POCO M3 Pro 5G、Dimensity 700搭載の6.5インチスマホ、約19,000円のセール情報

CPUにDimensity 700を搭載し、AnTuTu ベンチマーク v8のスコアが約30万となる「POCO M3 Pro 5G」。このスコアのスマホは珍しくはないのですが、メモリ 4GB / ストレージ 64GBを搭載する最小構成は 169ドル(約19,000円)と安価なことが最大の特徴。

さらに、6.5インチのディスプレイのリフレッシュレートは 90Hz、リアカメラは48百万画素をメインとした 3カメラとなり、バランスのとれた製品です。POCOは、4月に「F3」と「X3 Pro」をリリースしたばかりであり、これらの人気度も高いのですが、169ドルの「M3 Pro 5G」も侮れない存在です。

スポンサーリンク

POCO M3 Pro 5Gのスペック

私としては、上の画像のカメラ周りのデザインにも惹かれる「POCO M3 Pro 5G」。そのスペックは以下となります。

CPUDimensity 700、8コア
メモリ4GB / 6GB
ストレージ64GB / 128GB
ディスプレイ6.5インチ、解像度 2400 x 1080、90Hz リフレッシュレート
リアカメラ48百万画素 + 2百万画素 + 2百万画素
フロントカメラ8百万画素
WiFi11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
SIMNano SIM x 2
バッテリー5000mAh、18W Fast Charge
サイズ製品情報に明記なし
OS製品情報に明記なし
その他サイドの指紋認証

 

POCO X3 Pro 実機レビュー、AnTuTu ベンチスコアは55万越え、ストレージもSSD並みの実力機
200ドル台前半の価格で、Snapdragon 860、ストレージにUFS 3.1、6.67インチのディスプレイは120Hzのリフレットレートに対応と、同価格帯としては高スペックの「Xiaomi POCO X3 Pro」。4月に発売...

 

▲私が気になるのは、上の記事で実機レビューの 上位機となる「POCO X3 Pro」との相違。X3 ProのCPU Snapdragon 860(AnTuTu ベンチ v9のスコアは約55万)に対して、M3 Pro 5Gは Dimensity 700、エントリー構成のメモリ・ストレージも異なりますが、その他の相違は以下などがあります。

  1. リアカメラは X3 Proの4カメラに対して、M3 Pro 5Gは3カメラ。メインの画素数 48百万画素(イメージセンサーは異なるはず。X3 ProはSONY IMX 582)は同じですが、X3 Proは8百万画素のワイドカメラを搭載しています。
  2. フロントカメラは X3 Proの20百万画素に対して、M3 Pro 5Gは8百万画素。
  3. X3 Proの6.67インチ リフレッシュレート 120Hz対応のディスプレイに対して、M3 Pro 5Gは 6.5インチの90Hz対応。
  4. X3 ProのUFS 3.1のストレージに対して、M3 Pro 5GはUFS 2.2。

 

私はM3 Pro 5Gに近いスペックのスマホとしては「realme 7 5G」を所有していますが、ブラウザや軽いアプリでの体感レスポンスは、上位機のPOCO X3 Proと大きく変わりません。一方、X3 Proと体感できる相違は、ストレージの読み書き速度。大容量アプリのインストールの速度が異なります。

realme 7 5G 実機レビュー、AnTuTu スコア 約33万でサクサク動作、画面も明るく高コスパ
CPUにDimensity 800Uを搭載し、AnTuTu ベンチ v8のスコアが実測 約33万となる「realme 7 5G」。使い始めて10日ほど経過しましたので、全般的なレビューを記載します。6.5インチのディスプレイは明るく...

 

▼6.5インチのディスプレイは、中央にパンチホールがあるタイプ。

 

▼リアのカメラは、メインの48百万画素、2百万画素のマクロ、2百万画素の深度計測のトリプルカメラ。8~12百万画素のワイドカメラを装備するスマホも多いなか、本製品は未装備です。

POCO M3 Proの価格

AliExpressでの169ドル(メモリ 4GB、ストレージ 64GB)のセールが終了し、今度はBanggoodにて 6月4日 午後2時まで 同価格の169ドルでセールを開催中。今後もセール時の価格は169ドルがベースとなりそうです。なお、メモリ 6GB、ストレージ 128GB版のBanggoodの価格は 189ドルです。

Banggood

コメント

タイトルとURLをコピーしました