海外通販で販売の、イメージ画像は iPad、実機は怪しげな Android タブレットに要注意

最近(2021年12月)、AliExpressでは iPhoneや iPadに似た製品が複数販売されていますが、今回 注意喚起の意味で記載するのは「製品のイメージ画像は iPadやTeclastの製品に似ているものの、実際には程度のよくないAndorid タブレット」の事例です。スペックも、メモリ 8GB、10コアなどと威勢のよい記載がありますが、こちらもフェイクでしょう。

関連記事

外観は iPhone 13 Pro Max、スペックは数年前のAndroidの怪しげなスマホが海外通販で販売

スポンサーリンク

怪しげな、製品のイメージ画像

上の画像は 怪しさ満載の「Pad Pro」。メモリ 8GB、ストレージ 256GBとあり、また、製品紹介のスペックでは 10コア、5Gとなっていますが、100ドルのタブレット(8インチと10インチが販売されていますが、10インチは 108ドル)ではありえません。

下の画像の左は iPad Air 2020 10.9インチ、右の画像は iPad Pro 2021 11インチですが、「Pad Pro」は 壁紙は iPad Air、背面のカメラは iPad Proのレンズの配置を逆にしたデザインです。

 

▼こちらでは 上の画像にないホームボタンのようなものも存在します。AliExpressに掲載のユーザーレビューで背面の写真がないのですが、ディスプレイ面を見ると ベゼル幅の太い 数年前のAndroid タブレットのスタイルです。

 

▼こちらの画像は、上がPad Pro、下がTeclast M40。タブレット以外は全く同じ背景ですが、Teclast M40の発売が先行しています。もしかすると、広告画像の制作会社が同じかもしれませんが、通常はこのように紛らわしいイメージ画像にすることはないでしょう。Teclastは海外で人気の中国新興ブランドですので、iPadとTeclastの製品イメージ画像を流用しているように思います。

AliExpressのユーザーレビューでは「(これらの」イメージ画像を即削除してほしい」との書き込みもあり、全く同感。さらには、スペックも虚構なく記載してほしいものです。

まとめ

数年前には、外観は iPhone ライクなAndroid スマホ、iPadライクなAndroid タブレット / WindowsとのデュアルOS タブレットが複数リリースされていましたが、当時は イメージ画像とスペックに極端な偽りはなかったとの記憶です。ところが、今回の事例のように、紛らわしい 外観のイメージ画像、スペックも掲載とは異なる安価な端末が増えてきました。このような端末に飛びつく方は多くないと思いますが、注意喚起の意味で参考までに記載しました。

 

▼要注意なタブレットの情報元はこちら

Pad Pro、AliExpress

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました