Stick PCに買って後悔しない不可欠な周辺機器、あると便利な関連機器

コタツで暖まりながら、テレビの大画面でのブログ編集・Webサイトの巡回に大活躍しているStick PC (スティック型パソコン) DG-STK3ですが、入力機器等の付属品がないだけに、ある程度のアクセサリ-・グッズを買い揃えないと使いづらいものです。

そこで注意しないといけないのが、ある程度の物を買い揃えると、Core 2 DuoあるいはCore i3クラスの中古PCより高価になってしまうかもしれないという事実。

そこで今回は、Stick PCに不可欠な機器、あると便利な機器別に、安価ですが十分に機能するものを集めてみました。

 

Stick PCに不可欠な入力機器、他

まずは、キーボード・マウスが思いあたると思いますが、Stick PCは全般的に無線LANの電波の入りが弱い(ルーターから至近距離でも、スマホのWifi接続と比べると速度が出ない)ために、有線LANアダプターも必要となります。

 

キーボード・マウス

私はキーボードはBluetooth(ヤマダ電機店頭で特価販売していたため)、マウスはワイヤレスを使用しています。

 

▼現在、私が使用中のキーボード・マウスはこちら

Stick PCの快適操作に便利な格安で使えるケーブル・入力機器
先日の記事「DG-STK3、もっと早く購入すべきだったStick PC。Core 2 Duo機との体感比較レビュー 」にて、Winodows 10のStick PCであるDG-STK3を絶賛しましたが、手元にあったUSBのマ...

 

手元にあるBluetoothマウスも使用してみたのですが、他PCも含めた私の経験では、キーボードにせよマウスにせよ、そのBluetooth機器にもよりますが、長いスリープからの復帰時などに認識しないことが時々あります。このため、Bluetoothよりもワイヤレスがおすすめ。

 

▼ネットでも量販店でも安価で販売されている(ネットでは1,600円前後)、iBUFFALOのキーボード・マウスのセット。Amazonでは長期間 キーボード・マウスセットのベストセラー1位に君臨し、私の会社でも使用しています。

私の使用感では、キーがアイソレーションではなく、またキーストロークが浅いためか、最初は誤入力を頻発していましたが、慣れると普通。なお、マウスは何故か起動時のみ、異常に速い動きで(速すぎて狙ったところをクリックできない)、かつ1か月ももたずに電池切れとなるところがネック。

 

▼安価で快適な入力環境を求めるなら、こちらのLOGICOOLのK270。私が今使用のキーボードが壊れた場合には、こちらにします。

 

▼私が使用しているマウス。静音であること以外に大きな特徴はないのですが、妙な動きをすることもなく、異常なバッテリー消費もなく、安定しています。

 

▼つい最近、会社で使用するために購入した、USBキーボード・マウスの切替器。一組のキーボード・マウスを2台のPCで使用できます。自宅での使用なら、Stick PCとデスクトップPCが自分の部屋にある場合など、キーボード・マウスは一組で済ませることができます。

定価は立派な価格ですが、2009年発売の商品であるためか、量販店・Amazonでは実売2,000円前後と低価格なのもマル。ただし、通販では価格差が激しいために要値定めです。

 

▼無線マウス、Bluetoothキーボードもあっさりと認識しました。

USB切替器 ELECOM KM-A22BBKレビュー、無線、Bluetooth機器も即認識
この1ヵ月間、2台のパソコンで一組のキーボード・マウスを使用するためのUSB切替機を、どの機種にすべきか小さな悩みを抱えていました。USB切替機は職場でのニーズに応えるべく、また、使い勝手がよければ自宅のPC・Stick PC用にも...

 

USB 有線LANアダプター

(現時点での私のStick PC、DG-STK3)

 

Stick PCの無線アンテナは電波の入りが弱いため、このUSB 有線LANアダプターは必須との認識です。

私は安価な製品を使用しているためか、排熱の関係で不安定なのか、理由は不明なのですが、時々 USB 有線LANアダプターを使用してもなお、速度が極端に遅く(ネット閲覧にも支障がでるほど)なることもあります。このため、あまりにも安い商品は避けたほうが無難。

 

▼価格は2,000円台半ばとやや高価ですが、私が購入を検討しているアダプターがこちら。ハブと有線LANアダプターを兼ねており、Amazonでの評価は星5個中4.9と、この類の商品としては異例の高評価。ちなみに当ブログで同商品を紹介するのは初めてですが、当ブログ経由で購入の方が複数います。

 

▼こちらも2,000円程度と高価ですが、アルミボディに惹かれて購入したい商品。排熱に難があるStick PCのため、私が使用のLANアダプタはかなりの熱を帯びていますが、アルミボディのため。多少なりとも冷却効果があるだろうと推察。

 

▼高価なため私は購入する予定はないのですが、ハブと有線LANアダプターの機能を持つ、純正のドッキングステーションを追加するとの手段もあります。

ヒートシンク

必ずしも必要ではないものの、ファンを持たないStick PCでは排熱に弱いため、熱暴走により強制シャットダウンなどの懸念もあり、用意しておきたいヒートシンクです。

以下のものは、「まさにStick PCのために切り売りされたもの?」と思えるほど、私のDG-STK3にはピッタリなサイズです。もちろん冷却効果もバッチリ。詳しくは以下に掲載のリンク先を参照くださいませ。

 

▼上記を利用した冷却対応

Stick PC DG-STK3の冷却に銅板とアルミヒートシンクを利用してみた
安くて便利なStick PCですが、ファンレスであるがために、課題としてあげられているのが排熱・冷却対応。夏には熱暴走してしまうかもと不安がよぎります。今回、この冷却・熱対策のため、銅板とアルミヒートシンクを用いて改造してみました。

 

あると便利な周辺機器、グッズ

では次に、必要かどうかは個人の環境によりますが、私が購入した、あるいは購入したい周辺機器・グッズです。

 

▼HDMI延長ケーブル

多くの場合、液晶テレビでは背面・側面にHDMI端子がありますが、背面まで手が届きにくい、付属のケーブルは短い場合に必要となるのがHDMI延長ケーブル。

これは量販店ではかなり高価なため、私は以下の物を450円(税込・送料無料)で購入しました。あまりにも安かったために2本購入し、Stick PCとFire TV Stickで使用していますが、全く不都合なく稼働しています。

 

 

▼昇降テーブル

私はコタツをテーブル替わりにしてキーボード・マウスを操作している(キーボードは膝の上に置くことも多い)のですが、コタツと腕の高さが合わず、数分間の入力作業で腕が付かれてきます。

そこで、随分前から楽天市場のお気に入りに登録しているのが、以下の昇降テーブル。高さ・テーブルの角度を変更でき、また横幅(69センチ)・奥行(40センチ)を考慮すると、キーボード・マウスの双方を置いて作業できそうです。暖かくなりコタツが不要になったら購入を検討してみます。

 

まとめ

Stick PCに不可欠となる、あるいはあると便利な、定番の周辺機器・グッズを掲載しました。記事編集のために物色していると、現在使用中・まだ使えるにもかかわらず、より便利なものが欲しくなってきます。

安価な物でも買い揃えていくと、結局は2万前後で2in1 PC、あるいはCore i3クラスの中古PCを購入したほうがお得だったとなりそうな気配。

Stick PC
kenkenをフォローする
おすすめのWindows 10 ミニPC
Beelink Gemini X45 Premium

・Gemini Lake J4105を搭載。N4100より僅かながらも優位
・メモリ 6GB、ストレージはSSD 128GB
・11cm角の小さなボディに2.5インチHDDも増設可能
・ファンを搭載しながらもファンレスなみに静か
・このスペックで3万円未満

Alfawise T1

・Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、ストレージ 64GB
・SSDを増設、起動ドライブとして使用可。HDDの増設も可能
・ファンレス機のため静かで作業に集中できます
・2万円ちょいの価格でコスパ高い

VORKE V2 Pro
iconicon

・500ドル台半ばの価格となるハイエンド機
・第8世代のCore i7-8550U、メモリ8GB
・256GB NVME SSDの速さは圧巻、SATA接続とは別次元
・プレインストールのOSはUbuntu16.04

Win And I net

コメント