MINISFORUM S41、Gemini Lake N4120搭載 Stick PCの特徴とセール価格情報

ミニPCの人気におされ、人気に陰りが生じていると思われる Stick PCですが、そのなかで良さそうな製品が「MINISFORUM S41」。私はMINISFORUMのミニPCを3製品レビューしましたが、いづれの製品も造り込みがよく、Stick PCのS41も同様と想像します。

スペック的にも、Stick PCで多い Atom Z3775 / 8350ではなく、Gemini Lake N4120。N4100と大きな差はないものの、新しいN4120を採用していることもポイントの一つとなり、Stick PCとしては珍しく、外部出力はHDMIとMini Display Portの双方に対応しています。

関連記事

スポンサーリンク

MINISFORUM S41のスペック

Gemini Lake N4120を搭載すること以外に、外部出力はHDMIとMini Display Portの2つを装備しており、Stick PCとしては珍しい仕様です。私が会社で使用しているPCのミニターは、HDMIポートがなく、Display Portのみに対応しているのですが、このような古いモニターにも組み合わせることができます。

CPUGemini Lake N4120、4コア、最大 2.6GHz
GPUIntel HD Graphics 600
メモリ4GB
ストレージ64GB eMMC
WiFi5.8Ghz & 2.4Ghz
Bluetooth5.0
ポート類USB 3.0 x 2、HDMI、TF カードスロット、Mini Display Port
サイズ13.3 x 4.6 x 1.4cm
OSWindows 10 Pro

 

私は現在、Gemini Lake N4120と同水準のGemini Lake J4115を搭載するミニPCを利用し(テスト中のCHUWI LarkBox)、当記事を編集していますが使用感のポイントは以下です。

  • Webサイト閲覧やWordなどでストレスなく普通に動作するのは、Gemini Lake N4100 / N4120 / J4115クラスから。これより下位のN3350 / Z8350では、Webサイトでの画像表示などでもやや遅延を感じます。
  • ただし、Windows 10の更新前後のシステムプロセス処理が稼働している際には、CPU使用率が100%となることも多く、もっさりした動きとなります。
  • メモリ 4GBですが、Google Chromeを開けるとメモリ使用率が80%以上となるものの、ライトユースで使用する範囲では、メモリ不足により遅延することはありません。

 

▲▼Stick PCをサブ機として常用できるか否かのポイントとなるのが、冷却対応と静音性。3年半前のこととなりますが、Z3775の非力なStick PCではかなりの高熱となったため、以下の記事のように大きなヒートシンクを取り付けて利用していました。当製品の場合、上の画像のように小さなCPUファンを備えており、また、製品紹介に騒音レベルは30dBとあるため、冷却やCPUのファン音量は大きな課題とはならないと思います。

Stick PC DG-STK3の冷却に銅板とアルミヒートシンクを利用してみた
安くて便利なStick PCですが、ファンレスであるがために、課題としてあげられているのが排熱・冷却対応。夏には熱暴走してしまうかもと不安がよぎります。今回、この冷却・熱対策のため、銅板とアルミヒートシンクを用いて改造してみました。

MINISFORUM S41の外観と機能性

さりげないポイントですが、電源ボタンが上に位置していることもよいですね。サイドにはポート類があるため、電源ボタンがサイドにある場合には手探りにもなります。

 

▼電源はUSB Type-Cとなりますが、USB 3.0ポートを2つ備えていることも利便性のよさに貢献しています。USB マウス・キーボードの双方を利用することができます。


▲まさかのフリーズの場合のリセットホールも備えています。

 

▼USBポート一つで、マウス・キーボードを使用する場合には、以下のキーボード・マウスセットがおすすめ。タイピング感はかなり良好です。

iClever USB無線キーボードの実機レビュー、Apple純正似でMac / Win 10ともに良好なタイピング感
Macでの快適タイピングのために、中古のApple ワイヤレスキーボード「A1314」を購入したのですが、Bluetoothの接続の不安定さに悩まされている私。そこで、WindowsとMac双方で使用できるUSB無線のiClever...

 

▼133 x 46mmの小さなサイズで厚みがないため、ポケットにもすっぽりと収まります。右側にある128GBと記載のあるアダプターの存在が気になりますが、BanggoodやMINISFORUM 公式サイトにも情報がないため、サイズ比較用の画像だと思います。

競合製品と価格情報

小さなボディのPCとしては「CHUWI LarkBox(CHUWI LarkBox、スマホより軽い 61mm角の世界最小ミニPCがリリース。Celeron N4100・RAM 6GB 搭載で在宅勤務でも実用的)」もありますが、Stick PCとしての競合は以下で紹介の製品。

Gemini Lake J4105搭載のStick PCが販売に。アルミ製ボディで有線LANポートも搭載
携帯に便利なStick PCと言えば、CPUにAtom Z8350を搭載する製品が多いのですが、今回紹介の製品は、Gemini Lake J4105と上位のCPUを搭載するうえに、アルミ製ボディに有線LANポートを装備し、スペック的...

 

上記の製品は、Gemini Lake J4105、RAM 4GB / ROM 64GB、Windows 10 Proと、MINISFORUM S41とほぼ同スペックながらも、アルミ製でファンレスであることが最大の特徴。ブランドの信頼度としてはMINISFORUMですが、上記製品も侮りがたいものがあり、お好みでの選択となるでしょう。

MINISFORUM S41は、以下のAmazon / Banggoodのほか、MINISFORUM 公式サイトでも販売しています。価格的にはBanggoodが安く、納期を考慮するとAmazonの選択肢もあります(ただし、Amazonの価格では他のミニPCも候補となってきます)。

 

▼10/24時点のBanggoodのセール価格は149.99ドル。送料の4.05ドルを加算しても約16,000円。Amazonと比較すると約6,000円の価格差があります。

Banggood

関連記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました