One Mix 3S+、Core i3-10110Yを搭載し、RAM/SSD容量と価格を抑えたバージョンが新登場

One Netbookより、CPUにCore i3-10110Yを搭載するOne Mix 3S+がリリースされました。One Mix 3Sと同じボディでCPUを変更。3SのCPU アップグレード版であると同時に、Core i5-10210Yを搭載の3S Proのライト版の位置付けです。なお、CPUはアップグレードしたものの、メモリ 8GB、SSD 256GBと容量を少なくすることにより、One Mix 3Sよりも価格を抑えて販売(文末を参照)。スペックを追求し価格も高くなる傾向のあったOne Mixシリーズですが、今回のOne Mix 3S+は、より購入しやすくなりました。

関連記事

One Mix 3 Pro、第10世代 Core i5-10210を搭載し新登場。8.4インチのサイズとボディは3Sと変わらず

One Mix 3Sが販売開始に。Chuwi MiniBook,One Mix 3,3S Platinum Editionとのスペック比較

スポンサーリンク

One Mix 3S+のスペック

Geekbuyingの販売情報をみると、メモリ 8GB、SSD 256GBの組み合わせのみとなっています。メモリ 16GB、SSD 512GBの組み合わせはなく、メモリとストレージの容量を抑えて価格を下げ、販路を拡げる展開のように思います。

CPUCore i3-10110Y, 最大4.0GHz
メモリ8GB DDR3
ストレージ256GB PCIe SSD
ディスプレイ8.4インチ、IPS、タッチパネル、解像度 2560 x 1600、筆圧4096レベルのスタイラスペン対応
WiFi 11a/ac/b/g/n
Bluetooth4.0
ポート類USB Type-C(電源兼用)、USb 3.0、Micro HDMI
バッテリー8600mAh 3.7V
サイズ204 x 129 x 14.9mm、650g
OSWindows 10 Home
その他バックライト付きキーボード、指紋認証

 

CPUのCore i3-10110Yですが、以下は「Core i7-10510Y搭載のOne Mix 3 Pro 錦鯉限定版の概要。鮮烈な深紅のボディに強烈なスペックと価格で新登場」から抜粋の、One Mix 3 Proに搭載のCPU Core i5-10210YのGeekbench 5のスコア(上)と私が所有する Core m3-8100Y搭載のCHUWI MiniBookのスコア(下)。

Core i3-10110Yのスコアは検索できなかったものの、上の中間のスコアであることは間違いありません。とすると、普段使いの影響するSingle-CoreのスコアはCore m3-8100Yと大きな差ではないと言えそうです。

 One Mix 3S+の価格情報

期間は明記していないものの、2020年1月9日現在のGeekbuyingでは、クーポン「OneMix3SPlus」の利用により776.99ドルにて販売しています。一方のOne Mix 3S メモリ 16GB SSD 512GB版のGeekbuyingの価格は 899.99ドル(Geekbuying)。メモリ・SSDの容量は異なりますが、One Mix 3シリーズをより安く購入できることは大いに歓迎すべきことです。

さらに、CHUWI MiniBookと同様に、同じボディでCPUをGemini Lake N4100クラスに抑えた安価なバージョンがあると、より購入層の拡大に広がり面白い展開になるように思います。

One Mix 3S+

 

コメント