約3万円のWhiskey Lake Core i5-8265U搭載 ミニPC ベアボーン「NVISEN Y-MU01」、手元のパーツ活用でハイエンドなPCの出来上がり

今回 紹介のミニPCは、CPUにCore i5-8265Uを搭載するベアボーン「NVISEN Y-MU01」です。以前に、同社のほぼ同型のメモリ・SSD セットモデルを紹介時には(第8世代 Core i7-8565U搭載のミニPCが、クーポン価格 386.99ドルでリリースに)気が付かなかったのですが、PCIe接続のSSDにも対応しており、その魅力度は一段とアップ。ベアボーンのため、メモリ・SSD・OSは別途用意する必要がありますが、それでも価格は275.99ドル(約3万円)と格安です。

 

Core i7-8565U版の実機レビューはこちら

実機レビュー、Core i7-8565U搭載のミニPCベアボーン「NVISEN Y-MU01」。PCIe SSD取付によりさらに快速に

スポンサーリンク

NVISEN Y-MU01のスペックと特徴

販売元のBanggoodの製品情報には実機の写真が掲載されていますが、実機はより質感が高いように思います。以下は「第8世代 Core i7-8565U搭載のミニPCが、クーポン価格 386.99ドルでリリースに」から再掲の、おそらく同型と思われる写真です。こちらがより実機に近いでしょう。もしかすると、製品情報の写真は試作機の可能性もあるのでは、と思います。

 

 

さて、NVISEN Y-MU01のスペックは以下となります。

  • CPU : Intel Core i5-8265U、最大 3.9GHz
  • メモリ : なし、最大 32GB、DDR4 2133/2400 260pin
  • ストレージ : なし、M.2 2280サイズ、SATA 2.0 / PCIe x 4をサポート。2.5インチ SATA HDD / SSDを取付可能
  • WiFi : (別途モジュールとなることが濃厚)
  • Bluetooth : 4.0
  • ポート類 : 4 x USB 3.0、2 x USB 2.0、HDMI、Display ポート、有線LAN
  • サイズ : 12.8 x 12.8 x 3.8 cm、1kg
  • OS : なし

 

大きな特徴は、Whiskey LakeのCore i5-8265Uを搭載することに、PCIe x 4のSSDをサポートすること。 Banggoodサイトから読み取れる内容は以上なのですが、画像などに基づき補足します。

 

▼以下はGeekbench 4のSingle-Coreベンチの比較ですが、Whiskey LakeのCore i5-8265UはKaby LakeのCore i7-8650Uよりも高スコアになっています。Core i7-8650Uは、Xiaomi Notebook Proなどのハイエンドノートに搭載されることが多いCPUであり、これより僅かながらも高スコアとなれば、そのレスポンスに期待できます。

 

▲12.8cm角とかなり小さなボディとなり、サイズ感としては以下の記事でレビューのミニPCと同等クラス。一辺はiPhone 6よりも約1cm弱小さいと言えば、イメージしやすいかと思います。

実機レビュー、Apollo Lake J3455 RAM 6GBで約1.6万円のミニPC「AK3V」。SSD増設 合計2万円で立派なPCの出来上がり
ミニPCにもエントリークラスからハイエンドまで多数の製品がありますが、今回はApollo Lakeとしては最安の部類となる149.99ドル(約16,000円、Banggoodにて)の「AK3V」の実機レビューです。この価格にして、も...
Win 10 ミニPC Beelink Gemini X45の実機レビュー、Gemini Lake/RAM 6GB搭載でサクサク動き、静けさも特筆もの
多くのミニPCをリリースするBeelink。Gemini LakeのミニPCとしては、Beelink S2とGemini Xシリーズをリリースしていますが、うち Gemini X45 PremiumをGeekbuyingさんよりサン...

 

断定ではできないのですが、ボディの材質はアルミもしくはスチールであり、プラスチック製ではないように感じます。天板は異様に薄いため、こちらも金属でしょう。

一部はスチールかと思いますが、製造元の情報によりアルミ製であることを確認済。また、ヒートシンクの一部は銅製、サイレントファンを使用していることも確認しました。天板裏は金属で補強されており、2.5インチ HDD / SSDは天板裏に取り付けるしくみ。

 

▼Banggoodのアプリにて内部の様子が公開されていました。メモリは2スロット、M.2 SSDスロットには記載がありませんが、SATAとPCIeの両方に対応しています。

 

▼こちらも断定はできないのですが、TecTabletsの動画レビュー「NVISEN Y-M01-8」の上位版が、今回紹介の「NVISEN Y-MU01」と推定。この場合、以下のレビュー動画には「CPUファンは静か」とありますが、その静音性にも期待。

まとめ

2019年9月21日現在では情報に乏しい「NVISEN Y-MU01」ですが、大手サイトでの紹介やAmazonで販売されようものなら、一気に注目度が高まる可能性を秘めたミニPCです。Whiskey LakeのCore i5-8265Uを搭載し、PCIe 接続のSSDを搭載可能とあれば、また、手元にパーツがある場合にはコスパ抜群のベアボーンです。

 

Core i7-8565U版の実機レビューはこちら

実機レビュー、Core i7-8565U搭載のミニPCベアボーン「NVISEN (EGLOBAL) Y-MU01」。PCIe SSD取付によりさらに快速に
Whiskey Lake Core i7-8565Uを搭載するミニPC ベアボーン「NVISEN Y-MU01 (EGLOBAL MU01)」。第8世代の最新CPUを搭載し、PCIe / SATA 双方のSSDに対応する製品です。中...

 

▼2019年9月21日現在のBanggoodでの価格は275.99ドル / 30,286円。手元のパーツを活かし、さらにLinuxを導入した場合には、ハイエンドな格安PCの出来上がりです。

275.99ドルの価格表示でない場合には、クーポン「BGNVS01」の利用により 272.99ドル(9/26まで)。あるいは、「BGJPMK01」の利用により 259.99ドルとなります(10/31まで)。

NVISEN Y-MU01 (Core i5-8265U)

 

▼こちらは、Core i7-8565Uのベアボーン。画像の価格は329.99ドルですが、クーポン「BGJPMK02」の利用により 299.99ドル(10/31まで)。

NVISEN Y-MU01 (Core i7-8565U)

 

▼こちらは、Core i5-8265Uにメモリ 8GB、SSD 128GBのセット。他のミニPCも含め、Banggoodの場合、OSのプレインストール情報がないのですが、Windows 10がプレインストールのはず(要確認)。クーポンコード「BGYMU03」の利用により 343.99ドル(9/26まで)。

8GB RAM、128GB SSD セット

 

コメント