ドルですが、N4120とN4100に体感できるレスポンスの相違はなく、私としてはクーポン価格 319.99ドルのF7 Plusがおすすめ。

 

▼上はF7 Plus、下はPlus 2ですが、ディスプレイ面のベゼルの色が異なります。私の好みとしてはブラックのF7 Plus。

 

▼F7 Plusはセール会場にて獲得できるクーポンの利用により 319.99ドル。一方のF7 Plus 2は 359.99ドル

F7 Plus

 

▼こちらはAmazonの販売価格ですが、1万円以上の価格差があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました