パンチホールスマホで最安、OUKITEL C17 Proが海外通販サイトで約1万円でセール中

Amazonでも販売の「OUKITEL C17 Pro」。UMIDIGI A5 ProやElephone PXと同じく、CPUにMT6763 (Helio P23)を搭載するエントリースマホですが、安価ながらも パンチホールを搭載することが特徴の一つとなっています。この「OUKITEL C17 Pro」が海外通販サイトのBanggoodとAliExpressにて、1万円ちょいで販売されていますので、概要と価格情報をお伝えします。

関連記事

普通に使える100ドルスマホ、UMIDIGI A5 Pro 1ヵ月の使用感。A3 Pro実機との比較も

ポップアップ式カメラ搭載スマホ最安 約15,000円のElephone PXのスペックと特徴

スポンサーリンク

OUKITEL C17 Proのスペック

上の画像では、OUKITEL C17 Proの特徴が8つ示されていますが、大きな特徴は海外通販サイトで1万円ちょいと安価ながらも、MT6763 (Helio P23)を搭載することにより、ライトユースでは普通に動作し、指紋認証に顔認証と一通りの機能を備えていること。

この意味では同CPUを搭載する UMIDIGI A5 ProやElephone PXと似た構成ですが、後発のOUKITEL C17 Proは パンチホール、Elephone PXはノッチレスのポップアップカメラと、しずく型ノッチのUMIDIGI A5 Proより優位です。

さて、OUKITEL C17 Proのスペックは以下となっています。

CPUMT6763 (Helio P23)、オクタコア、最大 2.0GHz
GPUMail G71 MP2 700MHz
メモリ4GB
ストレージ64GB
ディスプレイ6.35インチ、解像度 1560 x 720
リアカメラ13百万画素 + 5百万画素 + 2百万画素
フロントカメラ5百万画素
バッテリー3900mAh、USB Type-C
Wi-Fi11 a/b/g/n
Bluetooh4.2
LTE 対応バンド FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B19/B20/B25/B26/B28a
TDD-LTE B40
認証指紋認証、顔認証
SIMカードNano-SIM + Nano-SIM
サイズ158 x 75.3 x 8.8mm、202g
OSAndroid 9.0

この価格にして、充電はUSB Type-Cである一方、6.35インチのディスプレイの解像度は 1560 x 720と低くなっています。また、202gの重さも気になります。

CPUのMT6763 (Helio P23)のAnTuTu ベンチマーク v7のスコアは約8万。同CPUを搭載するUMIDIGI A5 Proの使用感では、さすがにSnapdragon 7番台の上位機と比較すると機敏性に欠けるものの、意外とサクサクと動作します。私が所有する、同CPUを搭載するUMIDIGI A5 Proの使用感では、普通に使えるスマホは、AnTuTu ベンチマーク v7のスコアが8万があたりからとの認識です。

普通に使える100ドルスマホ、UMIDIGI A5 Pro 1ヵ月の使用感。A3 Pro実機との比較も
UMIDIGIのエントリースマホであるA5 Proを使用し1ヶ月経過しましたので、あらためてその使用感を記載します。全般的には、もう一つのエントリー機であるA3 Proと比較すると、雲泥の差でサクサクと動作し、レスポンス、指紋認証ともに...

 

▲SONYの13百万画素をメインとしたトリプルカメラの構成は以下。他の新興中国ブランドのカメラも同様ですが、安価なエントリークラスのスマホの場合には特に、SONY製と言えども古いイメージセンサーを搭載していることが多く、また、チューニングなどがあまいこともあるため、過度の期待は禁物。

  • SONY 13百万画素、ƒ/2.0
  • 5百万画素 120° ワイド
  • 2百万画素 深度測定用

 

AliExpressでは、Xiaomi Redmi Note 7、Samsung Galaxy A40よりもコスパが高いことを強調しています。

OUKITEL C17 Proの外観と機能性

通販サイトによってカラーの記載が異なるのですが、グリーン、ブラック、ブルー、レッド(オレンジ)の展開。パンチホールによりベゼルレスと言えるディスプレイ面です。

 

AliExpressに掲載の実機写真。他にも複数の写真が掲載されています。やや太いようにも感じ、6.35インチにして 202gと重さもあります。バッテリーは3900mAhとそれほど大容量でもないのですが、この重さはどこからくるのか、やや不思議。

 

▼この価格帯では補助的な機能になるかと思いますが(設定中に「補助的」と明記している製品もあり)、顔認証と指紋認証の双方に対応しています。

価格

Amazonではクーポン適用後に約15,000円で販売されているのに対し、AliExpressとBanggoodの相場は99.99ドル。AliExpressでは、Xiaomi Redmi Note 7、Samsung Galaxy A40よりもコスパが高いとしていますが、同CPUを搭載し価格も同じ UMIDIGI A5 Pro(普通に使える100ドルスマホ、UMIDIGI A5 Pro 1ヵ月の使用感。A3 Pro実機との比較も)と競合。パンチホールの搭載で、OUKITEL C17 Proにも惹かれます。

 

▼こちらはBanggoodの事例ですが、99.99ドル(3/8時点では 10,813円)で販売中

Banggood

 

コメント

CHUWI HiPad X

Helio P60、eMMCより3倍高速なUFSを搭載の10型タブレット「CHUWI HiPad X」。Banggoodでは 179.99ドルで予約販売中(キーボードは別売り)

Banggood 販売ページ

▼詳細記事はこちら
CHUWI HiPad X、eMMCより3倍高速なUFS、Helio P60搭載の10型 Androidタブレットがリリース
タイトルとURLをコピーしました