MINISFORUM 公式サイトで、6月30日まで2周年セールを開催中。UM560 ベアボーン他の価格情報

MINISFORUM 日本 公式サイトにて、6月24日から6月30日まで 最大20%オフとのなる「2周年記念キャンペーン」を開催しています。Celeron 搭載のエントリーPCから AMD Ryzen 搭載のハイエンドPCまで、多くの製品が割引対象となっていますが、特にコスパの高いのが メモリ・SSD・OSなしのベアボーン。そのなかでも、予約販売中のUM560(Ryzen 5 5625Uを搭載)のベアボーンは 45,590円とおすすめです。

MINISFORUM 日本 公式サイト

 

本記事は6月24日の朝 9時に投稿しましたが、19時30分現在では記載の価格よりも値下がりしています。また、為替レートにより多少変動するかと思いますので、価格はリンク先の公式サイトを参照ください。

JB95、Celeron N5095

MINISFORUMの最安価格帯・エントリー構成となる「JB95」。M.2 SSDは高速なPCIe接続ではなく SATAとなりますが、CPUのCeleron (Jasper Lake) N5095は、インテル 第5世代 モバイル向けのCore i5-5200U相当の実力となり、在宅勤務のExcelや、サブPCとしては(ライトユースではメインでも利用可能)十分にサクサクと動作します。

 

▼エントリー機ながらも、映像出力はHDMI / DisplayPort / USB Type-Cの3系統で いづれも 4K 出力可能。2.5インチ SSD / HDDも増設可能です。

 

▼製品の詳細記事はこちら。2つめの記事は同スペックのミニPC「Beelink Mini S」のレビュー記事です。

MINISFORUM JB95、Jasper Lake N5095搭載 ミニPCのスペックと特徴。3系統の映像出力に対応
MINISFORUMより、コスパに優れたCPU「Jasper Lake (Celeron) N5095」を搭載するミニPC「EliteMini JB95」が発売となりました。セットモデルは、メモリ 8GB(増設可能)、M.2 SAT...
Beelink Mini S ミニPC 実機レビュー、Jasper Lake N5095搭載でサクサク動作、コンパクトかつ静音仕様で在宅勤務にもおすすめ
CPUにJasper Lake (Celeron) N5095を搭載するミニPC「Beelink Mini S」の実機レビューです。同CPUを搭載する同社のミニPCとしては「U59」が先行販売されていますが、「Mini S」は「U5...

 

▼メモリ 8GB、SSD 128GB、Windows 11 Proのセット価格は 31,433円

JB95、Celeron N5095

UM350、Ryzen 3550H

ハイエンド寄りの製品の多い MINISFORUMのなかでは、スペック・価格ともにミドルレンジとなる「UM350」。4コア8スレッドのAMD Ryzen 3550Hを搭載し、インテルのCPUでは Core i5-8250Uと同水準。静音仕様であることも特徴の一つです。

ボディの形状は一般的なミニPCですが、メモリは2スロット、M.2 PCIe SSDのほか、2.5インチ SATA SSD / HDDも増設できます。

 

▼製品の詳細記事はこちら

Ryzen 5 3550H搭載のMINISFORUM UM350 ミニPC、公式ストアでの出荷開始。Amazonよりも安価で販売中
Amazonでは既に販売されているミニPC「MINISFORUM UM350」ですが、同社の公式ストアでは 2月20日に出荷開始となりました。CPUに4コア8スレッドのRyzen 5 3550Hを搭載し、PCIe SSDにも対応、同...

 

▼最安構成のベアボーン(メモリ、SSD、OSなし)は 33,952円

UM350、Ryzen 3550H

 

▼6月24日時点、Amazonでは メモリ 16GB / PCIe SSD 512GB版のタイムセールを行っており、メモリ / SSDのセットモデルは Amazonが安価です。

HX90、Ryzen 9 5900HX

MINISFORUMのハイエンド製品の一つとなる「HX90」。CPUに 8コア16スレッドのRyzen 9 5900HXを搭載し、ベンチマークスコアは インテルのモバイル向け・ゲーム向けの Core i7-10750Hを凌駕し、ベンチアプリによっては M1 Macをも上回ります。

また、上の画像のように縦置きに対応していること、ボディの素材に熱伝導性に優れた炭素繊維複合材料を採用していることも大きな特徴。

 

▼もちろん、M.2 SSDは高速なPCIe 接続、メモリは2スロット。2.5インチ SATA HDD / SSDを横に並列で増設することもできます。

 

▼詳細記事はこちら

Ryzen 9 5900HX搭載のハイスペック ミニPC「MINISFORUM HX90」、縦置き、ボディ素材は炭素繊維複合材料
多くのミニPCを展開する「MINISFORUM」より、8コア 16スレッドのAMD Ryzen 9 5900HXを搭載する「MINISFORUM HX90」が同社のオンラインストアで販売開始となりました。同社のミニPCとしては、これ...

 

▼最安構成のベアボーン(メモリ、SSD、OSなし)は 69,980円、メモリ 32GB版も販売されています。

HX90、Ryzen 9 5900HX

UM560、Ryzen 5 5625U

6月24日現在では予約販売中、7月末に出荷予定となる「UM560」。6コア12スレッドのRyzen 5 5625Uを搭載し、Geekbench 5のシングルコアのスコアは、以下のCore i5-9500FとGeForce GTX1050Tiを搭載する「H31G」よりも高いスコア(マルチコアは H31Gが優位)。また、HDMI x 2、USB Type-C x 2と映像出力は4ポートあり、いづれも4Kでの出力が可能です。

 

大きな特徴は、USB Type-Cは Alt モードに対応し、以下の40インチモニターのように モニターがUSB PD(USB 電力供給)に対応している場合、上の画像のように USB Type-Cケーブルの接続により、映像出力とミニPCへの電源供給に対応していること。机周りがスッキリとします。

私はM1 MacBookや他のノートPCでこの機能を利用していますが、便利な機能であり、ミニPCで使えるのは理想的。

innocn 40インチ ウルトラワイドモニター 実機レビュー。明るさ、Macの色合いとの相性も抜群、M1 MacBookに給電しつつのType-C出力も可能
今回レビューする製品は、Amazonで展開している「innocn」社の40インチモニター「WR40-PRO」。大型のワイドモニターでは、34インチの平面、あるいは曲面の製品が主流ですが、同社は44インチと40インチの製品を販売してい...

 

▼最安構成のベアボーン(メモリ、SSD、OSなし)は 45,590円。今回掲載の他製品以上にコスパは高いです。

UM560、Ryzen 5 5625U

 

H31G、Core i5-9500F

以下の記事で実機レビューの「H31G」。他のミニPCよりも大柄の製品ですが、CPUは デスクトップ向けのインテル 第9世代のCore i5-9500F、GPUにGeForce GTX1050Tiを搭載しています。

MINISFORUM H31G 実機レビュー、Core i5 9500F,Geforce GTX1050 Ti搭載の驚愕ミニPCは、ボディの造りと冷却も万全
デスクトップ向けのインテル 第9世代のCPU「Core i5 9400F / Core i5 9500F / Core i7 9700F」を搭載し、GPUに「NVIDIA Geforce GTX1050 Ti」を装備するハイエンドな...

 

外付けのGPUとデスクトップ向けのCPUとなると排熱が懸念されますが、大型のCPUファンとヒートシンクにより よく冷えており、ファン音もそれほど大きくありません。

 

▼こちらは実機で計測の Geekbench 5とドラクエベンチマークのベンチスコア

 

▼メモリ 16GB、PCIe SSD 512GBとのセット価格は 94,690円

H31G、Core i5-9500F

 

▼今回紹介したのはごく一部ですが、他の多くの製品が割引対象となっています。

MINISFORUM 日本 公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました