外付でOSクローンにも使える、999円のmSATA to SATA変換アダプターのレビュー

パソコンのSSDとしては M.2 SSDが主流ですが、私としては 中古で購入のThinkPadや一部のミニPCなど、mSATA SSDを使用する事例が多々あります。そこで、OSクローンのUSB接続を目的として、Amazonで999円で販売の「Sabrent」社のmSATA to SATA変換アダプターを購入しました。

私はSATA to USBアダプターを併用していますが、安価ながらもアルミ製のしっかりしたもので、もちろん、Windows / Macともに しっかりと認識します。

スポンサーリンク

購入した製品

2年半前の2018年9月に、下記で紹介のM.2 SSD・SATA変換アダプターを購入しましたが、今回はmSATA SSDの変換アダプター。PCIe SSD to USBの変換アダプターも欲しいのですが、こちらは(Amazonの事例)価格が跳ね上がるために見送りです。

M.2 SSDのクローンにも使える、安価なM.2 SSD・SATA変換アダプターのレビュー
先日、ノートPCに搭載のM.2 SSDを換装したのですが、換装する際に悩んだのが、既存のSSDから新しいSSDへクローン化する際に使用する接続ツール。SSDをUSB接続しクローン作成が手っ取り早いのですが、M.2 SSD・USBアダ...

 

▼購入した製品はこちら。

 

▼ほぼ同時に購入した 128GBのmSATA SSD。ThinkPadに Hackintoshによる macOS、あるいは Chrome OSの導入が目的です。

外観と使用感

続いて外観と使用感について記載します。使用感と言っても、接続して認識するか否かですが、もちろん しっかりと認識します。

 

▼同時購入のmSATA SSDの外箱と並べて撮影。

 

▼999円でも外箱はしっかりとしています。

 

▼ドライバーも付属していました。999円と安価な理由は、M.2 SSDが主流となっているために需要がないのも、要因の一つでしょうね。

 

▼サイドの撮影を忘れましたが、裏面・サイド・内側ともにネジ穴のズレなどもありません。

 

▼左は以前に購入のM.2 SSD to SATA アダプター。内部も含めて、今回購入の製品がよりしっかりしています。

 

▼左が今回購入の製品。右の製品は基盤が取り外せますが、今回購入の製品は固定されています。

 

▼内部の構成がわかるように拡大。シンプルな製品で、コストはかかっているように思えませんが、999円は格安です。

 

▼カバーのデザインも、前回購入のブラック一色よりはよいものです。

▲OSクローンのためにスタンバイ中。2.5インチ SSDへのOSクローンを目的として、かなり以前に購入の SATA to USB アダプターを取り付けています。

 

▼mSATA SSDの初期化を行う前ですが、Windows 10のデバイスマネージャーでは もちろん認識。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました